ドラえもん のび太の創世日記

ドラえもん のび太の創世日記

作品情報

新着感想・ネタバレ

shortpeacehorseの感想・評価
今回は創世日記。

この作品は中々異彩を放っているように思える。まず他作品と比べて圧倒的にいつものメンバー達の活躍シーンが少ないのだ。それもそのはず、この作品の趣旨は"神"として見守ることだから。のび太の夏休みにおける自由研究課題としてドラえもんが出したひみつ道具はなんと「新しい地球を創造するスターターキット」。スケールがおかしい、言うなれば命が芽生えるシミュレーションゲームなのである。のび太とドラえもんが新たな地球を作り、生物の進化を促したり少々人間を手助けしたりの繰り返しで地球を発展させていく…そんな物語。

ここまで読んでいただければ分かる通り、恐ろしい限りだ。新たな宇宙を生み出して新たな地球を作成して。そんな事が出来る未来のテクノロジーがまず最恐であるうえに、進化の促進や退行を司ることが可能ということに対しても身震いが止まらない。

ある程度はフィクションの都合で笑って済ませることが出来るものの、今作に登場するひみつ道具は限りなくアウトに近い。藤子先生のブラックなSFワールド全開ともいえる一本なのではないだろうか。

ひみつ道具さえあれば本当に神様と同じように振る舞うことが出来る、何をすることだって可能。逆にこの地球は(まぁ当然といえば当然だが)早送り機能がついている。22世紀の地球で生まれたひみつ道具の中で作られた地球が22世紀のテクノロジー基準を超えた...
himitsudanの感想・評価
ドラえもんは絶対脚本藤子・F・不二雄でしょう。
創世キット楽しそう。
aia__Nの感想・評価
これも観たなぁ。。。
ciatrをフォロー: