2019年6月5日更新

映画「トイストーリー」の動画を今すぐ観るには?【一部無料あり】

『トイストーリー』 (ゼータ)
© Walt Disney Pictures

1995年に記念すべき1作目が公開され手から、2作目、3作目と発表されたピクサーの人気シリーズ「トイストーリー」。子供だけでなく、大人も笑って泣ける本シリーズを配信中のサービスを一挙紹介。

「トイストーリー」の動画を今すぐ配信サービスで観よう【無料あり】

1995年に1作目が公開された、ディズニーピクサーの映画「トイストーリー」シリーズ。 2019年7月にはシリーズ4作目、『トイストーリー4』も公開される本シリーズは、多数のVODサービスで配信が行われています。本記事では「トイストーリー」シリーズ全作品を配信中のサービスをまとめて紹介します。 気になっている人はぜひ参考にしてくださいね。

「トイストーリー」の動画を配信中のサービス一覧【一部無料あり】

シーズン U-NEXT ビデオマーケット amazon
プライムビデオ
dTV ビデオパス TSUTAYA TV
/DISCAS
トイストーリー
トイストーリー2
トイストーリー3

「トイストーリー」シリーズの描く作品は上記のサービスで配信が行われています。

U-NEXTは「トイストーリー」の動画をレンタル配信中【1本は実質無料】

サービス名 U-NEXT(ユーネクスト)
無料期間 31日間
種類 月額定額
料金(税込) 月額1,990円(うち1200円分のポイント含む)
メリット ・配信作品数140,000本以上
・最大4つまでアカウント作成可能
・ダウンロード利用可能
デメリット ・月額料金がお高め

U-NEXTでは「トイストーリー」シリーズが全ての作品がレンタル対象作品として配信されています。 U-NEXTは初回登録時に新作や人気作のレンタルに使用することができるポイントが600ポイント付与されるので、そのポイントを使用することで本作を実質無料で1作だけ鑑賞することができます。

U-NEXTではその他にもこんな映画を配信中!

「トイストーリー」の動画はビデオマーケットでも実質一本無料【レンタル】

サービス名 ビデオマーケット
無料期間 初月
種類 月額定額
料金(税込) 月額500円(ポイント)
月額980円(ポイント+見放題)
メリット ・取り扱い作品数が国内最大
・月額料金が安い
・倍速再生などの機能付き
デメリット ・追加料金が多い
・無料配信数が少ない
・ダウンロード再生ができない

ビデオマーケットでも、「トイストーリー」シリーズが配信中。こちらもポイントを使用して、実質無料で1作だけ視聴することができます。

amazonビデオでは「トイストーリー」の動画をレンタル配信中

サービス名 amazonビデオ
種類 都度課金
料金 500円〜
特徴 ・レンタル、購入の2種類
・amazon会員なら1クリックでレンタル可能

amazonビデオでも、「トイストーリー」シリーズはレンタル配信中。各作品300円からレンタルすることができます。

映画「トイストーリー」シリーズのあらすじ

『トイストーリー』のあらすじ

映画『トイストーリー』は、1995年に公開された「トイストーリー」シリーズの1作目。 少年アンディのおきにいりのおもちゃはカウボーイの人形ウッディ。アンディはウッディをはじめとした多くのおもちゃで毎日遊んでいるのですが、そんなおもちゃたちには実は大きな秘密があります。その秘密とは、命があり、自ら動き、話すこと。 あるアンディの誕生日に、バズ・ライトイヤーがおもちゃたちの仲間入りすることから物語が進んでいきます。最新の技術を駆使して作られたバズにアンディは夢中になってしまい、ウッディは面白くありません。 そんな中、ある日アンディに連れられて訪れたガソリンスタンドで、ウッディとバズははぐれてしまいます。そんな彼らを拾ったのは近所に住む「おもちゃ殺し」と呼ばれる悪ガキで……。 おもちゃたちとアンディ、おもちゃ同士のきずなを描いた感動のものがたりです。

