2018年5月23日更新

日本でもヒット中『ピーターラビット』実は続編が決まっている!

5月18日に公開された、世界中に愛され続けるイギリスの童話『ピーターラビット』の実写映画が話題を呼んでいます。そんな本作、実は既に続編の製作が決定しているとのこと!キャストは続投となるのか?

可愛い見た目と裏腹に?映画の内容が話題を呼ぶ『ピーターラビット』

公開前から可愛らしいウサギ、ピーターのヴィジュアルと、『エクス・マキナ』等で知られるドーナル・グリーソンの出演するという事で注目を浴びていた本作。公開後には、その“もふもふ”な見た目とは相反して、意外とバイオレンス(?)でパンチのある内容が話題を呼んでいます。 ビアトリクス・ポターによる絵本を原作とし、ピーターが仲良くしていた女性画家のお隣に引っ越して来た潔癖性のマグレガーさんとの闘争を描いた作品。この二人の争いがなんとも見応えがあるのですが、世界興収は3億2,700万を記録し、中々のヒットとなりました。そんな本作の続編の製作が決定!

監督は続投、全米公開日は2020年2月7日予定!

ピーターラビット

この続編ですが、一作目を監督したウィル・グラックが再びメガホンをとります。気になるのはキャストも続投するのか、というところですが2018年5月22日現在では詳細の情報は公表されていません。 尚、本作は全米の公開日が2020年2月7日を予定、キャラクターの母国であるイギリスでは一ヶ月遅れて2020年3月27日を予定しているとのこと。 続編の前にチェックしておきたい1作目は5月18日より全国公開中。