マディソン郡の橋

マディソン郡の橋

作品情報

新着感想・ネタバレ

HMworldtravellerの感想・評価
誰にでも忘れられない時間や大切な記憶がきっとあるはず。それは家族、親友、愛する人との時間であったり、苦労の末に何かを成し遂げた時であったり、人によって様々だろう。その後の人生の糧になるほどのかけがえのない記憶 。記憶から取り出すたびにその時の感情が蘇り、支えられ、勇気づけられ、心の拠り所になる、宝物のようなもの。

2人にとって、あの4日間はそういう時間だったに違いない。2人はその後の人生で、この時のことを何度思い出したことだろう。いろんなことを語らい合った時間、一緒に出かけた郊外でのくつろぎのひととき、お互いの息遣いを真近に感じたダンスの夜。

2人の万感の想いが溢れた豪雨のシーン。セリフ無しにあれほど気持ちが伝わるシーンもめったに無い。すぐ前に停車したロバートの車。彼がフランチェスカへの一縷の希望を持って待っている。後ろの車中でドアノブを握りしめながらフランチェスカの手が震える。今、飛び出して彼の車に乗れば、、。揺れる想い、ためらい、これからの人生、家族の顔、2人の時間。彼女が思い巡らしているであろう情景が直接私の脳裏に飛び込んでくるようだった。堰を切ったように涙がこぼれた。

公開時、イーストウッド65歳、メリルストリープ46歳。大人の2人が演ずるラブストーリーに、こんなに心を揺さぶられるとは、、。不倫は許されないし、それを正当化するつもりは全くない。けれど、人の感情に施錠はできない。それもまた事実ではないだろうか。

ローズマン・ブリッジはきっと2人を優しく見ていることだろう。
hacciの感想・評価
不倫映画は基本的に好きじゃないんだけど、独白とラストは好きだった
chibinaochinの感想・評価
渋くてカッコいいです
ciatrをフォロー: