2017年7月6日更新

アクションがかっこいい!戦う女子が活躍するおすすめ映画12選

アクションは男性だけのものではありません。「美しさ」や「セクシーさ」、「キュートさ」までも武器に戦う女性たち。そんな“戦闘女子”がクールに活躍するおすすめ映画を、SFやコメディなど様々なジャンルから集めてみました。

1:SFサスペンスの金字塔【1979】

to9jin TSUTAYAでレンタル やっぱ初代は怖い! 宇宙船という密室空間で繰り広げられるサバイバルに手に汗にぎりっぱなしだった
polo1026 初めて鑑賞しました。 1979年、CGとか、今とくらべて全然技術のなかった時代にどうやったらこんな映画ができるんだ! エイリアンが卵から孵るシーンは鳥肌がブワって立ちました。気持ち悪い!w

リドリー・スコット監督によるSFサスペンス作品。船長のダラスを含む7人が乗る宇宙船・ノストロモ号は、就業を終え地球に帰る途中でしたが、他の宇宙船からのSOSを受け救出に向かいます。そこで出会ったのは今までに見たこともない生命体で……。

SFホラー映画として高い評価を受けた本作は、世界中で大ヒット。おぞましいエイリアンと勇敢に戦う二等航海士エレン・リプリーを演じたシガニー・ウィーバーの出世作となりました。ノストロモ号船長にトム・スケリット、そのほか、ヴェロニカ・カートライト、ハリー・ディーン・スタントンらが共演しています。人気シリーズとして、第4作まで製作されています。

2:哀しく美しすぎる暗殺者【1990】

fmofmojimo これが私の愛し方だ。 殺人を犯し、無期懲役に処された少女が政府の工作員として育てられる。 ニキータを愛した二人の男たち。 二通りの愛し方。
cumulus0618 女性として綺麗になっていくのに、工作員の一面が邪魔になってきて、つらかったです。(´;ω;`)ベッソン!

リュック・ベッソン脚本・監督作品。麻薬中毒のニキータは殺人の罪で服役しますが、その能力を見出され工作員として教育されます。3年後、美しい女殺し屋が誕生し、着実に仕事をこなすニキータ。そんな殺伐とした日々を送る中、初めての恋が芽生え……。

主演は、アンヌ・パリロー。タイトスカートとハイヒール姿で大型拳銃を操るクールな暗殺者を務めました。アクションはもちろんのこと、恋に悩む女心も見所です。

ジャンヌ・モローやジャン・レノなどと共演しています。アンヌ・パリローは公開当時リュック・ベッソンと婚姻関係にありましたが、1991年に離婚しています。

3:製作費100億円の大掛かりなアクション作品【1996】

Yoshimi__Watanabe ジーナデイビスかっこいい。。本来の自分の姿を取り戻し可愛らしい女性からかっこいい女性に変わった姿がこういう女性いいなと思った。。
ayutaka みっちー!カッコ良い!!

ゲームでスナイパーを使う時によく『みっちー』って叫ばせてもらってる(笑)

『リーサル・ウェポン』を担当したシェーン・ブラックのオリジナル脚本を、レニー・ハーリン監督により映画化。

記憶を無くしたサマンサ・ケインは、夫や娘と幸せな日々を過ごしていましたが、ある事故をきっかけに記憶が断片的に蘇ります。実は彼女の仕事は……。

CIAの特殊工作員であったサマンサを務めたのは、ジーナ・デイビスです。もともと運動神経は良いそうですが、武器の扱いや格闘技などを撮影8ヶ月間前からみっちり訓練したのだとか。

相棒となる探偵のミッチ・ヘネシーにはサミュエル・L・ジャクソン。息の合ったコンビで、派手なアクションにも体当たりで挑みました。当時夫婦だったレニー・ハーリン監督と主演のジーナ・デイビスは、この後、離婚しています。

4:最強の美女探偵の活躍【2000】

ririri511 何回観たか分からないくらい好きな作品(笑) 初めて観た時、キャメロンの脚の長さにビックリした記憶がある! タイプの違う3人の可愛い女性が悪党をなぎ倒す姿が単純にカッコいい、それとコロコロ変わるコスプレも楽しくて飽きさせない。 1作目が最高に好き過ぎて続編が全く好きになれない(笑)
Naura_Tanaka 3人とも最高にキュートでセクシー!!!

本当にあったか忘れちゃった上に どのシリーズだったかも忘れたけど キャメロンディアスのツインテールが可愛すぎる!!!! カウボーイハットかぶってたかな?

人気のテレビシリーズを、これが監督デビューとなったマックGにより映画化。ボスのチャーリーから美人探偵の3人組へ声の指令が届きます。今回の任務は、誘拐された通信ソフト会社の創立者、エリック・ノックスを助け出すというストーリーです。

ボスのムチャぶりに果敢に挑む3人のチャーリーズ・エンジェルを務めたのは、ナタリー役のキャメロン・ディアス、ディラン役のドリュー・バリモア、アレックス役のルーシー・リュー。

最先端のVFXやワイヤーアクションを駆使したコミカルなエンターテイメント・アクション映画となっています。続編の『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』が2003年に公開されました。

5:アンジェリーナ・ジョリーの出世作【2001】

Naura_Tanaka お金持ちのお嬢様なのに強くて美しい! って少女漫画みたいに羨ましい設定。

アンジーのアクションはかっこいいので好きです。

eru3 BS:2015.04.13 冒険の話だった。 少しあっさりしていたけど、戦うアンジェリーナジョリーがスタイルよくてかっこいい。

同名のコンピュータゲームをサイモン・ウェスト監督により映画化。

トレジャー・ハンターのララは、父が遺した謎の星座表が記された時計を見つけます。これを手掛かりに、世界を救うため仲間とともに古代の秘宝を探す旅に出るララ。しかし、妨害も待ち受けて……。

ララを演じたアンジェリーナ・ジョリーがパワフルなアクションをこなし、一躍トップスターの仲間入りを果たしました。アンジーの実父であるジョン・ヴォイトが、作品中でも父親を務めています。そのほか、イアン・グレン、ダニエル・クレイグらが共演。続編の『トゥームレイダー2 』が2003年に公開されました。

6:ゾンビとの戦い、ミラ・ジョヴォヴィッチの代表作【2002】

ma_ki_31_04 スロットのバイオが楽しかったので 映画でも見直そうかと思い鑑賞!

ミラ・ジョヴォヴィッチは綺麗ですね。

やっぱり、印象的なシーンは レーザービームのシーンです。 何度見ても初めて見たときと 同じ反応ができるレベルです。

続き借りてこないと!笑

saku1saku1 前に観たけど、最近 5・4・3・2と続けて観たので 1もまた観た。 やっぱり一番おもしろいじゃん。

ゲームソフト『バイオハザード』を基に、ポール・W・S・アンダーソンが映画化。

巨大企業アンブレラ社が地下の巨大施設で研究を進めていた「T-ウイルス」が施設内に漏れ、研究員が感染してしまいます。内部調査のため駆け付けた特殊部隊が見つけたのは、入り口付近で倒れていたアリス。そして、封鎖された施設内では壮絶な光景が広がって……。

主役のアリスを務めたのは、ミラ・ジョヴォヴィッチ。施設内でゾンビ化した人間たちとの激しいサバイバル劇を描いたアクションホラー作品です。

ミラは1カットを除きハードなシーンを自身でこなし、体の痣はメイクではなく本物だったとか。ちなみに、監督のポール・W・S・アンダーソンとミラは2009年に結婚しています。『バイオハザードVI ザ・ファイナル』が2016年12月に公開予定です。

7:日本刀を操る元女殺し屋の復讐劇【2003】

Pit7775Pit 子供の頃に暗殺シーンを観てトラウマになり、封印してきたこの作品。ようやく観ました。歳を重ねると映画の見方も変わってきますね。新しいジャンルの映画だと感じました。なめのカットや吹き抜けのカット。時代劇を思わせるアクションシーンに加え、やり過ぎな血しぶき。挿入曲は素晴らしい。
akuyaku12 ごった煮!いい感じに勘違いされた日本とエセジャパニーズの飛び交うハチャメチャ暗殺(笑)ストーリー。 きちんとみたのは最近ですが、本当に監督の好きなものが詰まってるなあ。という感じの映画。沖縄に服部半蔵なんていねェよ!ってつっこみながら観てました。 美術監督が種田陽平氏ということで観ましたが、なかなかに面白かったなあ。

