2021年12月27日更新

映画『窮鼠はチーズの夢を見る』の動画を配信中のサブスクはここ!【無料で観られる】

映画「窮鼠はチーズの夢を見る」
©水城せとな・小学館/映画「窮鼠はチーズの夢を見る」製作委員会

映画『窮鼠はチーズの夢を見る』の動画を配信中のサブスクを紹介!

『窮鼠はチーズの夢を見る』は2020年に公開された映画作品です。原作は水城せとなの同名漫画『窮鼠はチーズの夢を見る』と漫画『俎上の鯉は二度跳ねる』で、関ジャニ∞の大倉忠義が主演を務めたことで話題になりました。 この記事では本作を配信中のサービスを紹介していきます。

映画『窮鼠はチーズの夢を見る』を配信中のサービス一覧

映画『窮鼠はチーズの夢を見る』の作品概要

原題『窮鼠はチーズの夢を見る』
公開年2020年
ジャンルヒューマンドラマ、恋愛
再生時間130分
制作国日本
言語日本語

『窮鼠はチーズの夢を見る』のあらすじ

学生時代から相手任せの恋愛を繰り返してきた浮気性の大伴恭一(大倉忠義)は、ひょんなことから大学時代の後輩・今ヶ瀬渉(成田凌)と7年ぶりに再会します。 実は渉は大学卒業後調査員の仕事をしており、恭一の妻の依頼で彼の浮気調査をしていました。 そんな渉に「昔からずっと好きだった」と告白され、戸惑いを隠せない恭一。しかし、乗せられやすい彼はまんまと渉のペースにハマってしまい一緒に暮らすことになります。 その後渉の一途で純粋な想いに触れ、少しずつ心を開いていく恭一。しかし彼の昔の恋人・夏生が現れたことで、2人の関係にも少しずつ変化が現れ始め……。

『窮鼠はチーズの夢を見る』の主な登場人物&キャスト

大伴恭一役/大倉忠義

映画「窮鼠はチーズの夢を見る」大倉忠義
©水城せとな・小学館/映画「窮鼠はチーズの夢を見る」製作委員会

大伴恭一は「自分を好きになってくれた女性」とばかり交際してきた流されやすい男。浮気性で、結婚してからも複数の女性と浮名を流しています。 そんな彼も大学の後輩の渉と再会したことで、これまでの自分とは違う新たな一面を見せ始め……。 恭一を演じているのは、関ジャニ∞の大倉忠義。関ジャニ∞のメンバーとしてグループ活動をこなす傍ら、俳優としても積極的に活動し活躍の場を広げています。 これまでにドラマ『ドS刑事』や、ドラマ『知ってるワイフ』などに出演。アイドルではありますが、どこか「ダメ男」を感じさせる演技に定評があります。

今ヶ瀬渉役/成田凌

映画「窮鼠はチーズの夢を見る」成田凌
©水城せとな・小学館/映画「窮鼠はチーズの夢を見る」製作委員会

今ヶ瀬渉は、大学時代からずっと先輩の恭一に想いを寄せている一途な男性。大学を卒業後は調査員として働いており、恭一の浮気調査を担当したことで彼と7年ぶりに再会を果たします。 そしてこれを機に長年の想いを彼に打ち明け、同棲することになりますが……。 渉を演じているのは、人気俳優・成田凌。雑誌「MEN’S NON-NO」でモデルを務める傍ら、映画『キセキ ーあの日のソビトー』、ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』など多くの作品に出演しています。 また映画『スマホを落としただけなのに』、映画『ビブリア古書堂の事件手帖』で日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞。その演技力が、高く評価されています。

『窮鼠はチーズの夢を見る』の見どころ

見どころ①:現実味のある恋愛描写【R15指定】

映画「窮鼠はチーズの夢を見る」
©水城せとな・小学館/映画「窮鼠はチーズの夢を見る」製作委員会

BLの世界が描かれている『窮鼠(きゅうそ)はチーズの夢を見る』。しかしそこで描かれているのは、単純にエロに特化していたり面白おかしく茶化された世界ではありません。 性別なんて関係なく気持ちが伝わってくる、観た人に胸を締め付けるような切なさを呼び起こさせる、そんな素晴らしい恋愛映画に仕上がっています。 もちろん濃厚なラブシーンも多くあるので、本作はR15指定。しかしそうしたシーンも「エロ」という言葉だけでは言い尽くせない美しさや切なさも含まれています。 2人の恋がどんな結末を迎えるのか、ぜひ観てほしい作品です。

見どころ②:名セリフの数々に共感が止まらない!

