2017年7月6日更新

映画『ディビジョン』最新情報【ジェイク・ギレンホール主演で人気ゲームを映像化】

大人気RPGゲーム『ディビジョン』がハリウッドで、映画化されることが決定しました。演技派俳優のジェイク・ギレンホール、アカデミー賞ノミネートで話題のジェシカ・チャスティンの出演が決定しています。気になる最新情報を紹介します!

ジェイク・ギレンホール主演で大人気ゲーム『ディビジョン』を映画化!

ディビジョン

大人気オンラインRPGゲーム『ディビジョン』がハリウッドで映画化されることになりました。難しいけど面白い、荒廃したニューヨークの風景がリアルだと、大評判のゲームなのです。

公開年や、あらすじ、登場人物、キャストの詳細はまだ、発表されていません。演技派俳優のジェイク・ギレンホールと、実力派女優のジェシカ・チャスティンが出演することが決定しました。

2017年2月現在でわかっている情報を紹介します!

あらすじは?

ディビジョン2

映画化にあたってのあらすじの詳細は発表されていません。ここでは、ゲームのあらすじを紹介します。

新型人口ウィルスによるテロによって、ニューヨークのかつての経済活動、治安、景色は崩壊してしまいます。そこで、科学者達がウィルスの治癒に取り組んでいる間、プレイヤーは“ディビジョン”という組織に所属し、ニューヨークの治安を取り戻し、テロ組織との戦いに挑むのです。

映画『ディビジョン』ジェイク・ギレンホールが主演、制作

ジェイク・ギレンホール

ジェイク・ギレンホール

1980年12月19日、アメリカ・カルフォルニア州生まれ。1991年映画『シティ・スリッカーズ』でデビュー。1999年『遠い空の向こうに』で初主演、ジェイクが演じるアメリカの小さな街でロケット作りに奮闘する高校生という役で、高い評価を得ました。

2005年映画『ブロークバック・マウンテン』では、互いに妻がいながら“ブロークバック・マウンテン”で逢瀬を繰り返す青年を演じ、アカデミー助演男優賞にノミネートされました。

受賞は逃したものの、衝撃的なあらすじの同作品とジェイクの名演技は世界中で大絶賛でした。演技派俳優として活躍しつつ、2006年にピープル誌の『最も美しい人50人』に選ばれたこともあるイケメン俳優でもあります。

キャストに注目の実力派女優ジェシカ・チャスティン

ジェシカ・チャスティン

Wrapped up in a bow #misssloane #afi

Jessica Chastainさん(@jessicachastain)がシェアした投稿 -

1977年3月24日、アメリカ・カリフォルニア州生まれ。ニューヨークのジュリアード音楽院演劇部門に通いながら、学生映画や舞台に演技を磨く日々を過ごしました。

2004年連続ドラマ『ベロニカ・マーズ』、2004年『ER緊急救命室』などTVドラマのゲスト出演でキャリアを積みます。

2011年映画『ヘルプ〜心がつなぐストーリー』でアカデミー助演女優賞ノミネート。2012年映画『ゼロ・ダーク・サーティ』では、ウサマ・ビン・ラディーンを追うCIA分析官マヤを演じアカデミー主演女優賞にノミネートされました。

映画『ディビジョン』の監督はスティーブ・ギャガン

1965年5月6日アメリカ・ケンタッキー州生まれ。アメリカの連続ドラマ『アメリカン・ゴシック』で脚本家デビュー。

スティーブン・ソダーバーグ監督作、メキシコの麻薬取引を描いた2000年映画『トラフィック』で脚本を務め、アカデミー脚色賞を受賞します。石油業界の癒着を描いた2005年映画『シリアナ』で、監督と脚本を手掛け、監督デビューを果たしました。

脚本、監督をする傍ら、2007年連続ドラマ『アントラージュ★オレたちのハリウッド』に出演し、俳優業もこなします。

そんなスティーブがジェイク・ギレンホールとタッグを組み、大人気ゲーム『ディビジョン』の映画化に挑みます。