脚本・監督は、クエンティン・タランティーノ。

4年間の昏睡状態から目を覚ました元殺し屋のザ・ブライド。彼女は婚約者を殺されただけでなく、凄惨な暴行を受け重傷を負い、お腹の子どもまで失っていました。ブライドによる生々しい復讐劇を描いた作品です。

主役のブライドを演じたのはユマ・サーマン。作品の随所に日本テイストが溢れていて、ブライドの武器は日本刀であり、千葉真一が剣術指導をしたそうです。

千葉はキャストも務め、刀鍛冶の服部半蔵役として出演。ブライドとルーシー・リュー演じるオーレン・石井との一騎打ち、栗山千明演じるGOGO夕張との対決も見所です。本作は2部作構成で、2004年に『キル・ビル Vol.2』が公開されました。

8:何百年も続く吸血鬼と狼男の戦い【2003】

thewavecatch31 ヴァンパイアの新ヒロインの作品

とりあえず ひたすら ケイトベッキンセイルが美人 もはや ケイトベッキンセイルのハマり役です!

彼女が ヘルシングに出た時も 違和感がないのは やはり こっち系が向いているんでしょうね!

ゴスでスタイリッシュな処刑人という役のヴァンパイア

血を啜るシーンは ほぼなく 宿敵ライカン=狼族との 銃 対 肉弾戦 というスピーディーな展開が多いです ブレイドが刀 アンダーワールドは銃というカンジですね!

あとは ヴァンパイアの大ボスをビルナイが演じているのが 個人的にはツボです 笑

MERC 思ったよりもちゃんと血とか肉とか描いてくれててテンションあがりました。 映像にそれほど赤みがないから、わたしの大好きな血まみれってよりは 本当に”血みどろ”って感じでした。 しかしヒロインが美しいってどこまでも正義。 これがもしライカンの視点で描かれてたら絶対ヴァンパイア恨みますね。 でもセリーンが美しいので仕方ないです。 個人的には”最強無敵おじいちゃんボスキャラ”が大好きなので、ビクター推しです。 めっちゃかっこいい。 洋画アクションって筋書きは典型的なのに面白いからすごいよなあ。

レン・ワイズマン監督のデビュー作。

吸血鬼(ヴァンパイア)と狼男(ライカン)の2つの種族は何百年にも渡り、壮絶な争いを続けていました。ある日、ヴァンパイアの女戦士セリーンは、ライカンが人間の青年医師を追い掛けていることを不審に思い、青年に近付きますが……。

主役のセリーンを演じたのは、ケイト・ベッキンセイル。9等身美女によるアクションは必見です。人気のシリーズとなり、第5作目が2016年10月21日に全米で公開予定となっています。ケイトはこの作品が縁で共演者のマイケル・シーンと交際。その後、ワイズマン監督と結婚しました。

9:シャーリーズ・セロンが魅せるセクシーな女戦士【2005】

Yoshiaki_Nishi イーオンは妹の復讐をしたかっただけなのに 全人類の生活と未来を変える事になってしまった。

和室、日の丸、桜の舞い散る中での銃撃戦など後半はヤクザ映画のようであった。

ヤクザ映画って観たことないけどね。

nshima_not アクションがいい 何かの映画に似てる雰囲気 ウルトラヴァイオレットかな。

ピーター・チョン原作のアニメーションを、カリン・クサマ監督により映画化。

ウィルスにより人類のほとんどが滅亡した近未来。生きのびた人々は政府の厳しい管理の下、隔離された都市ブレーニャで生活していました。反政府組織モニカンのイーオン・フラックスは、妹が誤って殺されたことにより政府への復讐を誓います。そして、明らかになる“生命”に関しての秘密……。

セクシーなコスチュームに身を包み鮮やかなアクションを見せるのは、主役の女戦士イーオンを務めたシャーリーズ・セロンです。ブレーニャ君主のトレヴァーを演じたマートン・チョーカシュや、トレヴァーの弟役のジョニー・リー・ミラーらと共演しています。また、イーオンをサポートする改造人間として、ソフィー・オコネドーも出演しています。

10:ヒット・ガールの情け容赦ない悪人退治【2010】

Ryo_Uchida ある意味終始茶番…と言ったら聞こえは悪いけど、全体的にコミカルでスカッともできる映画。全体的にグロテスクなシーンも多いけど、それも合わさって楽しめる。
Yamanaka__Akira 楽しみとっておいたこの映画!予想通り大好物の映画でした!ヒットガールがメチャクール!

