2021年12月29日更新

ドラマ『フリーター、家を買う。』の動画を無料で配信中のサブスクはここ!1話から最終回まで

ドラマ『フリーター、家を買う。』は2010年10月からフジテレビで放送されました。自堕落な生活を送っていたフリーターが母のうつ病をきっかけに家族や仕事と向き合うヒューマンドラマです。二宮和也演じる主人公・武誠治は家族の絆を取り戻すことができるのでしょうか。 この記事では、ドラマ『フリーター、家を買う。』が観られる動画配信サービスの情報をまとめていきます。

放送年2010年
ジャンルヒューマンドラマ
話数全10話
製作フジテレビジョン/共同テレビジョン
キャスト武誠治役/二宮和也
千葉真奈美役/香里奈
永田亜矢子役/井川遥
豊川哲平役/丸山隆平
手島信二役/井上正大
星野あかり役/岡本玲
あらすじ3カ月で仕事を辞めて引きこもる武誠治は、母親が家庭や近所付き合いの悩みによるストレスでうつ病にかかっていることを知ります。しかし昔気質の父親は心の病を認めず、面倒見のいい姉は結婚して家を出ているため頼ることができません。

こうして自堕落な生活を過ごしていた誠治に、突如として家庭を引っ張っていく責任が突き付けられるのでした。

彼は就職活動に励みはじめるものの失敗が続き、当面は土木工事のバイトで生計を立てることに。そして、そこで人生における目標の重要さを学んだ彼は、フリーターとして働きながら家族のために家を買うことを宣言し……。

主題歌:西野カナ「君って」

ドラマ『フリーター、家を買う。』を配信中のサービス一覧

再放送決定!2022年1月2日に全話一挙放送

1〜3話2022年1月2日12:05
4〜8話2022年1月3日7:00
9〜10話2022年1月3日12:00

高視聴率を記録したドラマ「フリーター家を買う」は2022年元旦の再放送で観ることができます。3部にわけて放送される予定で、2022年1月2日12:05に1話から3話、1月3日7:00に4話から8話、同日12:00に9話と最終回が放送されます。 お正月で家族が集まったときに観ればみんなで楽しめますね。万が一この再放送を見逃してしまっても、本作を配信しているサブスクを利用すれば、自分が観たいときに観ることができます。

ドラマ『フリーター、家を買う。』の全話あらすじ

第1話:「明るかった母さんが壊れた…!」

大学卒業後、部品会社に就職した武誠治(二宮和也)でしたが、職場の雰囲気に馴染めず3か月で退職してしまいます。すぐに転職できるだろうと思っている誠治は、父・誠一(竹中直人)に怒られても悪びれる様子がありません。 食費を入れるように言われたため誠治のフリーター生活が始まりますが、嫌なことがあるとすぐにバイトを辞めてしまいます。 そんななか、家庭を守ってきた母・寿美子(浅野温子)の様子に異変が。病院を受診したところ重度のうつ病と診断されました。誠一は働かない誠治のことがストレスになったせいだと決めつけてきてーー。

第2話:「どうせオレは恥ずかしい息子だよ」

大悦土木で働き始めた誠治は、大手ゼネコン・喜嶋建設の社員である千葉真奈美(香里奈)と出会います。大悦土木は喜嶋建設の仕事を請け負っていたのです。 ある日、真奈美のミスで現場の作業がストップしてしまいました。真奈美はせめてものお詫びにと他の人が帰った後に事務所の掃除をします。そんな真奈美を見た誠治は、それはただの自己満足だと決めつけていました。 後日、誠治は母のゴミ出しを手伝って仕事に遅刻してしまいます。すると大悦土木社長の大悦貞夫(大友康平)は遅刻した誠治を帰らせようとしました。

第3話:「あんなオヤジでもヒーローだった」

大悦土木での仕事にも慣れてきたある日、誠治は真奈美に飲みに誘われます。真奈美に連れられて居酒屋に向かうと、そこには一緒に働いている豊川哲平(丸山隆平)と手島信二(井上正大)の姿もありました。 いろんな会話をしていくうちに、自分よりも年下の手島が目標を持って仕事をしていることに誠治は衝撃を受けます。 そんななか、誠治と姉の亜矢子(井川遥)は寿美子の主治医から住環境を変えてみてはどうかとアドバイスを受けます。ところが誠一はどこへ引っ越しても同じだと言って取り合ってくれません。

第4話:「お袋の、面倒みるのもう無理だ…」

寿美子がうつ病になったのは、近所からの嫌がらせが原因だと突き止めた誠治は、母のために家を買うと宣言します。誠一には無理だと完全否定されましたが、誠治は本気です。 事情を知っていた真奈美は誠治のことを心配しています。大悦も誠治が持ってくる家庭ごみをこっそり大悦土木のごみとして捨てるなど、陰ながら協力してくれていました。 誠治は昼休みに寿美子の様子を見に一旦家に戻り、バイトが終わった後はハローワークに駆け込み職探しをすることにしました。そんな日々を送っていたある日、誠治はとうとう過労で倒れてしまいます。

第5話:「生きてる世界が違うって何だよ…」

誠治は自分が働いている間、父に母の看病を頼みたいと考えていました。しかし顔を合わせると喧嘩してしまうため、なかなか話し合いができません。 ある日、誠治と亜矢子が帰宅すると、頼んでないはずの出前10人前が家に届いていました。誠治たちは隣人の西本幸子(坂口良子)の仕業ではないかと疑います。 後日、真田勝也(嶋大輔)の妻が体調を崩し、誠治が代わりに残って作業することに。寿美子の薬の時間に間に合わないため、誠一に薬を飲ませるように頼むのですがーー。

第6話:「母さんを悲しませることすんなよ」

誠治は誠一が女性と一緒に歩いているところを目撃してしまい、そのことが気になって仕事中もイライラしていました。 一方で誠一は、自分のせいで寿美子がワインを飲み入院したことを後悔し、寿美子の病気と向き合おうとしていました。しかし、誠一の女性問題が頭から離れない誠治は「出ていけ!」と怒鳴ってしまいます。 自分だけでは抱えきれないと判断した誠治は亜矢子に相談しました。すると亜矢子は相手の家に乗り込もうと言い出します。

第7話:「怖さとつきあって、みな生きてる」

寿美子は無事に退院し、誠一も寿美子の薬のチェックをするなど協力的になっていきました。誠一にいつまで大悦土木でのアルバイトを続けるつもりだと問われた誠治は、稼ぎがいいし融通が利くからと答えを濁します。誠治は今の仕事にやりがいを感じはじめていたのです。 そんなある日、真奈美が指示した仕事で哲平が怪我をして病院に運ばれます。真奈美は過去に作業員に大けがを負わせてしまったときのことを思い出し、仕事を休みがちになっていきました。

第8話:「おまえに親父さんの何がわかる?」

大悦は、これまでの会社の経費を見直そうとしていましたが、膨大な資料を前に途方にくれていました。すると誠治は、経費資料のデータ化をしようかと提案します。 誠治がデータ化の仕事に時間を割いているのを知った誠一は、おまえに他人を手助けしている余裕があるのかと指摘しました。この言葉に腹を立てた誠治は、誠一の父親としての資質を否定するようなことを言ってしまいます。 その話をきいた大悦は、誠治を厳しく叱り飛ばしたのでした。

第9話:「再スタート、するはずだったのに」

誠治と誠一が引っ越しに向けて話し合いを初めていた矢先、家の外壁塗装のためまとまった金額が必要になりました。この話を聞いた寿美子の様子がおかしくなります。実は寿美子は、隣人の西本に紹介された詐欺師から高額商品を買わされていたのです。 一方で誠治のもとには、医療機器メーカーから最終面接のお知らせが届いていました。誠治はバイトの帰りに面接合格を祈願しようと神社に立ち寄ります。はたして誠治の最終面接は上手くいったのでしょうか。

第10話:「母さんが、笑った」

医療機器メーカーから採用決定の連絡を受けた誠治でしたが、同時に大悦土木からも正社員になるオファーをもらっていました。どちらに就職しようか迷った誠治は誠一に相談しますが、土木業を下に見ている誠一は医療機器メーカーを勧めてきます。 誠治は自分の仲間を傷つけられた気がして、また2人の口論が始まってしまいました。大悦土木は誠治にとって大切な居場所になっていたのです。 そんななか、誠一と誠治で二世帯ローンを組むかたちで、武一家は中古物件に引っ越すことになりました。

