モゲラ、ゴジラのロボット怪獣が気になる!出演作品・武装など

2017年7月6日更新 2322view

東宝の特撮映画に1957年に初登場したロボット、モゲラとは?『ゴジラ』に出てくるMOGERAとは関係あるの?!モゲラの魅力を出演作品などを交えてご紹介します。

初のロボット怪獣、モゲラ

映画『地球防衛軍』

ゴジラ映画など特撮怪獣映画でもお馴染みの東宝。1957年に公開された特撮SF『地球防衛軍』という映画では、巨大ロボットが登場します。その名もモゲラ。日本映画に巨大ロボットが登場したのは、この映画が初めてなんですよ。

故郷の星第5惑星ミステロイドを核戦争で滅ぼしてしまった怪遊星人ミステリアンたちは、住む場所を求めて地球に辿り着きます。強硬な手段を取るミステリアンと地球防衛軍は戦いますが、歯が立ちません。

ミステリアンたちが地球征服の為に使ったロボットが、このモゲラなのです。

『地球防衛軍』と『ゴジラvsスペースゴジラ』でのモゲラは無関係?

実はこのモゲラ、1994年公開の映画『ゴジラvsスペースゴジラ』にもMOGERAという名前で登場しています。

正式名称は Mobile Operation Godzilla Expert Robot Aero-type (対ゴジラ作戦用飛行型機動ロボット)。この略でMOGERAなのです。

ミステリアンの持ち込んだモゲラと名前も同じで、デザインなど似ているところもあるMOGERA。でも実は、ストーリー上直接の関係はありません。

Gフォースが生み出した戦力

ゴジラvsスペースゴジラ

『ゴジラvsスペースゴジラ』のMOGERAは、国連G対策センター所属のゴジラ迎撃専門の軍事組織Gフォースが作ったことになっています。

足の裏にローラーシステムが搭載され、空を飛べないMOGERAの機動力を補っているのです。二足歩行もできるそうです。

ゴジラの対戦相手としてファンの人気も高いメカゴジラより、運動能力が優れており、空間戦闘にも対応できます。

最強な武装を備えている!

モゲラ

メカゴジラのレーザーキャノンの3倍の威力があるとされる、プラズマレーザーキャノンを装備。

胴体から発射されるプラズマメーサーキャノンや腕から発射される自動追尾式レーザー砲も搭載。更にクチにはクラッシャードリルが仕込まれ敵を直接攻撃。

どれも強そうですが、最強の武器はスパイラルグレネードミサイル。腕にあるドリルが2つに開いて、中からミサイル発射!高速回転して奥深くまで相手に突き刺さり、内臓コンピューターが自分で判断してタイミングを見計らい爆発してしまうのです。

福岡タワーを破壊したモゲラ

福岡タワー

スペースゴジラは凄まじい電磁波を放ちます。このせいで一度は操縦不能に陥ったこともあるモゲラ。スペースゴジラが福岡タワーを使って、莫大なエネルギーを集めているということに、MOGERAのパイロット新城功二が気付きます。

MOGERAはゴジラと結果的に協力することになり、MOGERAとゴジラで福岡タワーを破壊。エネルギーの供給源を失ったスペースゴジラを倒しました。

この戦闘でMOGERAは大破してしまいますが、MOGERAがいなければゴジラはスペースゴジラに負けていたのではないかと言われているんです。

ファミコンゲームではモゲラがボスキャラ

ゴジラ

1988年、ファミリーコンピュータ用ゲームとして『ゴジラ』が発売されます。

地球を侵略しようとするX星人を、ゴジラとモスラが倒そうとするストーリーになっています。

ゴジラとモスラが進んでいくと、X星人が連れて来ている敵の怪獣たちが次々登場し、終盤ではモゲラも登場するんですよ。1号機と2号機が出てきます。映画よりも強い設定になっていて、目から殺人光線が出せます。

モゲラに勝てなくて先に進めないという人もいたようで、まるでボスキャラみたいですね!