桜井日奈子がかわいい!岡山の奇跡と呼ばれる新人女優とは?【画像】

2017年7月6日更新

岡山の奇跡!岡山美少女図鑑でモデルを務め、コンテストでグランプリ受賞。CMで注目される桜井日奈子の女優になるまでの軌跡をご紹介します。

"岡山の奇跡"桜井日奈子とは?

桜井日奈子

桜井日奈子は1997年4月2日生まれの岡山県出身の女優です。身長は160cm。すらりとした体形と透明感のある雰囲気が注目を集めます。

「美少女図鑑」とは地方都市発のフリーペーパーです。街に美少女を増やそうというコンセプトで、東京以外の46道府県で配布されています。地元の女の子と風景を地元のクリエイターがまとめたものになっており、岡山版で桜井日奈子はモデルを務めていました。

ディズニーランド狙いで美少女コンテストに参戦

桜井日奈子

出典: bokunolog.com

17歳の時、第1回おかやま美少女美人コンテストが開かれました。このコンテストはグランプリ賞金10万円の他、イノセント賞として岡山から東京往復のディズニーリゾートホテル2泊付きディズニーリゾート1DAYパスポートが賞品にありました。

桜井日奈子は友達から「取ってきてよ」と言われて自分には無理だと思いつつエントリー。見事グランプリを射止めました。

この時は二宮佳奈子の名前でエントリーしており、美少女図鑑でもこの前で掲載されていたことから、これが本名なのではないかと噂になっています。

CM出演でかわいさが話題に

コンテストに協力していた芸能プロダクションイノセントに所属が決まった桜井日奈子。

2015年には大東建託、コロプラ、ニベア花王、岡山理科大学 教育学部新設PR、LINE MUSICなどのCMに次々と出演。

大東建託ではキュートなダンス姿を披露。コロプラでは好きな猫と共演。ニベアでは8×4のCMに特技のバスケットボールと、いろんな表情を見せてくれました。

可愛いと瞬く間に評判となり、「岡山の奇跡」というキャッチフレーズがつくほどの人気ぶりでした。

この頃同級生や塾の先生などには「奇跡」というあだ名で呼ばれていたそうです。

大学進学のために上京

桜井日奈子

出典: arukunews.jp

デビュー当時、現役女子高生だった桜井日奈子。得意科目は数学で、岡山の有名な進学校に通っていたとも言われていますね。

拘束時間が比較的決っているCMなどの仕事のみを受け、受験の為仕事を抑えていましたが、無事大学に合格。上京します。

地図を見るのが苦手だという桜井は、初めての東京はとにかく人が多く、電車の乗り換えが多く道に迷って困ることもしばしばだった様子ですが、大学と仕事を両立したいと語っていました。

全国区のCMに出演してからは町中で声をかけられることも増えた様子。

大好きな猫を実家に残してきており、一人暮らしで飼えないのが寂しいそうです。

注目の美少女・桜井日奈子、舞台『それいゆ』で女優デビュー

桜井日奈子 それいゆ

昭和時代の画家、中原淳一が創刊した女性誌のタイトルからつけた舞台『それいゆ』。戦中戦後に女性たちに光を与えた男中原を俳優の中山優馬が演じる舞台です。

桜井日奈子は演出を手掛ける木村淳に、一途でまっすぐなひまわりのような少女が必要だったとして、女優を夢見る女学生、大河内舞子の役に抜擢されました。脚本は『S-最後の警官』の古家和尚。舞台の脚本を書き下ろすのはこれが初めてとのこと。

自身も女優が目標だった桜井。舞台用語など初めてのことばかりの稽古に緊張しながらも楽しんで挑んだそうです。

学生時代はバスケットボールをしていたのでパワーがあると共演陣に評価されており、稽古前には桜井日奈子がしていたバスケットボール部方式のトレーニングを取り入れたんだとか。

5月26日~29日に大阪公演が梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで。6月1日~5日に東京公演がZeppブルーシアター六本木で上演されました。

ドラマ『そし誰』で桜井日奈子がドラマデビュー!

桜井日奈子

出典: mdpr.jp

2016年7月から放送された連続ドラマ『そして、誰もいなくなった』で桜井日奈子がドラマ初出演となりました。

藤原竜也が主演を務める本作は、ある日突然何者かに自分の人生を乗っ取られてしまうという奇想天外なミステリー。桜井は家出した少女・君家砂央里を演じています。

主演の藤原竜也をはじめ、玉山鉄二、二階堂ふみ、黒木瞳など豪華キャストと共演しています。

桜井日奈子

桜井は初めてのドラマ出演ということで、

主演の藤原竜也さんをはじめとする豪華で素敵なキャストの皆さんとこの作品に携わることができてとても嬉しいです
引用:mdpr.jp

と喜びのコメントを残しています。

桜井日奈子がドラマ『ラストコップ』でアクションにトライ!

桜井日奈子

ドイツの人気刑事ドラマをリメイクして大ヒットしている連続ドラマ『ラストコップ』に出演している桜井日奈子。2016年11月12日放送の第6話で、アクションシーンに挑戦しています。

1985年、主人公の刑事・京極浩介(唐沢寿明)は、凶悪犯のカグラを追い詰める際に仕掛けられていた爆弾の爆発で昏睡状態に陥ってしまいます。浩介が目覚めた時にはなんと30年が経過、刑事に復職するものの当時のままの価値観で周囲を困らせながらバディの望月亮太(窪田正孝)と共に数々の事件を解決していくというストーリー。

桜井日奈子が演じるのは主人公・京極浩介の娘・鈴木結衣(佐々木希)の同僚で交通課の新人婦人警官・三島菜々子です。第6話放送前に、公式webサイトでは桜井日奈子のコメントやワイヤーアクションの練習風景が限定動画として公開されています。

今後も彼女の活躍に注目です。