2019年11月20日更新

ディズニーアニメ『白雪姫』のフル動画を無料視聴できる動画配信サービスを紹介

白雪姫
©T.C.D / VISUAL Press Agency

世界初の色彩長編アニメとして上映された、ウォルト・ディズニーの記念すべき第1作目の長編アニメーション『白雪姫』。本記事では、本作を無料視聴できる動画配信サービスについて紹介していきます。

目次

ディズニーアニメ『白雪姫』のフル動画は配信サービスで視聴できる?【無料】

ディズニーアニメ作品の中でも人気の高い『白雪姫』は、1950年にディズニーの最初の長編作品として公開されました。本作は、夢見る王子様との恋や小人たちの楽しい歌、お掃除をする動物たちなど、観る人をワクワクさせるストーリーとファンタジー溢れる演出が満載です。 本記事では、本作を無料視聴できる動画配信サービスについて紹介していきます。

ディズニーアニメ『白雪姫』のフル動画を配信中のサービス一覧【無料あり】

VODサービス 見放題・無料レンタル 有料レンタル
U-NEXT 〇(ポイント使用)
ビデオマーケット 〇(ポイント使用)
TSUTAYA TV/DISCAS 〇(ポイント使用)
amazonプライムビデオ
dTV
hulu × ×
FODプレミアム × ×
ビデオパス × ×

アニメ映画『白雪姫』は、5つの動画サービスで配信中です。 U-NEXT、ビデオマーケット、TSUTAYA TV/DISCASでは、初回入会時にもらえるポイントを使用し、実質無料で視聴可能。amazonプライムビデオとdTVでは、本作のレンタル配信を行っています。 次の項目では、U-NEXT、ビデオマーケット、amazonプライムビデオの詳細について紹介しますので、気になるサービスがあれば登録してみてください!

U-NEXTでフル動画を無料で視聴する

サービス名 U-NEXT(ユーネクスト)
無料期間 31日間
付与ポイント 初回600ポイント/毎月1,200ポイント
種類 月額定額
料金(税込) 月額1,990円(うち1200円分のポイント含む)
メリット ・配信作品数150,000本以上(2019/7現在)
・最大4つまでアカウント作成可能
・ダウンロード利用可能
デメリット ・月額料金がお高め

U-NEXTでは、アニメ映画『白雪姫』の動画が330円でレンタル配信されています。 ですが、本サービスの初回入会時に600円分のポイントがもらえるので、そのポイントを使って本作を無料で視聴可能です。

ビデオマーケットでフル動画を無料で視聴する

サービス名 ビデオマーケット
無料期間 初月
付与ポイント 毎月540ポイント
種類 月額定額
料金(税込) 月額500円(ポイント)
月額980円(ポイント+見放題)
メリット ・取り扱い作品数が国内最大
・月額料金が安い
・倍速再生などの機能付き
デメリット ・追加料金が多い
・無料配信数が少ない
・ダウンロード再生ができない

ビデオマーケットでは、『白雪姫』の動画が330円でレンタル配信されています。 U-NEXTと同じく、本サービスの初回入会時に540円分のポイントがもらえるので、そのポイントを使用することで無料で本作を観られますよ。

amazonプライムビデオでフル動画を視聴する

サービス名 amazon プライムビデオ
無料期間 30日間
種類 年会費
料金(税抜) 月463円
年4,537円
年2,268円(学生のみ)
メリット ・他サービスに比べてコスパが良い
・オリジナル作品が面白い
・amazon music等、その他特典が良い
デメリット ・アプリからビデオレンタルができない
・機能的が一部あまり良くない
・クレジットカードが必須

amazonプライムビデオでは、『白雪姫』の動画が300円でレンタル配信中。 本作を外出先でも視聴したい場合、本サービスの動画ダウンロード機能を使うことで、いつでも好きな時に視聴することができます。

youtubeでも動画を無料で視聴できる?

PC Netflix 動画 フリー画像

youtubeなどの動画サイトで、映画・ドラマ本編が視聴できることがあります。しかし、これらの動画はすべて一般ユーザーによって違法にアップロードされたものがほとんどなので、決して観ないようにしてください! 違法にアップロードされた動画は、画質が悪く、音も小さいなどデメリットがたくさんあります。また、こういった動画を視聴してしまうと、パソコンがウイルスに感染したり、大量のポップアップ広告が出現したりするなど、思わぬリスクを負う可能性が! 本記事で紹介する動画配信サービスを利用すれば、イヤな思いをせず快適に動画を楽しむことができますので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

ディズニー『白雪姫』のあらすじ

森の城に住む少女・白雪姫は、雪のように透き通った肌と漆黒の美しい黒髪をもつ心優しいお姫様。そんな彼女の美貌を妬む女王は、自分が世界で一番美しい存在になるため、白雪姫を殺そうとします。 女王を裏切った家来のおかげで、森の奥へと逃げることができた白雪姫は、そこでかわいらしい小さな家を見つけました。その家は、鉱山で宝石を掘る7人の小人たちの家でした。そうとは知らず、動物達と家中の掃除をした白雪姫は疲れて眠り込んでしまい……。

本作の登場人物・声優を紹介!

