「スーパーマリオブラザーズ」まさかのハリウッドアニメ映画化!?【任天堂×イルミネーション】

2017年11月16日更新

日本だけでなく、もはや世界中の人が知っている世界的ゲーム「スーパーマリオブラザーズ」がまさかのアニメ映画化!?製作はイルミネーションが担当すると報じられている本作の最新情報に迫ります。

あの「マリオ」のハリウッドアニメ映画企画が始動!

もはや世界的なゲームアイコンの一つとなった、赤い帽子のおじさん・マリオ。彼が主人公であるゲーム「スーパーマリオブラザーズ」シリーズがハリウッドでアニメ映画として企画が進んでいることが米バラエティ番組にて明らかになりました。 日本人としてどうなるのか見過ごせない本作の最新情報をお届けします!

製作は「ミニオンズ」「ペット」で知られるイルミネーションスタジオ

怪盗グルー ミニオンズ
©Universal Pictures

2018年2月現在、ハリウッド版「マリオ」の製作を務めるのは、「怪盗グルー」シリーズや『SING/シング』、『ペット』を世に送り出してきたイルミネーションスタジオ。 ユニバーサル・スタジオの子会社であるイルミネーションスタジオは、2007年に設立された比較的新しいアニメ製作会社ですが、2010年公開の長編アニメ作品1作目である『怪盗グルーの月泥棒』を皮切りに、大人気キャラ・ミニオンが主人公の『ミニオンズ』、キュートな動物たち×ヒット曲というテーマで大ヒットを記録した『SING/シング』などヒット作を連発。 今やディズニーやドリームワークスと肩を並べるアニメ製作会社となった本スタジオが製作を手がけるともあって、すでに注目を集めています。 プロデューサーはその中でも代表のクリス・メレダンドリが、任天堂代表取締役フェローである宮本茂と協同で務めることになりました。

なぜイルミネーションスタジオが製作?

sing
(C)Universal Studios.

イルミネーションスタジオが本作の製作に抜擢された理由は、ユニバーサル・スタジオと任天堂の関係性が深まったからなのだとか。 2017年6月8日に世界で初となる任天堂のテーマパーク・「SUPER NINTENDO WORLD」がUSJにて建設が着工されましたが、そのテーマパークの共同開発を通して2社の関係性が深まり、本作の企画が浮上したのだそうです。「SUPER NINTENDO WORLD」も本作に合わせてチェックしておきたいですね!

任天堂とイルミネーションスタジオの最強タッグ!

今回の映画プロジェクトは、ユニバーサル・ピクチャーズと任天堂の共同出資で、ユニバーサル・ピクチャーズによって全世界配給が行われます。 あらすじ、声優、公開日などは2018年2月現在未定となっていますが、ciatrでは引き続き最新情報をお届けしていきます!お楽しみに!