2017年7月6日更新

比留川游、センスのいいインスタが話題!女優としても活躍する美人モデルの魅力に迫る

比留川游

『お迎えデス。』、『最後の命』等、女優としても活躍する大人気ファッションモデル比留川游。彼女のトレードマーク、「ワンレイボブ」を真似をする女性も急増中。数多くの雑誌で表紙を飾り、女性から絶大な支持を受けている比留川游の魅力を紹介します。

目次

土屋アンナのスカウトでモデルデビューした比留川游

比留川游はスターダストプロモーション芸能1部所属のファッションモデル、女優です。

1986年2月6日生まれ、出身地は神奈川県。趣味は音楽鑑賞、映画鑑賞、ヨガ、ランニング、サーフィン、ボディボード等、インドアからアウトドアまで多くの趣味を持っています。苦手なものは幼虫で、特技は水泳とテニスなんだとか。外で身体を動かすことは好きでも、幼虫はどうしても許せないそうです。

また、比留川游は肌の評判が良く、同じ『mina』モデルの矢野未希子からは「お肌のコンディションの悪い日がないイメージ」と評価されています。

彼女のインスタグラムの投稿写真も話題です。仕事とプライベートで海外へ渡航する事が多いため、投稿写真がオシャレで可愛いと人気です。

インスタグラムではリッラクスしたプライベートや、仕事で真剣な姿、現地での風景写真、彼女のその時の心情を表わしたアーティスティックな画像等が垣間見れます。また、彼女が見つけた素敵な言葉や彼女自身の言葉に励まされる方も多いそうです。

渡航の多い彼女は24歳の時にハワイ・マウイ島で語学留学も経験しています。

そんな彼女の芸能界入りのキッカケはスカウトでした。同事務所の先輩にあたる土屋アンナは当時高校生だった比留川游を美容室にて偶然見かけます。

土屋アンナは「この子かわいい」と声をかけ、スカウト。そうして比留川は芸能界入りを果たし、ファションモデル業を始めます。

髪型がトレードマーク!ワンレンボブが可愛すぎる

比留川游は『mina』、『steady.』、『with』、『VoCE』、『BAILA』等、多くの女性誌で大活躍のファッションモデルとして多くの女性を魅了しています。もともと長かった髪をバッサリ切り、“ワンレイボブ”に。

そんな彼女の髪型に憧れ、彼女のトレードマークでもある「ワンレイボブ」を美容室で頼む女性も増えているそうです。最近では前髪を唇のあたりでそろえる“リップバング”も流行っています。比留川のトレードマーク・ワンレンボブとの相性抜群です!

気になる比留川游の彼氏は?

比留川游の気になるプライベートですが、過去に俳優の伊勢谷友介と噂になった事があります。しかし、伊勢谷友介とは2011年に破局しているようです。伊勢谷と比留川は10歳近く年齢差があり、これが破局の原因のひとつになってしまったのでしょうか。

2015年3月11日発売の『anan』では、モテコスメ特集第二弾で斎藤工とビジネスキスを披露しています。今を時めく俳優とのキス写真は巷で話題になりました。

映画『最後の命』で銀幕デビュー!

『最後の命』は2014年、松本准平監督、柳楽優弥主演で公開された日本映画です。中村文則作の同名タイトル小説が映画化され制作され、2014年アメリカのチェルシー映画祭で脚本賞に輝きます。

比留川游はヒロイン役として出演します。本作が映画デビュー作となりました。

幼い時に集団婦女暴行事件に遭遇してしまう幼馴染の明瀬桂人(柳楽優弥)と冴木裕一( 矢野聖人)はそれから運命が狂ってしまいます。高校を卒業して以来7年ぶりに再会する幼馴染ですが...。

ドラマ『お迎えデス。』では“あの世”のキャラを演じる!?

『お迎えデス。』は田中メカによるコミックスで福士蒼汰主演、土屋太鳳ヒロイン役で実写ドラマ化される作品です。比留川游は黒巫女の魔百合として出演します。

理系大学生の堤円は高校時代の友人の通夜の帰りにウサギの着ぐるみと初老の男の取っ組み合いの喧嘩を目撃します。無視してやりすごす円でしたが、ひょんなことから彼らの「この世にさまよう霊をあの世に送る」仕事を手伝う事となるのです。

比留川游演じる魔百合は、あの世の送迎一課から仕事の依頼を受けるという役柄です。

比留川が出演する『お迎えデス。』は2016年4月16日から日本テレビ「土曜ドラマ」枠にて毎週9時スタートで放送します。