© 2017 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. © 2017 Hasbro. All Rights Reserved.

ネタバレ注意!『トランスフォーマー/最後の騎士王』のトリビア18選【元祖メガトロンが復活!?】

2017年8月2日更新

2017年8月4日、シリーズ第5作『トランスフォーマー/最後の騎士王』が公開!トランスフォーマーが、なぜ地球にやってきたかという根本的な謎に迫る本作について、ネタバレありでトリビアを紹介します。

シリーズ5作目『トランスフォーマー/最後の騎士王』のトリビアをネタバレありで紹介!

2017年8月4日、大人気アクションシリーズ第5作が『トランスフォーマー/最後の騎士王』が公開。本作では超生命体であるトランスフォーマーたちがなぜ地球にやってきたかという根本的な謎を描いています。 どうやら本作はイギリスに伝わる伝承『アーサー王伝説』、さらには第二次世界大戦というテーマまで織り込んだ内容になっているようです。 この記事では本作のトリビアをネタバレありでご紹介します。

1.『最後の騎士王』は 別々のアイデアを一つに融合したもの!?

本作のストーリーは、アーサー王伝説と第二次世界大戦という全く違ったテーマをベースに構築されています。 前作が公開された直後に脚本家のチームが作られ、新たなトランスフォーマー作品プロジェクトがスタートしました。その中で、アーサー王伝説をテーマにしたプロットと、第二次世界大戦をテーマにしたプロットがそれぞれ別々脚本家から提案されたそうです。 監督マイケル・ベイはその両方のアイデアを気に入り、伝承と戦争を融合させるという荒技をやってのけ、本作のストーリーが誕生しました。

2. 世界一かわいそうな存在から、世界一有名になった犬

監督のマイケル・ベイは大の犬好きとして知られています。 本作にもアンソニー・ホプキンス演じるイギリス貴族エドマンドの犬として、フレヤという名前のスタッフォード・シャー・ブルテリアを出演させています。 実はこのフレヤは、てんかんを患っており6年間に何人もの里親の間を転々としていた犬。ニュースでも世界一かわいそうな犬として取り上げられていました。 しかし、本作への出演をきっかけに違った意味で有名な犬に。一躍人気犬となったフレアは今後もドラマや映画に引っ張りだこだそうです。

3. マーク・ウォールバーグは『トランスフォーマー』を卒業!

マーク・ウォールバーグは本作と2014年公開の『トランスフォーマー/ロストエイジ』で、主人公で妻に先立たれた発明家のケイド・イェーガーを演じました。しかしケイドを見ることができるのは『トランスフォーマー/最後の騎士王』が最後となりそうです。 マークはトークショーに出演した際「ようやく普通の生活に戻れる!」とコメントし、『トランスフォーマー』シリーズ卒業を示唆しました。

4. 英国ブレナム宮殿がナチスの本部に!?

本作の中に、第二次世界大戦時にブレナム宮殿がナチスの本部として使用される場面が登場します。 ブレナム宮殿は、イギリスで英雄として讃えられている軍人ウィンストン・チャーチルが生まれた場所だったため、この演出はイギリスの退役軍人の間で物議を醸しました。 監督はこれは映画の演出にすぎないと主張し、チャーチルの孫にあたる政治家のニコラス・ソームズも、単なるフィクションを騒ぎ立てたマスコミを批判しました。

5. コグマンの声優にジム・カーターが選ばれた理由

本作には、コグマンという貴族エドマンドの召使であるトランスフォーマーが登場します。どことなくスター・ウォーズに登場するC-3POに似ているコグマンですが、その声を演じているのはジム・カーターでした。 脚本家のマット・ホロウェイは英国貴族をテーマにしたイギリスのドラマ「ダウントン・アビー」のファンで、同ドラマで誰からも信頼される執事カーソンを演じているジムを冗談でコグマン役の声優にプッシュ。 その冗談を監督が真面目に受け取り、本当に採用したためマットは驚いたと言います。

6. オプティマス・プライムが悪の手先に

正義のトランスフォーマーチーム、オートボットのリーダーであるオプティマス・プライム。本作ではエイリアンであるクインテッサ人によって洗脳され、地球を滅ぼそうとするネメシス・プライムと化します。 このエピソードは、1986年から放送されていたトランスフォーマーのアニメ作品『戦え!超生命体トランスフォーマー』の第8話から着想を得たもので、アニメ版へのオマージュとなっています。

7. 初代主人公サム・ウィトウィッキーの顛末が明らかに?