『トイストーリー2』のあらすじ

2010年に公開された、「トイ・ストーリー」シリーズの2作目『トイストーリー2』。 前作で訪れた危機を共に乗り越え、親友となったウッディとバズ。本作の物語は、ある日ウッディの肩がほつれてしまったところから始まります。肩がほつれたことによって、つれて行ってもらうはずだったカウボーイキャンプに行けなくなってしまったウッディはとても落ち込みます。 そんな中アンディの家で不用品のガレージセールで、おもちゃの仲間のウィージーが売りに出されることに!彼を助けようとしたウッディは、代わりに自分がガレージセールでアルというおもちゃマニアの男性に勝手に連れていかれてしまいます。 このアルによって新品同様に磨かれたウッディは、自分が以前の人気番組の主役で、レアグッズであることを知ります。そして、同じ番組内のカウガール・ジェシー、金鉱掘りのプロスペクター、ウッディとジェシーの愛馬であるブルズアイと出会います。 実はアルは日本のおもちゃ館に、ウッディを含めた仲間たちをセットで売ろうとしていることが判明し、いつか飽きられてしまうただの誰かのおもちゃとして生きるか、おもちゃ館で綺麗なままずっと仲間と一緒に生きて行くかの選択を迫られますーー。

『トイストーリー3』のあらすじ

シリーズ3作目に当たるのは、2010年に公開された『トイストーリー3』。 1作目から10年の月日が流れ、アンディは大学進学を控えており、寮に引っ越すに伴いウッディ以外のおもちゃを置いて行くことを決意しました。残されたおもちゃは「ガラクタ」と言われたことにショックを受け、託児所に寄付されるダンボールにみんなで入り込みました。 託児所についたおもちゃたちは託児所の素晴らしさをクマのぬいぐるみのロッツォから聞かされ、ウッディの説得も虚しく、託児所にとどまることを決意します。途方にくれるウッディは4歳の少女・ボニーにひろわれ、彼女に遊んでもらっているうちに、人に遊んでもらえる喜びを噛みしめるのでした。 その頃、託児所でバズやジェシーたちは扱いの悪い年少組「いもむし組」に割り振られ、辛い日々を送っていました。実はこの託児所はロッツォの恐怖支配が行われており、新入りは「いもむし組」で壊されて捨てられる、というのが実態であったのです。 それを知ったウッディは彼らを助けるべく、救出作戦を決行します。果たしてウッディたちの運命やいかにーー。

映画「トイストーリー」シリーズのキャラクター/声優キャスト

ウッディ / トム・ハンクス / 唐沢寿明

カウボーイの人形で、やさしく、みんなから頼られるおもちゃたちのリーダー、ウッディ。アンディの一番のお気に入りであり、いつも自信満々ですが、バズ・ライトイヤー登場により、その立場がおびやかされないかと心配する一面もあります。 そんなウッディを演じるのは、俳優のトム・ハンクス。『フィラデルフィア』『フォレスト・ガンプ/一期一会』ではアカデミー賞主演男優賞をはじめ多くの作品で受賞歴のある、ベテラン俳優です。 また、ウッディの日本語吹き替えを担当しているのは、俳優の唐沢寿明。2002年にドラマ『愛という名のもとに』でブレイクを果たし、その後2002年の『利家とまつ〜加賀百万石物語〜』、2003年のドラマ『白い巨塔』など、多くの作品に出演を果たしています。本シリーズは彼の声優としはデビュー作にあたり、その後アニメ映画『ポーラー・エクスプレス』などでも吹き替えを担当しています。