ドラマ『フリーター、家を買う。』のキャスト

武誠治役/二宮和也

武誠治は、25歳のフリーター。大学を卒業してから「四葉電子」という中堅企業に就職したものの、3ヶ月で仕事を辞めてしまいました。以後、バイトを転々とする生活を送っていましたが、母親の寿美子がうつ病になったことをきっかけに、時給が高いという理由で大悦土木でバイトを始めるようになります。 武誠治役を演じたのは、俳優の二宮和也。彼はジャニーズのアイドルグループ・嵐のメンバーで、俳優としても活躍しています。代表作は、映画『青の炎』(2003年)、ドラマ『流星の絆』(2008年)などです。

千葉真奈美役/香里奈

千葉真奈美は、大手ゼネコン・喜嶋建設の土木部門で働く技術者。責任感が強くまっすぐな性格をしていて、仕事に対しても人一倍の熱意を持っています。いつか自分で橋を設計することを夢見ていて、橋について語り出すと止まらなくなってしまうという一面も。 千葉真奈美を演じたのは、女優の香里奈。彼女はもともとファッションモデルとしてデビューしましたが、のちに女優としても活動するようになります。代表作は、ドラマ『PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜』(2012年)、『嫌われる勇気』(2017年)などです。

永田亜矢子役/井川遥

永田亜矢子は誠治の姉で、開業医である永田文也と結婚して家を出ました。昔からしっかり者で長らく母親のことも支えてきましたが、最近は姑との関係や息子の育て方などに悩まされています。 永田亜矢子を演じたのは、女優の井川遥。彼女はモデルとしてデビュー後、ドラマや映画をはじめとしたさまざまな分野で活躍してきました。代表作には、映画『トウキョウソナタ』(2008年)、ドラマ『ガラスの家』(2013年)などがあります。

ドラマ『フリーター、家を買う。』見どころ

見どころ①:主人公・誠治の成長に胸を打たれる!

主人公・誠治は物語の序盤では、仕事をあっさりと辞めのらりくらりと暮らしているという、頼りがいのない人物でした。しかし、母親の病がきっかけで一念発起し、自分なりに成長しようとがむしゃらに突き進んでいくことになります。 ときにはくじけそうになりながらも周りの人物に支えられ変わっていく彼の姿は、観る者に勇気と感動を与えること間違いなしです。視聴してから前向きな気分になれる作品を探しているときにはぜひどうぞ!

見どころ②:二宮和也の演技にも注目!

主演を務めた二宮和也のすばらしい演技も見どころのひとつ。一見ぶっきらぼうで理屈っぽい嫌な奴であると同時に、家族や仲間を想う優しい心も持っているという、一筋縄ではいかない誠治を見事に演じました。 特に、作中で何度か登場する泣きの演技は、彼の感情が痛いほどに伝わってきて思わずもらい泣きしてしまいます。俳優・二宮和也の名演技を堪能したい人は、まずは1話だけでも視聴してみてください。

『フリーター、家を買う。』の気になる疑問とQ&A

『フリーター、家を買う。』を配信しているサービスは?

2021年12月現在、『フリーター、家を買う。』を配信しているサービスは「FODプレミアム」です。その他にもTSUTAYA DISCASでレンタル可能です。

『フリーター、家を買う。』はどんな人におすすめ?

「フリーター家を買う」は、社会問題をライトなタッチで切り取るヒューマンドラマが観たい人におすすめな作品です。壁にぶつかりながらも、周りからいろいろなことを吸収して成長していく誠治の姿に元気をもらえるドラマとなっています。

動画配信サービスで『フリーター、家を買う。』を無料視聴しよう!

ドラマ『フリーター、家を買う。』の動画を1話から最終回まで無料視聴する方法と、あらすじやキャストなどの作品情報を紹介しました。 1度社会から脱落した主人公とその家族の再起物語や、嵐が歌う主題歌など、見どころたっぷりの本作。この記事を読んで気になった人は、ぜひ配信サービスを利用して、本作を堪能してください