2021年12月1日更新

アニメ『ヨスガノソラ』の動画を配信中のサブスクはここ!【1話〜最終話まで】

ヨスガノソラ
(C)Sphere/奥木染町内会

アニメ『ヨスガノソラ』の動画を無料配信中のサブスクを紹介!

アニメ『ヨスガノソラ』は、同名の18禁の恋愛アドベンチャーゲームを原作として、2010年に放送されました。いわゆる「エロゲー」原作で、原作そのままの表現というわけではありませんが、性的な要素が強い作品のため、R15指定となっています。

過激すぎる!?注目のエロアニメ『ヨスガノソラ』

アダルトゲームを原作としており、性的な要素の多い本作では、他のアニメでは観られない過激なシーンを観ることができます。 1話からヒロイン・穹が自慰行為をしている描写が挿入され、ヒロイン・奈緒の入浴シーンも、湯気などで隠されることなく描かれています。4話から最終話までは、ヒロイン達と実際に性行為をするシーンまで描かれていました。 おまけとして付属している映像も過激なものが多いです。エンディングでもかなり際どい表情、体勢のヒロイン達が見られるなど、エロ描写が類を見ないほど多い作品となっています。一般アニメの中で、エロい要素があるアニメを観るならこれ!と言えるほど代表的な作品です。

ゲーム版との違いは?

原作ゲームは、5人のヒロインそれぞれと個別に恋愛するアドベンチャーゲームであるため、ヒロイン1人1人に対する内容はかなり濃いものとなっています。アニメ版では全12回の放送でそれを表現しようとしているため、ヒロイン1人に対して触れられる内容は必然的に薄くなっていました。 また、ストーリーについても変更が加えられており、例えば原作ではヒロイン・穹との恋愛中は穹一筋な悠ですが、アニメ版では浮気をしています。キャラ設定、ストーリー共にアニメ版では変更が加わっていると言えます。

『ヨスガノソラ』のあらすじ・キャスト

放送年2010年
ジャンルエロ、ヒューマンドラマ
話数全12話

『ヨスガノソラ』のあらすじ

両親を交通事故で亡くした双子の兄妹、春日野悠(かすがのはるか)と穹(そら)。2人はそれまで住んでいた都会から、山奥の田舎町・奥木染町(おくこそめちょう)に引っ越し、今は亡き祖父母の家で暮らすことにしました。 奥木染町は、都会とまったく生活スタイルが異なり、バスは1日たったの2本。携帯電話もほどんどの人が持っていない、最寄りのコンビニまで車で30分という超がつくほどのド田舎です。 悠はクラスメイトで巫女の天女目瑛(あまつめあきら)や近所の女性たちと、閉鎖的な空間で個性的な恋愛を繰り広げていきます。

『ヨスガノソラ』に登場する主なキャラクター&声優

春日野悠(かすがのはるか)/下野紘

春日野悠は本作の主人公の少年で、穂見学園1年生。お人好しな性格で顔立ちも整っており女性にモテますが、本人は気づいていません。両親を交通事故で亡くし、双子の妹・穹と一緒に今は亡き祖父母の家がある奥木染町へ越してきました。 春日野悠の声を務めたのは声優・下野紘。アイムエンタープライズに所属。2002年放送のアニメ『ラーゼフォン』の主人公・神名綾人役に抜擢され、その後は2016年の『ジョーカー・ゲーム』の三好役や、2019年の『鬼滅の刃』我妻善逸役など、話題作に多数出演しています。

春日野穹(かすがのそら)/田口宏子

悠の双子の妹である春日野穹。悠と同じ、薄い銀のような色の長い髪が特徴的です。大人しい性格であり、悠と2人きりのときには出不精で面倒くさがりという一面も見受けられます。幼いころから病気がちであったため、背は低く線が細い体型です。自分勝手な面はありますが、悠のことを大切に想っていることは見て取れます。 春日野穹の声を務めたのは声優・田口宏子です。2013年のアニメ『ワルキューレロマンツェ』のリサ・エオストレ役や、アニメ『グリザイアの果実』(2014年)シリーズの周防天音役などで知られています。

