映画『スレイブメン』あらすじ・キャストまとめ【鬼才・井口昇最新作】

2017年7月6日更新

2017年3月10日より、全国公開予定となっている井口昇監督最新作『スレイブメン』。主演に中村優一を迎えて描かれる、哀しくも虚しい孤独な戦いと愛の物語、世界一ロマンチックなヒーロー映画のあらすじやキャストなどをご紹介します。

中村優一主演・井口昇監督最新作『スレイブメン』の情報が解禁!

2016年11月10日、独特の世界観を持つ作品が国内外で高い評価を得ている、井口昇監督最新作『スレイブメン』の情報が初解禁されました。

公開されたポスターのビジュアルには、「世界平和なんて知るか。僕は、君だけを守る。」という、何とも意味深なキャッチコピーが!背を向ける”スレイブメン”のヘルメットに貼られた「取扱注意」ステッカーなど、気になる要素満載の新ヒーローの誕生に、多くの注目が集まっています。

今回主演に迎えられたのは、「仮面ライダー」シリーズの出演で知られる中村優一。前代未聞のダークヒーローの戦いが描かれる、『スレイブメン』のあらすじ・キャスト、最新情報をご紹介します。

ヒーロー版『君の名は。』!?『スレイブメン』のあらすじ

気弱で冴えない自主映画監督”しまだやすゆき”を主人公に、ダークヒーロー「スレイブメン」に変身した彼が、1人の少女の運命を変えるべく奮闘する姿が描かれます。

詳細は未発表ですが、「恋愛」と「タイムリープ」が物語の軸になるとのこと。井口監督は、「ヒーロー版『君の名は。』だと勝手に思い込んでおります。」とコメントを寄せました。タイムリープで現実が様々に変化し、先の読めない”連続どんでん返し”が起こるのも、本作の見所の1つになりそうです。

『スレイブメン』には仮面ライダーシリーズの歴代出演キャストたちが集結

しまだやすゆき・スレイブメン/中村優一

気弱な映像オタクのしまだやすゆき、ダークヒーロー”スレイブメン”を演じるのは、『仮面ライダー響鬼』・『仮面ライダー電王』への出演で人気を博した中村優一です。

EDテーマの歌唱にも参加した『仮面ライダー電王』の桜井侑斗、仮面ライダーゼロノス役は、キャラクター設定の切なさも相まって非常に有名に。2010年以降、音楽ユニット「D☆DATE」のメンバーとしても活動するものの、2012年には体調不良を理由に一度芸能界を引退しています。

2014年に活動再開を発表し、『薄桜鬼SSL~sweet school life~』の実写化シリーズなどに出演。今回、井口監督によって生まれた新たなヒーローを演じるに当たって、

今年の春に撮影をしていて、やっと皆さんにこの映画のご報告出来とても嬉しいです。井口昇監督のワークショップに約半年間参加させて頂き、井口監督の世界観に惹かれ、その監督の作品に携わる事が出来すごく幸せに思います。スレイブメン。懐かしさも感じつつ新しいヒーローが生まれました。新しいヒーローの誕生を皆さんに見届けて頂けたらと思います。宜しくお願い致します。

とコメントを寄せ、監督の作品に携ることが出来た事への喜びも語りました。

奥田佳弥子

ヒロイン役は、内田理央主演の映画『血まみれスケバンチェーンソー』で存在感を放った、新進女優の奥田佳弥子に決定しました。

その他の出演作は、映画『シュールな男』や主演を務めた『この世界の直径』、ドラマ『時をかける少女』や『東京オーディション(仮)』。2016年に上演された舞台『城下町のダンデライオン』など、映画・ドラマ・舞台で幅広く活動しており、今後さらなる活躍が期待されています。

阿部亮平

しまだと敵対する、学生時代の同級生を演じるのは阿部亮平です。

出世作となったのは、2004年に放送された市原隼人主演のドラマ『WATER BOYS2』で、これ以降テレビドラマへの出演が増加していったようです。

強面を活かしたヤクザやヤンキー役が多いものの、『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』などでは、コミカルな一面のある役柄もこなしてきました。近年では、映画『HiGH&ROW THE MOVIE』や『SCOOP!』、大河ドラマ『花燃ゆ』を始めとする多数の話題映画や人気ドラマで活躍しています。

津田寛治

しまだを追い詰め、スレイブメンのマスクを狙う男を演じるのは、ベテラン俳優・津田寛治です。

映画俳優を志して地元・福井県から上京。小劇団所属の劇団員として活動後、北野武監督作『ソナチネ』で映画デビューを果たしました。

主な出演作は、第45回ブルーリボン賞を受賞した森田芳光監督の映画『模倣犯』、2016年公開の話題作『シン・ゴジラ』やTVドラマ「仮面ライダー龍騎」など多数。作品の規模に拘らない出演を重ねる傍ら、近年は自ら監督・脚本を務めた作品が評価を得つつあり、活動の場を広げているようです。

その他キャストは?

4名以外の役柄は判明していませんが、『仮面ライダードライブ』に出演した味岡ちえり、「仮面ライダーゾルダ」を演じた小田井涼平。「仮面ライダーバース」を演じた岩永洋昭など、ヒーロー物で有名な人気シリーズ、「仮面ライダー」への出演経験がある俳優が名を連ねています。

監督は映画『片腕マシンガール』などの鬼才・井口昇!

井口昇は、1969年6月28日、東京都生まれの俳優・映画監督。劇団「大人計画」の個性派俳優として活躍する一方、独特な世界観を描く監督として、国内外で高い人気と評価を誇ります。

2007年、『片腕マシンガール』が「ゆうばり映画祭」などで上映され、スプラッター描写とコミカル要素を織り交ぜた作風がカルト的な人気に。2011年には、『電人サイボーガー』がテキサス開催の「ファンタスティック・フェスト」にて、ファンタスティック部門監督賞を受賞しました。

今作『スレイブメン』も、そんな井口監督ならではの世界観があるようで、

ヒーロー映画は世界中に数あれど、日本が誇るアイテム「恋愛」によってパワーを持てる「泣ける」ヒーローは前代未聞ではないでしょうか。しかも、タイムリープによって現実が様々に変化するので、ここまで先読みが出来ない「連続どんでん返し」が起こるファンタジーはなかったのではと自負しています。個人的にはマジでヒーロー版「君の名は。」だと勝手に思い込んでおります!世界一ロマンティックなヒーロー映画と呼ばれたいです!

と意気込み充分に語りました。自身がプロデュースを手掛ける、2015年デビューの女優アイドル・プロジェクト”ノーメイクス”のメンバーからも、柳杏奈と洪潤梨が出演予定だそうです。

気になる映画『スレイブメン』の続報を要チェック!

映画『スレイブメン』は、2017年3月10日より東京・シネマート新宿、大阪・シネマート心斎橋ほかにて全国公開されます。

報われない愛と過酷な運命に翻弄されながらも、たった1人の少女の運命を変えるために奮闘する、新たなダークヒーロー”スレイブメン”!主演・中村優一以外のキャストの役柄、あらすじの詳細や主題歌アーティストなど、今後明かされる続報を要チェックしてくださいね。

どんでん返しの先に待ち受ける衝撃の結末、哀しくも虚しい孤独な戦いと愛の物語を描く、世界一ロマンチックなヒーロー映画が注目を集めること必至です!