告発 (1994)

告発 (1994)

作品情報

製作年 1994年
日本劇場公開日 1995年4月22日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

mayakiの感想・評価
アルカトラズに関する映画はほとんど観たと思っていたけどこんな凄い映画があったとは恥ずかしながら知らなかった。しかも実話をもとにした作品らしい。。なんと酷いことしてたんだ。
終盤のジェームスとヘンリーのやり取り、涙が止まらなかった。
HMworldtravellerの感想・評価
アルカトラズ刑務所での非人道的な虐待を暴き、刑務所を閉鎖に追い込むきっかけとなった実話を元にした映画。行政や司法、あるいは警察などの不正を取り上げた作品は珍しくないし、看守と囚人の癒着や施設内カーストを取り上げたものも観たことがある。が、この悲惨さは、過去に観た数々の作品の中でも抜きんでている。

5ドルだろうが生活に困窮した末のことだろうが罪には違いないけれど、5ドルを盗んだ罪の量刑が25年となれば、脱獄したくなるのも無理は無い。そして狭くて光のささない穴のような独房での3年。虐待が生む新たな悲劇。

法律とは何なのか、司法は?人権とは? そういうことを突きつけられる重い映画。実話ゆえの重みと衝撃はこれ以上無いほどに大きいけれど、やはり結末がどうしても咀嚼できず、心にいつまでも引っかかってしまう。

裁判に勝って人生に負けた、と言ったら言い過ぎだろうか? あまりにも救われないラスト。勝利がもたらした最終結果があれなのか。同刑務所の閉鎖のきっかけとなった事実は大きいけれど、ヘンリーという男の人生を考えた時、虚無感と怒りが混ざったような感情に襲われ、何か配慮や措置を講じることはできなかったのかという思いでいっぱいになる。
ciatrをフォロー: