2022年5月12日更新

「クローン・ウォーズ」シリーズの動画を配信中のサブスクはここ!お得に観れるサイトはある?

「スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ」は、本編でも取り上げられた「クローン戦争」を描くアニメシリーズです。主人公であるアナキンと弟子のアソーカ・タノにスポットライトが当てられています。 結論から言うと、「クローン・ウォーズ」シリーズを全て見放題で視聴できるのはディズニープラスだけです。

ディズニープラスでは本作の他にも「スター・ウォーズ」のメインシリーズも配信中ですよ。

原題『Star Wars: The Clone Wars』
放送年2008年~2020年
ジャンルアクション , SF
キャストアナキン・スカイウォーカー役/浪川大輔
アソーカ・タノ役/伊藤静
オビ=ワン・ケノービ役/森川智之

「クローン・ウォーズ」シリーズが視聴できる動画配信サービス一覧

「クローン・ウォーズ」シリーズを観るタイミングとは?

主に映画のエピソード2「クローンの攻撃」からエピソード3「シスの復讐」までを描いた作品なので、この2作品を観た後だとより深く内容を理解することができます。クローン戦争の中でもサブキャラクターたちにスポットを当てているため、事前に映画を見ておくと裏で起きていた話を興味深く見ることができます。 ただ、「クローン・ウォーズ」単体でも楽しめないことはありません。1話完結型のストーリーはとても見やすく出来ていますよ。

「クローン・ウォーズ」シリーズのあらすじ・キャスト

あらすじ

銀河共和国と分離主義勢力の衝突以来、銀河各地でクローン戦争が発生するように。オビ=ワン・ケノービやアナキン・スカイウォーカーは、銀河共和国軍の前線で戦いを繰り広げていました。 そんな中アナキンのところに、ヒューマノイド種族トグルータの少女アソーカ・タノが現れます。パダワン(訓練生の身分)である彼女は、ヨーダの指示によりアナキンの弟子となるためやってきたのです。 はじめアナキンはアソーカのことを認めようとしませんでしたが、さまざまな戦いを経るうち、彼女が自分とよく似ていることに気付きます。やがて、師匠と弟子という絆で結びついた2人は、戦争の行方を左右するとある重大任務に挑むことに……。

主要キャラクターと日本語吹き替えキャストの紹介

アナキン・スカイウォーカー役/浪川大輔

 スター・ウォーズ クローン・ウォーズ、アソーカ・タノ、アナキン
©LUCASFILM/Photofest/Zeta Image

画像右 アナキンは、「スター・ウォーズ」シリーズを通しての主要人物の1人。奔放かつ激情的な性格の持ち主です。奴隷として幼少期を過ごしていたところ、クワイ=ガン・ジンとオビ=ワンによって資質を見出されます。クローン大戦中にジェダイ騎士となり、アソーカを弟子にとることに。 アナキン役は声優の浪川大輔が務めています。代表作は『君に届け』の風早翔太役や『Fate/Zero』のウェイバー・ベルベット役です。さわやかなキャラクターから渋めの役まで、幅広い役を演じています。

アソーカ・タノ役/伊藤静

上記画像左 「クローン・ウォーズ」のヒロイン的存在。気が強く無鉄砲な性格で、高い戦闘力を持つ少女です。マスター・ヨーダによってアナキンの弟子として指名されました。当初アナキンからは弟子として認められていませんでしたが、似た者同士ということもあり、次第に師弟の絆を深めていきます。 アソーカの声を担当したのは声優の伊藤静です。凛とした声が魅力で、『ハヤテのごとく!』の桂ヒナギク役や『暗殺教室』のイリーナ・イェラビッチ役などが代表作として知られています。

オビ=ワン・ケノービ役/森川智之

オビ=ワンは、アナキンの師匠であり優秀なジェダイ・マスターです。生意気なアナキンに手を焼きつつも、彼を指導し立派な騎士として育て上げます。穏やかかつ真面目な性格で、戦いの腕前はもちろん、交渉術も得意。たゆまぬ努力を重ねた結果、のちに偉大なマスターとして周りから一目置かれる存在に。 オビ=ワンの声を演じたのは声優の森川智之です。よく響く低い声が特徴で、好青年役から悪役まで、さまざまなキャラクターをこなしています。代表作は『NARUTO -ナルト- 疾風伝』波風ミナト役や『ズートピア』ニック・ワイルド役です。

「クローン・ウォーズ」シリーズの見どころを紹介

1話完結で子供にも観やすい!

