2021年10月16日更新

アニメ『ぼくらの』の動画を無料で配信中のサブスクはここ!【1話〜最終話まで】

ぼくらの
©2007 鬼頭莫宏・小学館/ゴンゾ

アニメ『ぼくらの』の動画を無料で配信中のサブスクを紹介!

アニメ『ぼくらの』の作品概要

原題『ぼくらの』
放送年2007年
ジャンルヒューマンドラマ
話数全24話
制作国日本
言語日本語

『ぼくらの』のあらすじ

夏休みに自然学校にやってきた15人の少年少女たち。まだ小学生の宇白可奈を除いて、彼らはとある洞窟でココペリと名乗る謎の人物と出会い、ある契約を交わしてしまいます。 契約の内容は、巨大ロボ・ジアースを操縦して現れた敵と戦うというもの。戦闘で負けるもしくは勝負がつかないまま48時間経ってしまうと、地球が破滅し全人類が絶滅してしまうというペナルティがあります。 巨大ロボは操縦士の生命力で動いているため、子どもたちは戦闘が終わると、勝敗に関わらず死ぬことに。少年と少女たちは極限状態の中、自らの人生や家族、社会について考えるのでした。彼らが戦わなければならない理由は何なのか? 地球の命運は、少年少女たちに託されました。

『ぼくらの』の主なキャラクター&声優

コエムシ役/石田彰

コエムシは、少年少女たちに巨大ロボ・ジアースの情報や戦闘を教えるマスコットキャラクター。ぬいぐるみのようなカワイイ外見ですが、戦いの意義などについての鍵を握っています。 コエムシの声を務めるのは、声優の石田彰。彼にしか出せない魅惑の声質は石田ボイスと呼ばれ、少女から青年の役まで幅広いキャラクターを演じ分けます。石田は多数の人気作に出演しており、アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の渚カヲル役や、アニメ『銀魂』桂小太郎役などが特に有名です。 『ぼくらの』では、葛藤する子どもたちに容赦ないセリフを投げつけるコエムシの冷たい声を巧みに表現しています。

和久隆(わくたかし)役/阪口大助

和久隆は、自然学校にきた少年少女たちの中心にいるムードメーカー。彼は小学校の頃にサッカーで素晴らしい実績を残し、それを誇りに思っています。しかし、父親が子供のころに自分よりも才能のあるサッカー選手だったと知り、サッカーをする意味を見失ってしまいました。 彼は、巨大ロボ・ジアースの一人目のパイロットに選ばれ張り切りますが……。 和久隆の声を務めたのは、声優の阪口大助。彼はアニメ『機動戦士Vガンダム』のウッソ・エヴィン役や、アニメ『銀魂』の志村新八役で知られています。本作では、若々しい少し高めの声で和久隆の明るさと苦悩を表現しました。

『ぼくらの』の見どころ

見どころ①:子どもたちを取り巻く人間関係

『ぼくらの』の魅力は、巨大ロボ・ジアースに乗り込んで戦わなければならないという極限状態が待っていることで、少年少女たちそれぞれが、家族とのリアルな人間関係を見せてくれることです。 例えば、ムードメーカーの和久隆は自分のサッカーの実績に自信を持っていますが、父親が子供のころ自分より優れた選手だったにも関わらず、今はサッカーと全く関係のない仕事をしているということで深く悩みます。 本作は、現実社会でも起こり得る子どもたちのリアルな葛藤が、極限状態で浮き彫りになっていくのが印象的で深いテーマのアニメなのです。

見どころ②:実はみんなの心の中で起こっている物語

本作は、それぞれのキャラクターのリアルな人間関係が描かれるうえ、さらには子供たちがジアースに乗って敵と戦って死んでしまう、というかなり重いストーリーになっています。 この一連の流れは、思春期を迎える少年少女たちが、子どものころの悩みにケリをつけて大人になっていくことのメタファーであると考えられるのではないでしょうか。 人は子どもの時の悩みに自分なりの答えが出せても出せなくても、いつまでも悩むわけにはいきません。そこで本作では、死亡という形で思春期を終わらせているようにも取れます。 現実の少年少女たちが、思春期を乗り越える際の心の葛藤と似た過程が強烈に表現されているからこそ、本作は観る人の心に突き刺さるのです。

アニメ『ぼくらの』の関連作品

巨大宇宙船で旅をする人類の運命は?アニメ『シドニアの騎士』

『ぼくらの』のような、人類が命運をかけて巨大ロボで戦うという物語が好きな人にオススメなのが、アニメ『シドニアの騎士』。 本作は、外宇宙生命体に太陽系が破壊されてしまった後の宇宙を舞台に、残された少数の人類が巨大な宇宙船・シドニアで旅をしながら出現する敵と戦うという物語です。 『ぼくらの』よりもロボットアニメ感は強いですが、任務に失敗したら人類が滅亡という設定や、生きる意味について問いかけるというテーマが似ています。

平成のファーストガンダム!アニメ『機動戦士ガンダムSEED』

『ぼくらの』で、コエムシ役を務めた石田彰の声をもっと聴きたいという人に勧めたいのが、2002年放送のアニメ『機動戦士ガンダムSEED』です。 本作は、遺伝子操作で作られた優秀な能力を持つ新人類・コーディネイターが誕生し、人類が2つに別れ人型機動兵器モビルスーツで戦うというストーリーが描かれています。 石田彰は、超優秀で冷静沈着な第2の主人公・アスラン・ザラ役を演じ、視聴者から高い評価を受けました。生まれつきの能力の価値や、同じ人間同士で争うことの無意味さを描いた傑作です。

一大ブームを巻き起こした名作の劇場版!映画『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』

1997年に公開された劇場版『新世紀エヴァンゲリオン』は、アニメ版エヴァンゲリオンのラストを個々の登場人物にスポットを当ててリメイクしたものです。 本作は巨大な人型兵器に乗り込み、使徒と呼ばれる存在と戦う少年少女の物語。それぞれのキャラクターの苦悩が描かれており、『ぼくらの』のように少年少女たちの心の苦しみや葛藤が描かれている名作です。 また、『ぼくらの』でコエムシ役を務めた石田彰が、主人公・シンジを混乱の渦に巻き込んでいく渚カヲル役で出演しています。

動画配信サービスでアニメ『ぼくらの』を無料で視聴しよう!

以上、アニメ『ぼくらの』のあらすじや見どころ、無料で視聴できる動画配信サービスを紹介してきました。 子どもたちが巨大ロボに乗って死んでゆく運命と向き合う異色のストーリーを、ぜひ紹介した配信サービスを利用して視聴してみてください。