辻彩、「ジョジョ4部」の美しすぎる女性を紹介!

2017年8月24日更新

辻彩は「ジョジョ4部」に登場する美人エステティシャンでスタンド使いの女性です。外見はきつそうに見えて、康一に思いを寄せる由花子をサポートする姿が印象的です。今回はそんな恋する乙女の味方、辻彩の魅力をご紹介します。

辻彩、杜王町でエステサロンを営む美人スタンド使い

「ジョジョ4部」に登場する辻彩(つじあや)は杜王町に住む経営者兼エステティシャン。各国のコンクールで優勝したというエステの実力を生かし、エステ・シンデレラを経営しています。 彩は子供のころに童話『シンデレラ』に登場し主人公の手助けをする魔法使いに憧れを抱き、エステティシャンを志しました。サロンでは「愛と出逢うためのメイク」と称して、自身のスタンド・シンデレラの能力を使い訪れた客に幸運を呼び込むエステを行っています。 辻彩と山岸由花子を主役にしたエピソード「山岸由花子はシンデレラに憧れる」での活躍します。その後、承太郎たちに追い込まれた吉良吉影と思いがけず対面し、無理やりに川尻浩作の身体に入れ替えさせられたのちに、殺害されるという悲劇に見舞われました。

身体のパーツを入れ替える彩のスタンド・シンデレラ

【破壊力 - D / スピード - C / 射程距離 - C / 持続力 - C / 精密動作性 - A / 成長性 - C】(コミックス参照) 彩の持つスタンド・シンデレラはロボットのような見た目の人型のスタンド。スタンド名の由来はアメリカのヘヴィメタバンド・シンデレラから。 シンデレラは人間の身体をパーツごとに切り取り、肉体のイメージを変換して、対象者のパーツと取り替える能力を持っています。見た目だけでなく、運勢もコントロールすることができますが、その場合の効果時間は30分と短く、それ以上に維持したい場合はシンデレラの持つ口紅を塗らなければなりません。その手順を怠ると入れ替えたパーツがドロドロに溶けてしまうという恐ろしい結末を迎えます。 吉良吉影が川尻浩作に成りすますために、無理やり能力を使った場合では、口紅を塗らずとも身体は維持できていたことから考えると、運勢を固定せず身体のパーツを入れ替えるだけであれば制限はないようです。

恋する乙女の味方! 康一と由花子を結び付けたキューピット

辻彩は職業柄もあるのか、美人である由花子に妙に肩入れしています。あるいは、数々の女性に「愛と出逢うためのメイク」を施してきた彩が、由花子の康一への強い気持ちを見抜いたのかもしれません。いずれにせよ、康一と由花子の二人の関係が恋愛に発展する手助けをしました。 彩のエステを受けた後、メイクの手入れを怠った由花子は自身の顔を失う危機に陥ります。そんな由花子に対して彩は、今までエステを施した無数の顔のパーツの中から自分の顔を見つけ出す最後のチャンスを与えます。 彩が用意したパーツには由花子のパーツがない勝敗が明らかな勝負でしたが、その選択を康一に委ねた由花子と、もし由花子が人に見せたくない顔になったら自らの目をつぶすと言った康一、二人の絆に心を打たれ、彩は由花子の顔をもとに戻しました。

アニメ「ジョジョ4部」で辻彩を演じた声優は?

アニメ「ジョジョ4部」の辻彩役は大原さやかが演じました。『カレイドスター』のレイラ役、「ARIA」シリーズのアリシア役など大人の色気を持つキャラクターを得意としています。また、声優としての仕事の幅も広く、テレビやCMのナレーションや、携帯の音声案内などにも起用されている実力派声優です。