GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊

GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊

作品情報

製作年 1995年
日本劇場公開日 1995年11月18日
製作国 日本
上映時間 80分

新着感想・ネタバレ

potunenの感想・評価
久しぶりに鑑賞。前回見たときより理解が進んだ。多少の用語的な予備知識と哲学的な素養はいるものの、そんなことよりかっこいい、が1番。
inoino_aaakaの感想・評価
攻殻機動隊のシリーズは全く見たことはなかったのですが、この作品は凄い!と聞いたので鑑賞。

20年前の作品とは思えないクオリティ!ストーリーも設定も良く出来てると思います!難しいですが!笑
主人公がネットの海と同化し最後に言う台詞、「さてどこへいこうかしら、ネットは広大だわ」に、なんとも言えない、ははあー!という気持ちになりました。
これが原作漫画だと1989年、ネットが普及したばかりの頃に描かれたそうですから、その背景を考えると本当に凄いですよね…いまでこそネットで情報が溢れて恐れられているけれども…

この順番見るといい!っていうのがあるみたいなので、それ通りに全作見たいなぁと思いました。何より、バトー(義眼をしている男性)の不器用さが個人的に好きなので見ます…笑


2015/10/24
southpumpkinの感想・評価
完全についていけませんでした…。1995年に作られたとは思えないビジュアルとあまり先を読んだ設定には無限の可能性を感じますが、何しろ話が難しくて…。何がどういうことになっているのかさっぱりわかりませんでした。偶然一緒に観ていた友人が攻殻機動隊のファンだったので随時解説などをしてもらいましたが、それで話の骨格が何となくつかめる程度。押井節とも言われる、滔々と複雑怪奇な言葉を掛けあう会話劇が始まるとどうにもフィルターがかかってしまいました。『ビューティフル・ドリーマー』はそれが心地よく感じたんですけどね…。
観る順番についてはこちらの記事(http://ciatr.jp/topics/40873)が参考になるかと思いますが、逆にこの順番で観なければダメだということです。
ciatrをフォロー: