2020年7月20日更新

ドラマ『THE HEAD』あらすじネタバレ・キャスト・動画情報!山下智久出演のHuluオリジナルとして配信中

『The Head』山下智久

山下智久が出演する超大型国際ドラマ『THE HEAD』が、2020年7月現在Huluオリジナルとして配信中です。本記事ではそんな本作の概要から国際色豊かなキャスト、そして山下のコメントなどを紹介!※本記事は物語のネタバレを含んでいます。

目次

2020年ドラマ『THE HEAD』あらすじ・キャストの最新情報をお届け!動画を無料視聴する方法も!

ヨーロッパ最大級の製作会社THE MEDIAPRO STUDIOが主導し、オンライン動画配信サービスHuluも製作に参加している超大型国際ドラマ『THE HEAD』。 本作には日本から山下智久が出演することで話題になっています。そして2020年7月現在、Huluにて配信中です! 高い期待が寄せられていた本作は、いったいどんな作品なのでしょうか。最新情報やあらすじなどについて詳しく解説していきます。 ※本記事は物語のネタバレを含んでいるので、注意してください。

【最新情報】山下智久がドラマのED曲を担当!特番も放送決定!

山下智久の新曲「Nights Cold」がエンディングテーマに決定

ドラマ『THE HEAD』のED曲が、山下智久の新曲「Night Cold」に決定しました。本楽曲は本作のために山下自身が作詞を手がけていて、2020年7月15日にはシングルリリースもされます。 世界規模のドラマ出演だけではなく、アーティストとしても世界進出を果たした彼の活躍に今後も目が離せません!

ドラマの特別番組も放送決定!

2020年6月6日、13日の2週に渡って、日本テレビにてドラマ『THE HEAD』の特別番組が放送されます。その内容は本作の特集として見どころの解説、撮影の裏側など。 さらに本番組では特集に加えて、第1回では山下智久のグローバルな活躍に迫る「山下智久・ルート66~たった一人のアメリカ」の第1話。 第2回では『THE HEAD』を製作したヨーロッパ最大級の制作会社・THE MEDIAPRO STUDIO製作のHuluプレミアドラマ『ロック・アップ/スペイン 女子刑務所』の第1話が放送予定です。 また14日には、山下智久のグローバルに活躍する姿を追う特別番組「All over the World~山下智久と世界で出逢う~」も放送予定です。本番組では山下智久が出演キャストらとリモートミーティングにて再会し、撮影の裏話などを語り合います。ぜひお見逃しなく! 【特番の放送日程】 ■第1回「傑作シアター THE HEAD 世界公開記念 特別企画」 【6月6日(土)深夜0時55分】 ■第2回「傑作シアター THE HEAD 世界公開記念 特別企画」 【6月6日(土)深夜0時55分】 ■「All over the World~山下智久と世界で出逢う~」 【6月14日(日)午後4時】 ※全番組、日本テレビ(関東ローカル)での放送です。

ノベライズ本・スピンオフ本が同時発売!【7月22日(火)】

THE HEADスピンオフカバー

2020年7月22日に、本作のノベライズ本とスピンオフ本が同時に発売されることが決定しました。スピンオフ本は山下智久演じる研究員のAki(アキ)を描いた前日譚になっていて、本編では描かれなかった彼の過去が明らかになります。ドラマをさらに深掘りたい方は必見です! ■『ノベライズ THE HEAD』 【発売日】2020年7月22日(水)発売予定 【著者】ひずき優 【原作】アレックス・パストール、デヴィッド・パストール 【定価】620円+税 【発行】株式会社 集英社 ■『スピンオフノベル THE HEAD 前⽇譚 アキ・レポート』 【発売日】2020年7月22日(水)発売予定 【著者】江坂純 【原作】アレックス・パストール、デヴィッド・パストール 【定価】570円+税 【発行】株式会社 集英社

ドラマ「THE HEAD(ザ・ヘッド)」の各話あらすじ【毎週更新/1話〜最終話(6話)/ネタバレ】

第1話

南極の科学研究基地・ポラリス6。そこでは夏期の基地隊長であるヨハンが、越冬隊として基地に残る妻アニカと別れを惜しんでいました。盛大なサヨナラパーティーの後、基地は越冬隊10人だけに。医師のマギーと研究者のアキも、これから始まる生活に決意を新たにしていました。 6ヶ月後、ヨハンは仲間と共にポラリス6へ向かうことになります。実は3週間ほど前から、基地からの通信が途絶えているのでした。

妻アニカの安否を気遣うヨハンが基地へ入ると、そこには6名の遺体と、身元不明の焼死体1つ、焼け焦げた雪上車1台が。さらに精神錯乱状態のマギーの姿もありました。 ヨハンは何が起きたのかを、マギーに尋ねます。しかしマギーは話の途中でショック状態に陥り、事件の犯人はわかりません。その後ヨハンは妻アニカの部屋で「私は罪を犯した」と書かれたメモを見つけます。

第2話

ヨハンは、落ち着きを取り戻したマギーに再び事件について聞きます。そして彼女は、初めに殺されたマイルズの検死を行った所から経緯を話し始めました。 話の発端は、マイルズが何者かによって殺害されていたことから始まります。マイルズの死を受けて隊長のエリックは、侵入者の可能性を否定できないとして全員で基地の外を捜索をすることに。 捜索の中でマギーは、ニルスが埋めた血のついたノコギリを発見します。パニックになったニルスは基地の鍵を閉め、他の隊員を締め出しました。

ヘザーが通気口を通って鍵を開け、隊員たちは基地に戻りますが、ニルスはランドリールームに監禁されます。しかしニルスも刃物で切られ、様子を見に来たアキの目の前で絶命しました。 マギーと話した後、ヨハン達はアニカが録音したと思われるSOS通信を傍受。通信を追って地下の保守通路へ向かうと、そこにはアーサーが潜んでいました。アーサーは、マギーから逃げていたと説明します。そしてマギーこそ犯人だ、と言うのです。

第3話

発見されたアーサーからの聞き取りにより、マギーが過去の面接時に嘘をついていたことが判明。ヨハンが嘘をついた理由を彼女に問いただすと、彼女の答えは「模範的な回答をした」とのことでした。 そして彼はこの件についてこれ以上確かめるすべがないと判断し、質問を変えニルスを発見した後のことを彼女に聞くことにします。 どうやらニルスの死因は失血死で、彼の死体にはV字の傷がつけられていました。当時このことを聞いた隊員たちは疑心暗鬼に陥り、険悪な雰囲気になります。そしてこのままでは救援が来るまで持たないと考えた彼らは、近くの基地に救助を求めることに。

救助隊はくじで決められ、エバがその任に就きます。しかしこのくじはエリックによって不正に行われたものだったのです。そして彼女が車のエンジンをかけたとたん、車は爆発してしまうのでした。 隊員たちが車の消火を終えると、錯乱した様子のエリックが銃を構えます。さらに彼を止めようと揉み合っているうちに銃が発砲し、流れ弾がヘザーに。それにより、動揺したエリックが逃げ出してしまいます。 そんな壮絶な話をマギーから聞き終えたとき、捜索隊がヨハンの妻・アニカの死体を発見。しかしその死体にはヨハンも知らない骨折の跡があり、アニカの死体ではない可能性が高まってきます。謎の死体は一体誰なのか……。

第4話

アニカだと思われていた焼死体は、アーサーの証言からポラリス5の火災事故で亡くなったサラ・ジャクソンのものだと判明。研究基地ポラリス5ではかつて火災事故が発生し、今は氷の下に埋まっているのでした。アーサーは事の経緯を説明し始めます。 アニカは氷の下に埋まるポラリス5へ向い、氷を掘り出して入り口を見つけ、無線機を探しSOSを出すことを提案しました。そしてかつてポラリス5に勤務していたアニカ、アーサー、ラモンの古参の3人がスノーモービルでポラリス5へ向かいます。 アキは、銃弾を受けたものの一命を取り留めたマギーに寄り添ってポラリス6に残りました。目を覚ましたマギーは、生き延びるためポラリス5へ向かうことを提案します。 マギーはアキを信じるために、彼の医療記録について聞き、アキはかつて精神を患い暴力事件を起こした過去を告白しました。