白雪姫/CV.アドリアナ・カセロッティ

明るく優しい心をもつ14歳の美少女・白雪姫は、森の奥にある城の王女です。彼女は、意地悪な継母である女王からその美しさを妬まれてしまいます。 白雪姫の声を担当した女優のアドリアナ・カセロッティは、ウォルト・ディズニーにスカウトされて、白雪姫役を射止めました。 彼女は、映画『オズの魔法使』や映画『素晴らしき哉、人生!』にも出演していますが、クレジットに彼女の名前が出ていないため、あまり知られていない様です。

女王(魔女)/ルシール・ラバーン

白雪姫の継母である女王は、自分が世界で一番美しいものであることを望む、高慢で残忍な性格の人物。彼女は老婆の姿に変身し、白雪姫に毒入りリンゴを食べさせようとします。 ディズニー最初の悪役である女王の声を演じたのは、女優のルシール・ラバーンです。彼女は1888年からブロードウェイデビューし、舞台女優と活躍します。本作で女王役を演じたことが、最も彼女の名を広めることとなりました。

本作の見どころを紹介!

思わず口ずさんでしまう楽しい歌が盛りだくさん!

ディズニー映画といえば、キャラクターたちが歌うミュージカル調の歌が欠かせません!『白雪姫』にも「いつか王子様が」をはじめ、たくさんの歌が登場します。 特に「いつか王子様が」や小人たちが歌う「ハイ・ホー」は、ディズニーランドでも流れていたりするので、一度は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか? また、動物達と一緒に小人の家を掃除するときに白雪姫が歌う「口笛ふいて働こう」のシーンは、映画『魔法にかけられて』でもパロディとして描かれているのです。

トラウマ確実!不気味な魔女が怖い

白雪姫を亡きものにするため魔女に変身した女王ですが、その容姿と雰囲気が本当に怖い!黒いマントにイボのある鷲鼻、ぎょろっとした大きな目。小さい頃に観たら絶対に忘れられないことでしょう。 公開から長い年月が経った今も、ディズニーの名ヴィランとして語り継がれている魔女。この魔女の存在があってこそ、『白雪姫』のストーリーがより魅力的になっていると言っても過言ではありません!

おすすめ関連作品の紹介

白雪姫と並ぶ人気のディズニープリンセス 映画『シンデレラ』

ディズニープリンセスが登場する作品の中でおすすめしたいのが、1950年公開のアニメ映画『シンデレラ』です。本作は『白雪姫』と同じくグリム童話を原作とし、ディズニーオリジナルの解釈で描かれた少女・シンデレラのサクセスストーリーが描かれています。 誰もがどこかで聞いたことがある「ビビデ・バビデ・ブー」など楽しい音楽や、人だけでなく個性的で愉快な動物たちが登場します。辛い時も夢を信じて頑張るシンデレラの姿が、多くのファンに指示されている作品です。

グリム童話「白雪姫」を新たな解釈で描いた映画『白雪姫と鏡の女王』

映画『白雪姫と鏡の女王』は、映画『ザ・セル』のターセム・シン・ダンドワール監督が、今までにない解釈で童話「白雪姫」を実写化した作品です。王子を奪われた白雪姫が、仲間たちの協力を得て妥当女王を目論むという斬新なストーリーが話題となりました。 主演のジュリアロバーツは、白雪姫から王子を強引に奪う女王役を、白雪姫役を期待の新人リリー・コリンズが演じています。また、日本人衣装デザイナー・石岡瑛子が手掛けた煌びやかな衣装の数々にも注目です!

一目会った王子様とは恋に落ちない!?ディズニー映画『魔法にかけられて』

映画『魔法にかけられて』は、アニメ世界のプリンセスが現実世界に迷いこんだことから起こる騒動と、新たな恋を描いた作品です。 白雪姫をはじめディズニープリンセスといえば、初めて会った王子とすぐ恋に落ちてしまうというイメージがありますが、本作ではこれまでのセオリーを覆す新たな恋の形が描かれていてとても新鮮! また、歴代のプリンセス作品で登場する有名なシーンがパロディとして登場するのも面白いので、ぜひチェックしてみてください。

配信サービスでディズニーアニメ『白雪姫』のフル動画を視聴しよう【無料】

以上、ディズニーアニメ『白雪姫』を無料視聴できる動画配信サービスについて紹介してきました。 女の子なら誰もが憧れるプリンセスストーリーに、思わず胸キュンしてしまうことでしょう。ぜひ、紹介した配信サービスを利用して、視聴してみてはいかがでしょうか?