同名のコミックを、マシュー・ヴォーン監督により映画化。

アメコミのスーパーヒーローに憧れる少年デイヴは、能力がないにもかかわらずインターネットで買ったコスチュームを着てヒーロー活動をします。案の定あっさりと悪者にやられるデイヴですが、その様子がネット上に公開され、一躍有名に。そんな彼の前に、本物のヒーロー父娘が現れ……。

まだあどけないクロエ・グレース・モレッツが、“ヒット・ガール”として悪人を次々とやっつけるシーンは一番の見所です。父親の“ビッグ・ダディ”にニコラス・ケイジ、オタクのヒーロー“キック・アス”をアーロン・ジョンソンが務めています。2013年に続編の『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』が公開されました。

11:生き残りをかけた残酷なサバイバルゲーム【2012】

1uhya サバイバルゲームなんて中学生の妄想かよ、と敬遠してたけど面白かった。金持ち連中の派手なメイクや衣装がとても好きだ。 でも最後は少し拍子抜けした感もある
o325 三作目が公開間近と言うことで見直しました!2を観た後で原作を全て一気に読むぐらい大好きになりました。 感情の変化や運命に翻弄される子供たち、社会への不満等やっぱりおもしろい アクションはメインじゃないと思ってるので僕は満足ですが、アクション期待している人は不満に思うのかな...

カットニス、ピータはもちろんシナや各キャラクター魅力的 3では更にスケールも大きくなるし楽しみだ!!

原作は、スーザン・コリンズの人気同名小説。ゲイリー・ロス監督により映画化されました。

エリート階層の都市キャピトルと貧困層が暮らす12の地区で成り立つ独裁政治の国家パネム。独裁者は、貧困層から少年少女を選び、殺し合いの生中継をする“ハンガー・ゲーム”を開催。妹の代わりにゲームに参加することになったカットニスですが……。

狩猟で鍛えた弓矢を武器に戦うカットニスを演じたのは、ジェニファー・ローレンス。同じ地区からプレイヤーに選ばれたピーターをジョシュ・ハッチャーソン、カットニスが心を寄せるゲイルは、クリス・ヘムズワースの弟であるリアム・ヘムズワースが演じました。全4作で構成され、2015年公開の『FINAL:レボリューション』にて完結となっています。

12:マーベルスーパーヒーローの大集結【2012】

1231netabare DVD

アメコミヒーロー集合のお祭り映画です。 テンションが上がらざるを得ません。 本作を観るためには結構たくさんの映画を観ておく必要があります。マーベルの知識もあると楽しいのではないかと思います。手間はかかる映画ですが楽しいですね。ハルクがロキをボコボコにするシーンなんて最高です。一番好きなシーンはアイアンマンVSキャプテンアメリカVSソーですけどね!

Beeee アメコミの知識ゼロで鑑賞。 おもしろかった。 個人的にはキャプテンアメリカとアイアンマンの新旧のヒーローが、真逆な要素を持っていてとてもおもしろかった。 スカーレットヨハンソン演じるブラックウィドウがとってもかっこよかった♡

マーベルコミックのヒーローが集結した超大作アクション。ジョス・ウェドンの脚本・監督により映画化されました。

宇宙人種族チタウリと手を組んだ悪神ロキにより四次元キューブが奪われ、地球に最大の危機が迫ります。フューリー長官はヒーローたちの最強チーム「アベンジャーズ」を結成すべく、行動を起こし……。

ヒーローの招集にあたるスパイのナターシャ(ブラック・ウィドウ)をスカーレット・ヨハンソンが務め、アイアンマン、ハルク、マイティー・ソー、キャプテン・アメリカらによる最強チームが誕生しました。

スカーレット・ヨハンソンのブラック・ウィドウは、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』や『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』でも活躍。謎めいたキャラクターとクールなアクションでファンを魅了しています。