ポラリス5へ到着したマギーとアキは、アニカ、アーサー、ラモンと合流して、基地内部で無線機を探します。一同は、かつての火災事故の犠牲者であるサラ・ジャクソンの焼死体を見つけました。しかし懐中電灯が次々に切れ始め、手分けして無線機を探すことになります。 マギーは傷が痛むと嘘をついて仲間と別れ遺体を調べることに。そして彼女はサラの遺体の後頭部に骨折を見つけます。何かがおかしいと感じた彼女は、サラの名前が書かれたスーツケースの中から、血塗れのセーターを発見しました。マギーはサラが何者かに殺されたと悟ります。

第5話

ポラリス5に使えそうな通信設備はなく、隊員たちは基地へ戻ることに。マギーはサラの遺体をポラリス6へ運ぶことを提案しました。 マギーとアキが医務室へサラの遺体を運び込むと、誰かがドアを開けようとします。身の危険を感じたマギーは、慌てて鍵をかけました。その時停電が起きて、暖房が切れてしまいます。 凍えながら南極から戻ったら何がしたいか話をして、キスをする2人。その後彼らは通信室へ行き、電気系統と暖房を復活させますが、アキが何者かに襲われます。マギーは怯えながら談話室のサウナへ逃げ込み、犯人を待ち受けました。

アキを襲った犯人は、ラモンでした。マギーは身を守るためにダンベルでラモンを殺害し、アキの元へ戻ります。襲撃を受けたアキは生きていましたが、サラの遺体は奪われていました。ラモンには共犯者がいたのです。 マギーとアキは手がかりを探しにラモンの部屋へ行き、彼のスマホからポラリス5で撮られた集合写真を見つけます。その写真の中で笑うアーサーは、マギーが見つけたセーターを着ているのでした。 そんな中、突然銃声が鳴り響き、2人はアーサーの元へ駆けつけます。そこではエリックがアーサーがサラの遺体にしたことを怒って、銃口をアーサーに向けていました。 しかし一瞬の隙をついてアーサーはエリックを刃物で刺し、エリックが落とした銃を奪います。そしてアキはマギーを逃すことに成功。マギーはT3症候群を発症して動揺するアニカの元へ行き、「サラに何があったのか」と問いかけるのでした。

第6話

アニカはサラの死について話し出します。パーティーの最中、サラは彼女に電話が来たと言われ、電話を取るために談話室へ。 しかし電話というは嘘で、待ち伏せしていたアーサーがサラの髪を撫でてキスを迫るのでした。抵抗するサラを押さえ込もうとしたアーサーは、彼女の後頭部を硬いテーブルにぶつけるようにして殺してしまいます。 アニカはそんなアーサーを罵りますが、世界を救うため彼の研究を終わらせることはできないと主張。そして飛行機が着陸できるようになるまでの3週間、アニカはサラの死を隠蔽するよう隊員たちを説得します。 抵抗した隊員たちは、各々が抱える秘密を理由に脅され、最後は全員で基地に火を点けました。ヨハンはアーサーにサラ殺しの罪を問いますが、物的証拠はないためアーサーは開き直ります。

しかしマギーは新たに、アニカが雪上車でカナダ基地へ向かったことを思い出しました。ヨハンはカナダ基地方面で凍った雪上車を見つけ、中から凍死したアニカと血塗れのセーターが見つかります。それがサラ殺しの紛れもない証拠となり、アーサーは警察に連行されるのでした。 疑いの晴れたマギーは、母国へ戻ることになります。実はマギーの正体は、サラの娘オリヴィア・ジャクソン。元ポラリス5研究員のダミアンが、サラの2人の娘に真実を話し、基地から持ち出したセーターを渡していたのです。 そしてマギー(オリヴィア)は母の死の真相を探り、復讐を果たすために素性を偽りポラリス6に来たのでした。またマイルズ、ニルス、エバ、アニカ、アキの死も、手を下したのは彼女。そんな中、基地を離れるヘリの中でマギーは、アキの亡霊から「後悔はないか」と問われるのです。