基本的には1話20分ほどの完結型なので、「映画は長すぎる」という子供でも楽しんで視聴しやすいのが本作の魅力といっても過言ではありません。フルCGでの映像は子供でも親しみやすく、ファミリーで視聴できる作品です。 ファイナル・シーズンになるにつれて、何話かまとまった話にもなるということもあり、1話完結型のストーリーが物足りないという人でも楽しめるように考えられていますよ。

お馴染みのライトセイバーでのバトルも

『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』
© Lucasfilm Ltd. / Photofest / Zeta Image

「スターウォーズ」といえば、ダース・ベイダーなどのキャラクターだけでなく、フォースやライトセイバーといったギミックも人気ですよね。「クローン・ウォーズ」シリーズでは、激しい「クローン戦争」を描いているので、もちろん戦闘シーンがてんこ盛り。 フォースやライトセイバーといったおなじみの武器が多数登場するので、スターウォーズファンとしてしっかり楽しめるスピンオフになっています。ぜひ、こちらで紹介したサービスで視聴ください。

ディズニープラスで配信中の関連作品紹介!

映画「スター・ウォーズ」シリーズ

『スター・ウォーズ/ファントム・メナス』ダース・モール(レイ・パーク)、クワイ=ガン・ジン(リーアム・ニーソン)、オビ=ワン・ケノービ(ユアン・マクレガー)
©Lucasfilm Ltd./20th Century Fox/Photofest/zetaimage

銀河系を舞台にした「スター・ウォーズ」シリーズ。宇宙における光と闇のせめぎ合いと、スカイウォーカー家の歴史を描いた壮大な物語です。第1作の公開は1977年であるにもかかわらず、今なお根強いファンによって支えられています。 ディズニープラスでは、全9作品ある本編はもちろん、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』などのスピンオフや、『マンダロリアン』といったオリジナル作品も配信中です。

『アベンジャーズ』

アベンジャーズ
© Walt Disney Studios Motion Pictures/Photofest/zetaimage

『アベンジャーズ』は、マーベルの一大プロジェクト「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」の第6作目。宇宙からの敵に対抗するため結成された最強チーム「アベンジャーズ」の活躍が描かれます。キャプテン・アメリカ、アイアンマンなど、おなじみのヒーローたちが集結する大人気作品です。 ディズニープラスでは、本作のほかにも、「スパイダーマン」シリーズや『ドクター・ストレンジ』などのMCU作品がすべて配信されています。

『ソウルフル・ワールド』

『ソウルフル・ワールド』
©2020 Disney/Pixar

『ソウルフル・ワールド』は、ひょんなことから「ソウル(魂)が暮らす世界」に迷い込んでしまった男と、そこで何百年もさまよい続けるソウル・22番の冒険を描いた2020年発表のピクサー映画。「夢」や「生きる意味」をテーマにした感動作です。 ディズニープラスでは、本作をはじめとしたピクサー映画のラインナップも豊富!最新作の映画館同時公開もおこなわれています。

「クローン・ウォーズ」シリーズの気になる疑問とQ&A

「クローン・ウォーズ」シリーズを配信しているサービスは?

「クローン・ウォーズ」シリーズを配信しているサービスは「ディズニープラス」です。

「クローン・ウォーズ」シリーズはどんな人におすすめ?

「クローン・ウォーズ」シリーズは一話完結型のストーリーなので、スターウォーズの世界観を毎日少しずつでも見たいという人におすすめです。スターウォーズでは描かれていなかったストーリーも知ることができ、往年のファンも納得の作品です。

「クローン・ウォーズ」(シーズン1〜7)の動画を配信サイト・ディズニープラスで無料視聴しよう

今回の記事では、「クローン・ウォーズ」シリーズを視聴する方法について紹介してきました。 記事内で取り上げたディズニープラスでは、本作をはじめとした「スター・ウォーズ」シリーズのほか、マーベル作品やピクサー映画も楽しめます。上手に使って、数多くの作品を無料で楽しみましょう!