台湾映画傑作選。今一番見たいヤバい映画が揃ってる??【ニューシネマ】

2017年7月6日更新

武侠アクションにサスペンス、戦記ものに切ない青春ドラマなどなど、バラエティに富んだ台湾映画。エドワード・ヤンやホウ・シャオシェンといった巨匠の作品や、2017年に陽の目を見た劇場公開作品を中心にピックアップします。

「台湾ニューシネマ」に加え、新たな才能に富んだ台湾映画

セデック・バレ

サスペンスに戦記もの、切ない青春ドラマなど、バラエティに富んだ台湾映画。ここではエドワード・ヤンやホウ・シャオシェンらによる「台湾ニューシネマ」作品や、改めて日本公開が実現した作品を中心にピックアップします。

カンヌ国際映画祭で高評価を受けた剣術アクション【1971年】

末期の明時代を舞台に、政府の陰謀で処刑された忠臣の娘ヤンの復讐劇を描いた、“香港映画界の黒澤明”と称された、キン・フー監督による剣術アクション。1975年のカンヌ国際映画祭では、中華圏映画として初の高等技術委員会グランプリを受賞しました。

日本では長らく劇場未公開でしたが、4Kデジタル修復版が完成したのを機に2017年1月に劇場公開が実現。ヤン役のシュー・フォンは後にプロデューサーとして、『グリーン・デスティニー』などを手がけるヒットメーカーになりました。

1本のいたずら電話がもたらした悪夢のような悲劇【1986年】

警察から逃がれようとする少女と彼女を偶然カメラでとらえた青年、夫婦仲が冷え切った医師の夫と小説家の妻。何の関連性のなかった彼らが、少女がかけた1本のいたずら電話によってつながり悲劇が起こっていくというサスペンス。

エドワード・ヤン監督の乾いた演出が冴える一本となっています。

日本統治から解放された台湾社会を描く歴史ドラマ【1989年】

悲情城市

第2次世界大戦終結直後の台湾を舞台に、混沌とする中で懸命に生きようとする一家を描いた一大家族ドラマ。

家族の四男を演じた、当時香港の若手スターだったトニー・レオンは、台湾語が話せなかったために聾唖者の役を演じることになったとか。

監督のホウ・シャオシェンは本作でベネチア映画祭金獅子賞を受賞し、評価を一気に高めることとなります。

幻とされていたエドワード・ヤン監督の青春ドラマが復活公開【1991年】

1961年の台湾を舞台に、14歳の少年が起こした殺人事件の全容を描いた社会派ドラマ。

エドワード・ヤン監督による当時の社会的背景を反映した演出により、1991年の公開時に高い評価を受けました。それから幻となっていた236分のバージョンが、2017年3月に復活公開されています。

台北社会に反発する若者の葛藤を描く青春ドラマ【1992年】

青春神話

台北を舞台に、予備校生と窃盗を働く青年といった若者たちの、家族や世間への反発を描いた青春ドラマ。

本作で監督デビューを果たしたツァイ・ミンリャンは『楽日』、『西瓜』といった佳作を世に放ち、2008年にはオフィス北野製作のオムニバス映画『それぞれのシネマ』に招かれています。

名匠ホウ・シャオシエン監督による青春ロードムービー【1996年】

憂鬱な楽園

40歳近くになるフリーター男が弟分とその恋人とともに南へのバイク旅行に出発する先々で起こる出来事を綴ったロードムービー。

『珈琲時光』、『フラワーズ・オブ・シャンハイ』で知られるホウ・シャオシエン監督が、日本からの出資を得て半年以上の期間をかけて製作しました。

8歳の少年の目からとらえた混沌家族ドラマ【2000年】

ヤンヤン 夏の想い出

普通の家庭で育った少年ヤンヤンを主人公に、叔父の結婚式を境に発生する様々な事件を同時進行で描く、エドワード・ヤン監督による台湾・日本合作映画。日本人キャストとしてイッセー尾形が参加しています。

小津安二郎にオマージュを捧げたハートフルドラマ【2003年】

珈琲時光

Naoko_Kanehira まるでドキュメントかのような空気感と一青窈の演技。 インパクトのある内容ではないけど、古本屋で静かに流れる時間とか、両親と囲む食卓とか、何気ない日常の一コマが記憶に残る不思議な作品。

東京に暮らす台湾の血を引く女性陽子が、台湾人男性との子供を身ごもったことで、自身のアイデンティティを見つめていくことになります。

小津安二郎の生誕100年を記念に、『東京物語』のオマージュとしてホウ・シャオシェンが監督。自身も台湾人と日本人のハーフとして生まれた歌手の一青窃が、陽子を演じています。

台湾の先住民族による抗日暴動を描いた歴史大作【2011年】

Tomochika_Nakano 日本人の知らない日本人の真実。 終始おもしろいアポカリプト思い出した。登場人物それぞれの感情が見えて、バイオレンス描写もすごい。4.5

日本統治時代の台湾で起きた、先住民族セデック族による抗日暴動「霧社事件」を2部作、トータル4時間36分で描いた戦記ドラマ。

一族の頭目を演じ、本作が俳優デビューとなったリン・チンタイは元々教会の牧師という異色の経歴の持ち主。安藤政信や木村祐一といった日本人キャストのほか、ビビアン・スーも出演しています。

多感な高校生の甘酸っぱいラブストーリー【2011年】

Rika_Wakama 青春だなーって感じる映画。初恋ってこんな感じだったよなーと懐かしくなって見れた。
1050Carnival 高校時代のあの一瞬に戻りたくなったら見るといい 最近日本映画にはみられなくなったエネルギーがある

1994年の台湾を舞台に、やんちゃな男子高校生コートンがお目付け役となった女子高生シェンに惹かれていく様子を描いたラブストーリー。

台湾のみならず香港で記録的ヒットとなった一作で、シェン役のミシェル・チャンのキュートさは必見。台湾における日本文化の浸透ぶりも分かる一本となっています。