2017年7月6日更新

山本舞香、JRのCMの美少女が映画『桜ノ雨』主演でブレイクの予感!【画像】

aBUTTON VOL.5_自然 山本舞香 (PLUP SERIES)

人気ボーカロイド『初音ミク』が歌った卒業ソングを実写化!主演に三井のリハウスガールやJR SKISKIのCMでおなじみの山本舞香を起用!!ブレイク必至な彼女のプロフィールや出演ドラマをまとめてみました。

JR SKISKIの広告モデルに起用!ブレイク必至の山本舞香

デビューのきっかけは鳥取美少女図鑑

山本舞香は1997年10月13日生まれの女優・ファションモデルです。

鳥取県米子市出身で、モデルデビューのきっかけとなったのが『鳥取美少女図鑑vol2』。本誌に掲載され、今の事務所にスカウトされたことです。

初めてのオーディションで第14代目リハウスガールに!

山本舞香と聞いてピン!とこない人も2011年三井のリハウスのCMに出演していた、あのかわいい女の子といえばわかるのではないでしょうか。

初代リハウスガールは宮沢りえ。その後、蒼井優や夏帆、川口春奈も務め、ブレイクのきっかけのひとつとなりました。山本舞香もリハウスガールを務めたことで、これまで知名度がほとんどなかった状態から、世間にその存在を知ってもらうきっかけになったのではないでしょうか。

ローティン向けファッショ誌『二コラ』の専属モデルに

2011年夏より、ローティーン向けファッション誌『二コラ』の専属モデルとなりました。

二コラモデルといえば、過去に新垣結衣や能年玲奈、川口春奈、二階堂ふみなどが所属。彼女たちは現在、女優として活躍しています。山本舞香も二コラモデル出身の女優として、今後ブレイクしそうですね。

『二コラ』の専属モデルは2014年5月号まで務めていました。

JR SKISKIのゲレンデ美女に選ばれる!

毎年話題になる『JR SKISKI』のCMに2015年度版に山本舞香と平祐菜が選ばれました。女の子同士の友情をテーマに、ゲレンデを舞台にした冬の青春ストーリーを描いています。

JR SKISKIのCMでWヒロインとなったのは2016年の山本舞香と平祐奈が初めてとなります。過去には本田翼、川口春奈、広瀬すずなどが務めています。

また山本舞香とWヒロインを務めた平祐奈は、タレント・平愛梨の妹としても知られています。

山本舞香の主な出演ドラマ

『それでも、生きていく』

2011年7月からフジテレビ系で放送されたドラマ『それでも、生きていく』。さまざまな思いを背負った若者が、襲いかかった悲劇を乗り越え、明日への希望をみつけようと懸命に生きる姿を描いた作品です。

山本舞香はこのドラマの主人公(満島ひかり)の少女期役で、始めて女優として出演しました。

『夜の先生』

2014年1月からTBS系で放送されたドラマ『夜の先生』。主人公(観月ありさ)はスナックのママとして働いていましたが、ひょんなことから定時制高校の教員となります。それぞれの悩みを持つ定時制高校の生徒と先生との、心温かい学園ドラマです。

第7話は山本舞香演じる生徒・大神玲をメインに描いたエピソードになりました。

『南くんの恋人』

2015年11月からフジテレビ系で放送されたドラマ『南くんの恋人』。内田春菊の人気マンガをドラマ化したこの作品です。過去に3回テレビドラマ化されており、本作で4回目のドラマ化となります。

もしも好きな人が小さくなったら…という設定のラブ・ファンタジー。今までとは違ったキャラクターの南君役に選ばれたのが、中川大志です。そしてヒロイン・堀切ちよみ役に抜擢されたのが山本舞香。

”胸キュン!”となる、ふたりの初々しい演技が評判となりました。

ブレイク必至の山本舞香!今後の出演作をチェック

映画『桜ノ雨』で初・主演!

2016年3月5日に公開予定の映画『桜ノ雨』は人気ボーカロイド(音声合成ソフト)初音ミクが歌ったヒットソング『桜ノ雨』の小説を実写化したものです。

山本舞香はこの映画でヒロインの未来(ミク)に選ばれ、初めて主演をつとめました。

高校の合唱部が舞台で、”楽しい音楽”を演奏するために日々努力し、四季を通して繰り広がる学園生活を描いた青春ストーリー。

『桜の雨』は14代三井のリハウスガールでCM出演した当時を思い出すような、初々しいセーラー服姿と合唱部でソプラノを担当する澄み切った歌声がすでに高評価されています。

またピアノ演奏に関しても撮影前から猛特訓を受け、山本舞香自身の指先を映し出し、すべて山本舞香本人が演奏した、吹き替えを一切していない強い意気込みを感じさせられる作品となっています。

山本舞香はマネージャーに教えてもらい初音ミクの「桜ノ雨」初めて聴いたそう。そのときに中学の卒業式を思い出したと話していました。

また、未来という役を演じるにあたって次のように話しています。

台本を読んだ時、未来は自分には難しい役だなと思いました。私は人見知りだけど内気ではないので、こんなに内気で言葉をのみ込んでしまう女の子を演じることができるか少し怖かったです。でも、決まったからには全力でやろうと思いました。何度も読んで未来のキャラクターを自分なりに作っていきました。

初主演ということで、演技をする上で悩むことも多いのかもしれません。しかし山本舞香が、女優として飛躍する作品になることは間違いないでしょう。

ぜひ劇場でこの美しいハーモニーを聴いてください♪

映画『暗殺教室〜卒業編〜』で前作に引き続き茅野カエデを演じる

2015年に公開された映画『暗殺教室』の続編『暗殺教室~卒業編~』が2016年3月25日に公開されます。メインキャストは前作に引き続きHey! Say! JUMPの山田涼介が主演を務め、菅田将暉や山本舞香が出演しています。

また卒業編に登場する新たな主要キャストに成宮寛貴と桐谷美玲、二宮和也の名前も挙がっています。

山本舞香演じる茅野カエデは、3年E組にやってきた謎の超生物に「殺せんせー」と名付けた本人。茅野カエデという名前は偽名で、桐谷美玲演じる雪村あぐりの実の妹であるということから、本作でカギを握る人物かもしれません。

瑛太とラブラブな夫婦を演じる?!映画『殿、利息でござる!』

フィギアスケーターの羽生結弦がスクリーンデビューすることで話題になっている映画『殿、利息でござる!』。2016年5月14日公開予定の本作に、なつ役で山本舞香が出演します。

重い年貢の徴収で庶民は厳しい生活を強いられ、夜逃げする庶民も少なくない宿場町・吉岡宿。そこで瑛太演じる篤平治は、藩に大金を貸し付け、利息として年貢を取り戻そうとします。主演の阿部サダヲ演じる十三郎らとともに協力し、庶民vsお上のゼニバトルが始まります。

山本舞香演じるなつは、篤平治の14歳年下の妻。実際の人物を基にして作られた本作ですが、実際のなつと篤平治はとても仲が良かったのだとか。瑛太の妻役ということでプレッシャーもあったと思われますが、仲の良い夫婦を演じるよう心掛けたと話していました。

今後、山本舞香は、女優として演じる役の幅も増えてくるでしょう。そんな彼女の活躍に注目したいですね。