Huluでは『THE HEAD』の動画が独占配信中!【2週間無料】

Huluではドラマ『THE HEAD』の動画が、見放題で独占配信中です。そのため観られるのは本サービスだけ! さらに本サービスでは2週間の無料トライアルを実施しているので、その期間中であれば本作を無料で視聴可能ですよ。 また人気の海外ドラマも多数配信中です。Huluでは全ての作品が見放題なので、もちろんトライアル期間中でも様々な作品を無料で観ることができます。ぜひ下のボタンから登録してみてください!

極限サバイバルミステリー『THE HEAD』のあらすじや概要は?

ドラマのあらすじ

暗闇と氷河に覆われる“長い冬”を迎えるにあたり、南極の科学研究基地の研究員たちは「越冬隊」の10名を残し、基地を去ることに。 しかし、半年にわたる冬のさなかに突如、基地と外界の交信が断絶。数週間後に研究員たちが基地に戻ると、そこには目も当てられない惨状が広がり、ほとんどの研究員が死亡、1名は行方不明、生存者2名になっていることが判明します。一体6カ月の間に、基地では何が起こったのか――。 異なるタイムラインの中で紐解かれていく謎。食い違う証言。この闇深き謎をめぐり、陸の孤島ともいえる南極の基地で、極限状態に置かれた人間たちが壮絶な心理合戦を繰り広げます。

大ヒット海外ドラマ「HOMELAND」のエグゼクティブ・プロデューサーが手掛ける超大型国際ドラマ!

『THE HEAD』は、エミー賞を獲得した大ヒット海外ドラマ『HOMELAND/ホームランド』のエグゼクティブ・プロデューサー、ラン・テレムが製作総指揮を務める世界規模の超大型国際ドラマ。 ヨーロッパ有数の製作会社であるMEDIAPRO STUDIOが先導する本作は、2020年6月12日に日本では「Huluオリジナル」として配信が決定しているほか、ヨーロッパの主要放送局をはじめとする世界23の国と地域で放送、そして各国の配信プラットフォームでの同時公開も決定しています。 そんな期待の大作に、日本からは山下智久がメインキャストとして参戦! 注目の『THE HEAD』の最新情報をお届けします。

日本から山下智久が参戦!

『THE HEAD』には、メインキャストのひとりとして山下智久が出演しています。山下が演じるのは、南極基地に戻ってきた研究員のひとり、アキ(Aki)。 今回、これほど国際色豊かなの作品への出演は初めてとなる山下は製作開始前、「重要人物の一人を演じるということで、責任とプレッシャーも感じていますが、できる限り作品にフィットする人物を作り上げていきたい」とコメントしていました。 しかし2019年9月には通訳なしの取材会で堂々と流暢な英語で回答し、スタッフやほかのキャストとの関係も良好であると語っています。 撮影開始当初は、不安になって戸惑うこともあったという山下ですが、「キャスト・スタッフとの距離が縮まるにつれて、それも徐々に改善されていき、当初よりはお互いにコミュニケーションをしっかり取れるようになったんです。このチームとは撮影や食事など、ずっと時間を共にしているので、今ではファミリーのような感覚になってきましたし、すごく大切な仲間です」とコメントしました。

キャスト・スタッフからも称賛の声!