映画「窮鼠はチーズの夢を見る」成田凌
©水城せとな・小学館/映画「窮鼠はチーズの夢を見る」製作委員会

恭一に一途な想いを抱いている今ヶ瀬の口から飛び出てくる名言の数々には共感が止まりません!誰もが1度は味わったことがあるような、相手を大切に思う気持ちを鮮明に思い出させてくれます。 「心底惚れるって、全てにおいてその人だけが例外になっちゃうってことなんですね」「完璧な人をみんな探してると思ってるんですか?」など、恭一に突きつける言葉には重みがあります。共感できる恋愛ドラマとして観ることができますよ。

もう1度見返したい!こだわり尽くされた「窮鼠」の小道具たちを考察

映画「窮鼠はチーズの夢を見る」
©水城せとな・小学館/映画「窮鼠はチーズの夢を見る」製作委員会

ここからは、劇中に登場するオシャレな「小道具」に着目して本作を解説します。あの小道具にはどんな意味が隠されていたのか、ぜひ参考にしてもう1度見返してみてくださいね。 小道具に着目すれば、既に本作を観た人も新たな発見が得られること間違いなし!

黒と赤のダウンジャケット

映画の序盤で恭一と今ヶ瀬が釣堀で釣りをしている場面があります。そのシーンでは恭一が黒、今ヶ瀬が赤のダウンジャケットを着ていますが、今ヶ瀬の誕生日になるとお互いのダウンジャケットを交換していました。 釣りのシーンではまだ深い仲ではなかった2人。ところが半同棲のような生活を始めるようになり、お互い相手が大切な存在になりつつありました。ダウンジャケットの交換は2人の距離感が縮まったことを表す、細かい演出となっています。

今ヶ瀬の象徴?オレンジの灰皿

本作では今ヶ瀬がタバコを吸うシーンがよく出てきますが、実は灰皿やライターは物語の鍵となるアイテム。例えば今ヶ瀬が恭一の家に持ち込んだオレンジ色の灰皿は、恭一の今ヶ瀬への気持ちを象徴しています。 最終的に別れることを選択し、恭一の部屋から姿を消した今ヶ瀬。恭一はゴミ箱に捨ててあった灰皿を丁寧に洗って定位置に戻すことから、恭一は今ヶ瀬への気持ちが捨てきれていないことを示唆していました。 この灰皿は恭一の新しい彼女にとっても、今ヶ瀬の存在を匂わすもので演出において非常に重要な意味を持っています。 他にも、恭一が昔あげたライターを今ヶ瀬が今も大事に使っていることから、彼の恭一を強く思う気持ちも見て取ることができますね。

原作漫画は水城せとなの『窮鼠はチーズの夢を見る』と『俎上の鯉は二度跳ねる』

映画『窮鼠はチーズの夢を見る』は漫画『脳内ポイズンベリー』など多くの名作を世に送り出している、漫画家・水城せとなの同名漫画と漫画『俎上の鯉は二度跳ねる』が原作です。 水城せとなの作品は他にも漫画『失恋ショコラティエ』が嵐の松本潤主演でドラマ化されており、石原さとみ演じるサエコさんとの切なすぎる恋模様に心乱される視聴者が続出しました。 性別に左右されず、人と人との関係性を巧みに描き出す水城せとな。原作の世界観がどのように映像化されているのか、ぜひチェックしてみてください。

映画『窮鼠はチーズの夢を見る』の動画は配信中のサブスクで無料視聴しよう!

以上、映画『窮鼠はチーズの夢を見る』を視聴できる動画配信サービスやあらすじ、キャストや見どころについて紹介してきました。 2人の男性が紡ぎ出す切ない恋模様に、胸を掴まれたような切なさを覚える本作。ぜひ配信サービスを使って、楽しんでみてはいかがでしょうか?