天女目瑛(あまつめあきら)/阪田佳代

天女目瑛は悠のクラスメイト。叉依姫神社の管理人兼巫女であり、神社に1人で住んでいます。いつも笑顔で周囲を元気付けてくれる女の子です。背は低いですが、体力には自信あり。複雑な自分の生い立ちから、人との距離を置いてしまうことがあります。 天女目瑛の声を務めたのは声優・阪田佳代です。2005年放送のアニメ『ぱにぽにだっしゅ!』の鈴木さやか役や、2011年発売の恋愛ゲーム『Strawberry Nauts ストロベリーノーツ』の寿々苗穂海役などで知られています。

『ヨスガノソラ』の見どころ

見どころ①:ヒロインの数だけ恋愛のカタチがある

アニメ『ヨスガノソラ』の見どころは、主人公の悠が複数のヒロインとさまざまなタイプの恋愛をしていくところです。ヒロインは、巫女の瑛(あきら)をはじめ、年上の奈緒、お嬢様の一葉(かずは)、メイドの初佳(もとか)といった個性的な顔ぶれが揃っています。 悠はそれぞれの女性と相思相愛になるのですが、相手が変わると恋愛の仕方も自ずと変わります。人の数だけ色々なカタチの恋愛があるのだと教えてくれるような、興味深い作品です。

見どころ②:都会とは異なる田舎の独特な人間関係

田舎の奥木染町での人間関係は、都会のそれとはまったく違います。近所の人はみんな知り合いで、横同士の結びつきが強い反面、過去のイザコザが人間関係に影を落とすこともあるのです。 都会のような慌ただしさがない田舎町だからこそ、主人公の悠は女性や人間の本質により深く触れることができるのかもしれません。『ヨスガノソラ』は、のどかな風景と人の生々しさを描いた、独特な雰囲気を味わえる作品です。

『ヨスガノソラ』の自然豊かな舞台はどこ?聖地巡礼しよう

物語の舞台である「奥木染町」のモデルとなったのは、栃木県足利市の樺崎町周辺であると言われています。本作の映像と樺崎町の風景を見比べてみるとそっくりであるため、モデルと捉えて間違いなさそうです。 本作のヒロインの1人である天女目瑛が住む「叉依姫神社」などは、樺崎町にある神社「樺崎八幡宮」と瓜二つ。また、本作で時折挿入されている赤い鳥居の映像は、樺崎町にある「芦ノ湖」という湖からの景色とそっくりです。 他にも、風景として描かれている駄菓子屋や橋などの映像とほとんど同じ風景を、樺崎町では実際に見ることができます。 アニメ『ヨスガノソラ』のファンになった人は、樺崎町周辺で作中の風景を探してみても楽しいですね!

アニメの結末って?心中と言われる理由は?【ネタバレ注意】

ネタバレとなってしまいますが、アニメ『ヨスガノソラ』の結末を兄妹の心中だと捉える人が多いことに触れておきます。

悠と穹の禁断の関係が周囲にバレてしまい、今後どうするべきかで兄妹は衝突し、穹は家を出ます。穹が向かったのは神社の裏の湖でした。 泳げない穹を追って、悠も入水します。湖から上がった後場面は転換され、ラストシーンで兄妹は異国風の電車に乗っていました。 11話で瑛が話していた「人生をやり直せる」という言葉は、禁断の関係性を持ってしまった2人が、本当に人生をやり直そうと心中に至ったことの伏線だったのではないでしょうか。

『ヨスガノソラ』の気になる疑問とQ&A

『ヨスガノソラ』を配信しているサービスは?

2021年11月現在、『ヨスガノソラ』を配信しているサービスは「U-NEXT」です。その他、FODプレミアムなどでも配信中です。

『ヨスガノソラ』はどんな人におすすめ?

アニメ『ヨスガノソラ』は、エロい要素もストーリーも両方楽しみたい大人におすすめしたい作品です。エロの要素の強い作品ではありますが、兄妹の禁断の愛をテーマとしており、最終話における2人の葛藤と衝突には多く考えさせられます。

動画配信サービスでアニメ『ヨスガノソラ』を無料視聴しよう!

アニメ『ヨスガノソラ』のあらすじや見どころ、無料で視聴できる動画配信サービスを紹介してきました。 田舎に引っ越した主人公・悠を通じて、さまざまな女性の恋愛観を楽しめる本作。動画配信サービスの無料体験期間を利用して、タダで楽しみましょう!