また共演者やスタッフからは“Tomo”と呼ばれているという山下に対して、スタッフや共演者からは次々と称賛の声が。 「Tomo とは劇中でとても親密な関係を演じるので、一緒に関係を構築していくのがすごく楽しいです。みんなで一緒に撮影後にプールへ行ったり、Tomoも含めて毎日毎日、皆さんとの交流では刺激的なことや面白いことが起こるんです」と語るのはキャストのひとりであるキャサリン・オドネリー。 また彼の演技について、アメリア・ホイは「Tomo はとてもストイック。彼自身はとても優しくて礼儀正しい、愛すべき人なんですが、あるシーンでの芝居がとても恐ろしくて邪悪で……!それがと~ってもよかったんです!!」と絶賛しています。

国際色豊かな登場人物(キャスト陣)を紹介

ヨハン・ベルク/アレクサンドル・ウィローム

ヨハン・ベルクは夏季基地の隊長。越冬隊に選ばれたアニカの夫でもあります。 そんな彼を演じるのは、デンマーク出身の俳優アレクサンドル・ウィロームです。

マギー・ミッチェル/キャサリン・オドネリー

この投稿をInstagramで見る

Central Park after dark ???? Happy 50th @ralphlauren! What a night✨ #nyfw

KATHERINE LANGFORD(@katherinelangford)がシェアした投稿 -

マギー・ミッチェルは、越冬隊の医師。彼女は山下演じるアキと心を通わせていきます。 マギーを演じるのは、イギリス出身の女優キャサリン・オドネリーです。彼女は映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』(2018)などへの出演で知られています。

アーサー・ワイルド/ジョン・リンチ

アーサー・ワイルドは生物学者です。彼は非常に優秀な学者で、8年前に南極で行った研究が「伝説」として知られています。 ジョン・リンチはイギリス出身の俳優。彼は1981年の映画『スライディング・ドア』に出演しています。

エリック・オスターランド/リチャード・サメル

エリック・オスターランドは冬期基地の隊長。チームのために全力を尽くします。 エリックを演じたのは、ドイツ出身のリチャード・サメルです。彼は1997年公開の映画『ライフ・イズ・ビューティフル』への出演で知られています。

アニカ・ルントクヴィスト/ローラ・バッハ

アニカ・ルントクヴィストは遺伝子学者。彼女はヨハンの妻で彼を愛しています。 アニカを演じるのは、デンマーク出身の女優ローラ・バッハ。彼女はドラマ『Rita』で主演を務めています。

ラモン・ラザロ/アルバロ・モルテ

ラモン・ラザロは基地の調理師です。隊員とは仲が良いですが、何か秘密を抱えている様子。 そんな彼を演じるのは、スペイン出身の俳優アルバロ・モルテ。彼はNetflixで配信されているスペインのスリラードラマ『ペーパーハウス』への出演で知られています。

期待が高まる!製作スタッフ陣も豪華な顔ぶれ

『The Head』山下智久

先述の通り、本作の製作総指揮を務めるのは、大ヒット海外ドラマシリーズ『HOMELAND/ホームランド』のエグゼクティブ・プロデューサーとして知られるラン・テレム。 脚本を担当するのは、アレックスとデヴィッドのパストール兄弟。彼らは、ウイルス・パンデミック後の世界を描いた『フェーズ6』(2010年日本公開)や、世界規模で広場恐怖症が蔓延する『ラスト・デイズ』(2013年日本公開)など、多くのスリラー映画を手掛けてきました。 また、本作のメガホンを取るホルヘ・ドラドは、2013年の『記憶探偵と鍵のかかった少女』などで知られています。 スリラー、ミステリーで高い評価を受けてきたスタッフが終結する『THE HEAD』は、映画、海外ドラマファンも要注目です。

ドラマ「THE HEAD(ザ・ヘッド)」は23か国で配信中!動画はHuluで無料で観よう!

実績あるスタッフ、国際色豊かなキャスト、そして山下智久の出演でも注目が集まるドラマ『THE HEAD』。撮影は、アイスランドとスペインで約12週間かけて行われています。 そのなかで英語の演技はもちろん、スタッフや共演者とのコミュニケーションを通して、国際俳優の風格を漂わせ始めた山下智久に注目です。 2020年7月現在配信中の本作を、ぜひHuluで観てみてください!