シャイア・ラブーフ演じるサム・ウィトウィッキーは実写版『トランスフォーマー』シリーズの1作目から3作目までの主人公です。『トランスフォーマー/ロストエイジ』から主人公がケイドにバトンタッチして以降、サムがどうなったかは語られていませんでした。 本作に登場するローラ・ハドック演じる大学教授のビビアンは、トランスフォーマー誕生の秘密を握るアーサー王伝説に登場する人物マーリンの一族です。ビビアンはその事実をエドマンドを通して知りますが、エドマンドが説明する家系図にサムの写真が登場します。 エドマンドによるとビビアンは、ウィットキー一族最後の末裔とのこと。そこから察すると、サムはすでにこの世を去ってしまっているのかもしれません。

8. 『最後の騎士王』で元祖メガトロンが復活

『トランスフォーマー』シリーズを通しての悪役メガトロン。本作に登場するメガトロンのデザインは、アニメ『戦え!超生命体トランスフォーマー』に登場した時のデザインに寄っています。 2007年公開の『トランスフォーマー』でも、アニメ版メガトロンのバケツ型の頭部デザインが採用されていましたが、当時の製作陣たちはこのデザインが迫力に欠けると判断。次回作からメガトロンのデザインは変更されることになりました。 しかし監督のマイケル・ベイの意向により、本作でオリジナルのメガトロンのデザインが復活しています。

9. バンブルビーの本当の声が聞ける!?

『トランスフォーマー』シリーズを通してマスコット的なキャラクターなのがバンブルビーです。バンブルビーの特徴はなんといってもその声で、音声システムが壊れてしまっているため、雑音のような音でしかコミュニケーションが取れませんでした。 本作で、オートボットのリーダーオプティマス・プライムは、クインテッサ人の手によって悪役ネメシス・プライムに作り変えられてしまい、仲間のオートボットを襲う脅威に。その際、バンブルビーがちゃんと理解できる言葉で喋るシーンがあるのです。 ちなみに本作の冒頭で、ケイドがバンブルビーの音声システムを修理しようとするシーンがあります。しかし結果はSiriのような声しかでず、それを気に入らなかったバンブルビーは元のノイズのような音声に戻してしまいます。

10. 貴族エドマンドがセンチネル・プライムのスペースブリッジを所持

オプティマスの先代にあたるオートボットのリーダーセンチネル・プライム。実写版シリーズでも3作目の『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』で登場しています。 本作で登場する貴族エドマンドは、トランスフォーマーが地球にやってきた謎に深く関わっており、自身もトランスフォーマーであるコグマンを召使としていたり、多くのトランスフォーマー関連品を所持しています。 そんな彼のコレクションの中には、センチネル・プライムが開発した物質転送システム、スペースブリッジが含まれていました。

11. 信心深いマーク・ウォールバーグ

『トランスフォーマー/最後の騎士王』 マーク・ウォールバーグ
© 2017 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. © 2017 Hasbro. All Rights Reserved.

本作のストーリーの基盤になっているアーサー王伝説。伝説に縁深いイギリスでも撮影は行われましたが、イギリス北東に位置するノーサンバーランドでの撮影中、マークがお忍び教会にいっていた姿が目撃されています。 マークは日曜日に沿岸沿いの小さな教会に現れ、きっちり礼拝を済ませたと言います。そして寄付も行ったそうです。 地元の人々は、映画の撮影チームが訪れていることは知っていたそうですが、まさか出演者の一人が教会に現れるとは思ってもおらず驚いたそうです。

12.マイケル・ベイ悲願のキャスティング!

廃品満載のトラックに変形し、主人公ケイドと廃品取引をしているトランスフォーマー、デイトレーダーの声を演じたのは俳優のスティーブ・ブシェミです。 クセの強い個性派俳優として知られるブシェミ。ティム・バートンやコーエン兄弟など話題の映画監督から引っ張りだこの人気俳優で、漫画『ワンピース』の人気キャラクター、サンジのモデルとなったことでも知られています。 本作の監督マイケルも彼を気に入っており、1998年に監督した『アルマゲドン』にスティーブは出演。2007年公開のシリーズ1作目『トランスフォーマー』でもトランスフォーマーの捜査官、シーモア役で出演オファーをしたそうですが実現できず、今回念願のキャスティングとなりました。

13. 実写版『アーサー王伝説』から降りていたマイケル・ベイ!

