2021年2月16日更新

【2021最新】格安プロジェクターおすすめ紹介【安い!5000円~1万円の衝撃価格】

安いプロジェクター

「安いプロジェクターを探しているけど、どれがいいか良く分からない」という人はいませんか?本記事ではそんな人のために、おすすめの格安プロジェクターや選び方について徹底解説していきます。「なぜ安いのか」などにも触れるので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

1万円以下で買える格安プロジェクターはおすすめできる?

「格安プロジェクター」とひとくちにいっても、SONYなど有名メーカーのエントリーモデルから中華系の激安プロジェクターまで、多くの種類が存在します。

また、いくら安いからと言って価格だけをみてプロジェクターを購入するのも心配ですよね。

本記事ではそんな人のために「失敗しない選び方」や「コスパ」最強のプロジェクターについて徹底解説していきます!おすすめ商品をたくさん紹介しているので、自分にぴったりのおすすめ商品を見つけてみてくださいね。

失敗しない、格安プロジェクターを選ぶポイント3つ

以下では「失敗したくない」という人におすすめのプロジェクターの選び方のポイントを解説していきます!

①ルーメン(lm)【明るい場所での見やすさに直結】

安いプロジェクター

ルーメン(lm)とは、光源から放たれる光の量を表した、明るさの単位の1つです。

ルーメンの値が高いほど、明るい場所でもプロジェクターを利用できるようになります。例えば明るい会議室でプロジェクターから資料を投影したり、明るい室内で映画を見たりするなら、ルーメンの値が高いプロジェクターがおすすめです。

明るい部屋でのプロジェクター利用を考えているなら、最低でも3000lm以上のプロジェクターを購入しましょう。

②解像度【画質が気になる人は要チェック】

安いプロジェクター

高画質の映像を楽しみたい人は、高解像度のプロジェクターを購入しましょう。

プロジェクターの中には4K映像の投影に対応したモデルもあり、自宅のスクリーンで大迫力かつ高精細な映像を楽しむことができます。

ただし、当然ながら、投影する元のデータが高解像度に対応していないと、高解像度対応のプロジェクターを購入しても意味がありません。

4Kなど高解像度の映画を楽しみたい人は、プロジェクターも高解像度対応のモデルを購入しましょう。一方であまり画質を求めない場合は、必要最低限のスペックを備えたモデルでも十分です。

③音質【格安プロジェクターは音質が悪いことが多いので注意】

安いプロジェクター

格安プロジェクターの購入を考えている人は、音質に注意しましょう。

格安プロジェクターはスピーカー部分でコストカットをすることが多く、モデルによっては音質が十分でない場合もあります。格安プロジェクターを導入する際は、プロジェクター本体に内蔵されているスピーカーの性能に注意しましょう。

また外部スピーカーに接続したり、ヘッドホンを利用したりすれば、プロジェクター本体のスピーカーがイマイチでも問題ありません。

5000円台で買える、おすすめ格安プロジェクター

ここでは5000円台で購入できる、おすすめの格安プロジェクターについて紹介していきます。 ※価格については、記事公開後に変動する可能性があるのでご注意ください。

Crosstour:プロジェクター

安いプロジェクター

■実売価格:6,999円 ■ルーメン:4200lm ■解像度:1920 × 1080p Crosstourのプロジェクターは、コントラスト比が2000:1に対応、かつフルHDに対応しているため、ハイクオリティな映像体験を楽しめます。170インチの大画面投射に対応しており、投影距離は1~3.5mほど。また焦点調節機能が搭載されているため、画面のボケを予防してくれます。 さらに、リモコンで簡単に操作できるのもうれしいポイント。映画だけでなく、テレビ番組やゲームなどもプロジェクターで楽しめます。

Artlii:プロジェクター

安いプロジェクター

■実売価格:4,999円 ■ルーメン:1000lm ■解像度:640 × 360p(ネイティブ解像度)、1920×1080pもサポート Artliiのプロジェクターは、コントラスト比が800:1に対応。フルHD解像度もサポートしており、鮮明な映像を楽しめます。投影距離は0.8~2mほど。スマホやタブレットはもちろん、ゲーム機や外部スピーカーなどとも接続できます。 また、片手で持てるほど小さなデザインが魅力的。携帯性に優れているため、部屋間でプロジェクターを移動させやすいのがポイントです。

DR.J:小型プロジェクター

安いプロジェクター

■実売価格:10,738円 ■ルーメン:4000lm ■解像度:800 × 480p(ネイティブ解像度)、1080pフルHDもサポート DR.Jの小型プロジェクターは、コントラスト比が2000:1で、最大1080pのHD解像度に対応。最大170インチの画面を投影可能で、かつプロジェクターのファン音を抑制する「雑音抑制」機能も搭載しています。 プロジェクター本体にはスピーカーが2つ搭載されており、ステレオサウンドも楽しめます。ルーメンの値も高く、明るい場所でも利用可能です。

1万円以内で買えるおすすめプロジェクター

ここからは、1万円以内で購入できるおすすめの安いプロジェクターについてご紹介します。 ※価格については、記事公開後に変動する可能性があるのでご注意ください。

ELEPHAS:Wi-Fiプロジェクター

安いプロジェクター

■実売価格:8,999円 ■ルーメン:4600lm ■解像度:840 × 480p ELEPHASのWi-Fiプロジェクターは、コントラスト比3000:1に対応しており、投射距離は0.8~4.8mほど。30~200インチの大画面を投影できるため、迫力ある映像を楽しめるでしょう。 画面解像度は840×480、ただし1080pもサポートしているため、良い画質で映像を楽しめそうです。また両手の平に乗るほどのコンパクトボディも魅力的。さらに4600lm対応なので、外出先の明るい場所でも活用できます。