バズ・ライトイヤー / ティム・アレン / 所ジョージ

アンディの誕生日に、新たに仲間入りしたバズ・ライトイヤー。最新のおもちゃで、自分が本当のスペースソルジャーだと信じていまいたが、ウッディによっておもちゃなのだと気づかされ意気消沈する姿をみせます。 バズ・ライトイヤーを演じるのは、コメディで活躍しているティム・アレンです。2010年にはコメディ映画で監督デビューも果たしています。 バズの日本語吹き替えを担当したのは、所ジョージ。シンガーソングコメディアンを自称し、フォークソング歌手、タレント、俳優、声優、司会など、幅広い活躍を見せているマルチタレントです。本作以外には2008年の『崖の上のポニョ』でポニョの父親・フジモト役なども彼が吹き替えを行なっています。

レックス / ウォーレス・ショーン / 三ツ矢 雄二

恐竜のおもちゃのレックス。彼は、恐ろしそうな恐竜の見た目とは裏腹に、とてもフランクな性格をしており、怖がりで臆病な面も持っています。 レックスの声を演じるのは俳優だけでなく劇作家としても活躍しているウォーレス・ショーンです。本作だけでなく『チキン・リトル』や『モンスターズ・インク』など他の多くの作品でも、声の出演を行っているベテラン俳優です。 レックスの声を担当した三ツ矢雄二は、アニメから洋画吹き替えまで幅広く務めるベテラン声優。本作以外には、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズなどで知られるマイケル・J・フォックスの吹き替えや、『タッチ』の上杉達也、『ライオン・キング』のティモン、『リロ・アンド・スティッチ』のプリークリーなどで知られています。

映画「トイストーリー」シリーズの見どころ

『トイストーリー』 (ゼータ)
© Walt Disney Pictures

『トイストーリー』は劇場公開された長編アニメーションの中で初のフルCGとなっており、本作の監督であるジョン・ラセターは制作チームの統括がたたえられアカデミー特別業績賞を受賞しています。 加えて、アカデミー脚本賞にも、獲得にはいたらなかったものの、ノミネートされています。なお2作目『トイストーリー2』はゴールデングローブ賞作品賞を受賞し、3作目『トイストーリー3』では、アカデミー賞長編アニメーション賞と主題歌賞を受賞しています。 また本作の中では、アメリカの中流階級の子供たちがモデルとなっており、劇中には、実際に販売されていたおもちゃも多く登場しています。

映画「トイストーリー」シリーズ好きに送るおすすめ作品

モンスターたちは子供を怖がらせて生活していた!

子供たちの怖がる悲鳴をエネルギーに変換するモンスターたちの世界の会社が舞台の作品『モンスターズ・インク』。 ナンバーワンの怖がらせ屋サリーは、ある日、不注意でモンスターの世界に入り込んでしまった人間の女の子ブーと出会います。ブーを人間界に返そうと、サリーと仲間のマイクは奮闘する、ファンタジーアクションアニメです。 人間を怖がる様々なモンスターが恐ろしくもチャーミングに描かれています。

主人公は傲慢なレーシングカー!車が生活する世界を描いた傑作

人気天才レーサーライトニング・マックイーンは、自身の傲慢さゆえに、チーム静止をふりきって、大事なレースまえに路頭に迷ってしまいます。 そんな中、田舎町ラジエーター・スプリングスに迷い込み、そこで様々な人と出会い、学び、鍛えられます。マックイーンの成長とラジエーター・スプリングスの人々との友情が、描かれたストーリーになっています。

現実社会への風刺たっぷりに描かれた、動物の世界とは

史上初のウサギの警察官ジュディ・ホップスは、かっこいい警察官の生活に期待を膨らませ、ズートピアにやってきましたが、ウサギということで他の警察官からなめられる現実にがっかりします。 それでも、早く一人前の警察官として認めてもらおうと、頑張って仕事をこなしますが、来る仕事は雑用ばかり。そんな中、なんとか署長と交渉して、条件付きで捜査に参加させてもらうことになります。ジュディの努力と、彼女の新たな仲間との出会いを描いたサクセスストーリーです。