本作のベースになっているのはアーサー王伝説です。中世騎士伝説として有名なこの話は2004年にアントワーン・フークア監督により映画化もされています。 映画の監督として、当初予定されていたのは本作の監督であるマイケル・ベイでした。彼は5年もの間アーサー王伝説の映画化に携わっていたのですが、予算の問題で企画から降りてしまった過去がありました。

14. ストーンヘンジでの爆発は却下

イギリス南部にある世界的に有名な史跡であるストーンヘンジ。巨大な石柱で作られた円形の史跡はアーサー王伝説にも関係しています。 本作は実際のストーンヘンジでもロケが行われました。監督は、ストーンヘンジで爆破シーンを撮影したかったそうですが、当然のごとく許可は下りず、別の場所で作られたセットで爆破シーンが敢行されました。

15.女優はマイケル・ベイによる撮影の過酷さにびっくり!?

今回、『トランスフォーマー』シリーズに初参加した女優のイザベラ・モナーとローラ・ハドックは、マイケル・ベイ監督の撮影が非常に過酷だった事をプロモーション来日の際に明かしています。 イザベル・モナー曰く、彼女が走るシーンは一日で撮られたのだそう。なので、失神者も続出し病院に運ばれていったほどの気温45度、炎天下のなか彼女はひたすら走りながら汗をかかないよう努力したようです。 更に、ローラ・ハドックは撮影が一日長時間にも及んだと明かしていました。しかし、撮影スケジュールはタイトだったため、気合いとエネルギーやモチベーションを保つように最後までやり抜いたのです。

16.マイケル・ベイ監督は“トワイライトアワー”がお気に入り

That was a day to remember

Michael Bayさん(@michaelbay)がシェアした投稿 -

更に、イザベル・モナーとローラ・ハドック曰くマイケル・ベイ監督の撮影にはあるこだわりがあったそう。それというのも、彼が大の“トワイライトアワー”フェチであること。“トワイライトアワー”とは所謂“マジックアワー”の事を指しており、日が沈む前の時間帯を意味しています。 監督はこの時間に撮影をするのが大好きだそうで、キャストやスタッフはこの時間帯になるといつ監督に呼ばれて撮影をスタートしても良い万全の状態で待機している必要があったようです。

17.キャストの汗をかいたようなセクシーな肌感の正体が判明!

Who's with her? #mondaymotivation #Transformers

Transformersさん(@transformersmovie)がシェアした投稿 -

『トランスフォーマー』シリーズには、大爆発と汗をかいたようなウェットな質感の肌がセクシーな女優がお約束。実は、イザベル・モナーがあの「セクシーは肌」の秘密を明かしました。 あれはなんと汗ではなく、“マッチョ・ジュース”といわれるもので、グリセリンを日焼け止めのようなスプレー状のもので吹きかけているのです!汗に見えるだけでなく、少し反射して光ってみえるため俳優や女優がセクシーに見えるのだそう。

18. 『トランスフォーマー』シリーズの次回作は?

シリーズ第5作『トランスフォーマー/最後の騎士王』以降、2018年にバンブルビーが主人公のスピンオフ作品の公開が予定されていますが、その先に本流の続編の可能性はあるのでしょうか? パラマウント・ピクチャーズによると、すでに実写シリーズ6作目及び7作目は企画されており、6作目は2019年公開を予定しているとのことです。プロデューサーのアキヴァ・ゴールズマンは本作での影響を鑑みて、続編製作に取り掛かると言っており、『トランスフォーマー/最後の騎士王』の評判によって次回作のストーリーが左右されることになりそうです。 本作の興行ですが、アメリカでは公開初週はよかったものの翌週からは一気に落ち込み、今までの『トランスフォーマー』シリーズの中で最悪の結果になっている模様。海外の中でも重要なエリアである中国でも、公開2周目以降の成績は82%に落ちていました。 この結果が次回作に与える影響がどんなものなのかきになるところです。