HOMPOW:プロジェクター

安いプロジェクター

■実売価格:6,998円 ■ルーメン:3600lm ■解像度:800 × 480p(最大解像度 1080p Full HD) HOMPOWのプロジェクターはコントラスト比2000:1に対応、かつ最大1080pのフルHD画質もサポートしており、良い画質で映画などを楽しめそうです。176インチの大画面を投影可能で、投影距離は約1m~3m。自宅で映画を楽しむためには十分な性能と言えます。 また台形補正機能を搭載しており、三脚の取り付けに対応かつ天井吊りも可能。スペックはもちろん、取り付けやすいのも魅力的です。

POYANK:データプロジェクター

安いプロジェクター

■実売価格:9,981円 ■ルーメン:4500lm ■解像度:720p(ネイティブ解像度)、1080p FHD(サポートされている最大解像度) POYANKのデータプロジェクターは、170インチの大画面を投影可能。また最大1080pのフルHDもサポートしており、かつスピーカーも2つ搭載されているためステレオサウンドを楽しめます。もちろん外部スピーカーとも接続可能。 4500lm対応なので、明るい場所でも問題なく利用できるのが魅力的。Wi-Fi経由でスマホやタブレットと手軽に接続できるのもポイントです。

DR.J LED プロジェクター

安いプロジェクター

■実売価格:5,848円 ■ルーメン:4000lm ■解像度:800 × 480p(最大1080p) DR.Jの「LED プロジェクター」は、1000:1のコントラスト比に対応。フルHDもサポートしており、解像度に問題はありません。台形補正機能も搭載しており、上に19度・下に10度の調整も簡単に行えます。また最大170インチの大画面を投影できるため、迫力ある映像を楽しめるでしょう。 三脚穴があるので、カメラ三脚を取り付け可能。また4000lm対応なので、明るい場所での利用もできます。ホームシアターはもちろん、屋外やパーティー会場での利用もできる、おすすめのモデルです。

安いスマホ対応プロジェクター

ここからは、安いスマホ対応プロジェクターについて紹介します。 ※価格については、記事公開後に変動する可能性があるのでご注意ください。

Jinhoo:スマホプロジェクター

安いプロジェクター

■実売価格:7,999円 ■ルーメン:4500lm ■解像度:1080p Jinhooのスマホプロジェクターは、コントラスト比2000:1・フルHD対応の格安プロジェクターです。ステレオスピーカーを搭載しており、HDMIポートからKindle Fire TVなどとも簡単に接続可能。手軽にVOプロジェクターでVODサービスを楽しめます。 最大170インチの画像を投影可能。さらに冷却システムを搭載しているため、プロジェクターのファン音も気になりません。4500lmなので、明るい場所でも利用可能。幅広い用途に対応できる、おすすめのプロジェクターです。

GooDee:プロジェクター

安いプロジェクター

■実売価格:6,999円 ■ルーメン:4200lm ■解像度:800 × 480p GooDeeのプロジェクターは、コントラスト比3000:1に対応、かつフルHDをサポートした格安プロジェクターです。投影距離は0.8~4.8mほど、かつ最大200インチの大画面も投影できるため、迫力ある映像を楽しめます。 スピーカーを2つ搭載しており、冷却システムも対応。これにより起動中も静かで、かつステレオサウンドを楽しめます。格安プロジェクター購入を考えている人は、ぜひチェックして欲しいモデルです。

【番外編】格安プロジェクターなぜ安い?安さの理由を徹底解説

安いプロジェクター

格安プロジェクターはコスパが良く、初心者さんにおすすめのアイテムです。しかし、なぜ安いのかも気になりますよね。そこで、以下では「格安プロジェクターの安さの秘密」について解説していきます。

普通のプロジェクターと安いプロジェクターの違いは主に4つあると言われています。それが「DLP方式のため残像が見えてしまう」「解像度が低い」「コントラスト比が小さい」「補正機能が搭載されていない」などの機能に関することです。

格安プロジェクターの中には虹色の残像が見えてしまったり、黒つぶれや白飛びをしやすかったり、画面中央と四隅で明るさが違ったりするものもあります。

格安プロジェクターは手ごろな価格で購入できるのが魅力的ですよね。しかし「自分だけのこだわり空間を作りたい」「より高精細な映像を楽しみたい」と考えている人は、ハイエンドモデルの購入がおすすめです。

安いプロジェクターは大画面で映画やアニメを楽しみたい人におすすめ!

安いプロジェクターは高級モデルと比較して、様々な部分でコストカットが行われています。しかし、「1万円以内で必要最低限の機能を備えたプロジェクターを購入できる」というのやっぱり魅力ですよね。 また本文中で紹介したように、格安プロジェクターの中にはスペック的にも十分なモデルも存在するため、コスパ重視の人はそういったモデルを選ぶのがおすすめです。 「映画をプロジェクター経由で楽しんでみたいけど、お値段が高くてなかなか手が出せない」と悩んでいた人は、この機会に安いプロジェクターを購入してはいかがでしょうか。

プロジェクターで見放題配信サービスを利用したい人はこちらの記事もチェック

プロジェクターをテレビ代わりに使いたい人はこちらの記事もチェック