南出凌嘉、『妖怪ウォッチ』実写化に挑戦する子役に注目!

2017年7月6日更新 6973view

ドラマ『ウロボロス』ではイクオの幼少期役を、NHK連続テレビ小説『あさが来た』では白岡新次郎の幼少役など、名だたる俳優の幼少期を演じた南出凌嘉。2016年には『妖怪ウォッチ』の主役に抜擢されました!これからの飛躍が楽しみな南出凌嘉は一体どんな子!?

子役として活躍する南出凌嘉

南出凌駕

出典: laughy.jp

南出凌嘉は2005年8月10日生まれの俳優で、大阪府出身、現在はNEWSエンターテイメントに所属しています。

4歳頃から既に通販雑誌のニッセンなどでモデルを経験していました。明るく懐っこい性格をしていますが、じっとしているのが苦手で落ち着きがなく、協調性や集中力を身につけるためにレッスンを受け始めたのだそうです。

小学生に上がる頃には既に落ち着きが出てきて求められるように答えようという姿勢を示し始めたとのこと。

NHKの連続小説ドラマ『純と愛』では風間俊介が演じた待田愛の幼少期役を、2015年のドラマ『ウロボロス』では生田斗真が演じたイクオの幼少期役と名だたる俳優の幼少期を演じました。表情豊かで10歳にして演技力が凄い、と注目度の高い俳優で、2016年には妖怪ウォッチに大抜擢され、飛躍の年となっています。

国民的アニメ『妖怪ウォッチ』のケータ役に大抜擢!

南出凌駕 妖怪ウォッチ

出典: www.1d24.net

『妖怪ウォッチ』とは少年と妖怪が友達となり、妖怪と協力しながら町の人々の悩みや問題を解決していく物語です。最初はDSのゲームとして発売し、その後2014年にアニメ化した事で人気が爆発し、同年には映画1作品目『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』が公開されました。

南出凌嘉は『妖怪ウォッチ』の映画第3作品目となる『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』で主人公ケータ役に大抜擢されました。アニメのはずの本作品ですが、第3弾はアニメパートと実写パートで話が展開していく形を取り、実写版の主人公を演じます。

ドライで毒舌な一面も持つ主人公ケータを、アニメと実写の世界を行き来しながらどのように演じてくれるのか今から楽しみですね。

イケメン俳優の幼少期を演じてきた!

南出凌嘉 イクオ

2014年の映画『クローズEXPLODE』で南出凌嘉は東出昌大の幼少期役を演じていました。東出昌大もカッコイイけど幼少期からイケメンとの声が上がりました。2015年にはドラマ『ウロボロス』で生田斗真演じる主人公・イクオの幼少期役で出演しました。この作品は南出凌嘉の出演作品の中でも特に注目の高いものとなっています。

この時は役の為にパーマを当て、よりイクオに近くなるようにしたそうです。はしゃいだり、泣いたり笑ったり、と様々な演技が要求される難しい役でしたが見事に演じきり、まだ10歳なのに凄い!と注目を集めました。

スバルのCMに出演してたあの子役!

2016年に放送されたスバルのCM、新天地 息子篇&父篇の息子役として出演しました。このCMはあなたとクルマの物語をテーマにしたCMでストーリー仕立てになっており、エピソード1から12までが放送されており、南出凌嘉が出演する作品は11弾の父編と12弾の息子編となります。

短い出番の中で、転校してきたばかりの寂しさ、友達が出来た時の嬉しさを丁寧に表現しています。特に友達が出来た時の嬉しそうにはにかむ表情は印象的で、「あの可愛い男の子は誰?」と話題になりました。

話題作でも堂々の演技を披露

南出凌嘉 あさが来た

2016年に放映されたNHK連続テレビ小説ドラマ『あさが来た』では、玉木宏が演じる白岡新次郎の幼少期役として出演しました。今回が時代劇初挑戦で初の着物姿も披露しています。

また2015年には『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』で、村上虹郎演じる主人公・宿海仁太の幼少期を演じています。

この作品はもともと少女漫画からアニメ化、映画化、ドラマ化と発展したもので、幼馴染6人少年少女のの成長と青春を描いた物語です。全国オーディションを2か月半もかけて行い、キャスティングをアニメキャラクターにこだわり、1か月にわたる厳しいリハーサルも行ったのだそうです。アニメというイメージが先行しているので難しい役どころでしたが見事に演じ切りました。