2020年9月1日更新

Wi-Fiレンタルのおすすめ徹底比較!【国内&海外版】デメリットも解説

Wi-Fiレンタルのおすすめ徹底比較!【国内&海外版】デメリットも解説_サムネイル

新型コロナウイルスの影響により外出自粛期間が長引き、テレワーク用にWi-Fiレンタルを検討している人も多いのではないでしょうか?今回の記事では、Wi-Fiレンタルのおすすめを徹底解説。記事の後半では、海外で使えるWi-Fiレンタルも併せて紹介していきます。

目次

Wi-Fiレンタルはどれを選べば良い?国内・海外のおすすめを紹介&比較

スマホ インターネット フリー素材

新型コロナウイルスにより、多くの企業がテレワークを実施している中で、Wi-Fiレンタルの導入を検討している人も多いはず。Wi-Fiをレンタルすれば、場所を問わず快適にインターネットを利用できますよね。 しかし「端末の種類」「どの会社でレンタルするのか」など、レンタル前には決めなければならないことが沢山!いざ「レンタルしよう!」と思っても、どうレンタルするがお得なのか、悩んだ経験がある人も多いのではないでしょうか? この記事ではそんな人たちのために、「Wi-Fiをレンタルするメリット」から「国内通信におすすめの回線」「海外利用におすすめなWi-Fiレンタル」まで一挙紹介。Wi-Fiレンタルの際に、知っておいて損はない基礎情報を全て解説していきます。 この記事を参考にして、お得にかしこくWi-Fiをレンタルしましょう!

誤解しやすい「ポケットWi-Fi」

モバイル Wi-FI、wifi、スマホ、インターネット、フリー素材

Wi-Fiをレンタルしようと考えている人の多くは「ポケットWi-Fi」や「WiMAX」という単語を耳にしたことがある人は多いと思います。「ポケットWi-Fiって持ち運びできるWi-Fiのことでしょ?」と思っていませんか?しかし実は、それは間違いです。 ポケットWi-Fiというのは、正式にはワイモバイルが提供している「モバイルWi-Fiルーター」の商標です。またWiMAXも同様に、UQコミュニケーションズが提供している「モバイルWi-Fiルーター」のこと。 つまり持ち運びできるWi-Fiのことを「モバイルWi-Fi」といい、ポケットWi-FiもWiMAXもその中の一つです。 とはいえ最近では持ち運びできるWi-FiのことをポケットWi-Fiと呼んでいる人が増えているため、ポケットWi-Fiと呼んでも十分に通じます。今回の記事でも、ポケットWi-Fi=「持ち運びができるWi-Fi」としています。

Wi-Fiをレンタルするメリットは?

仕事、ビジネス、フリー素材

「テレーワークで急遽Wi-Fiが必要になった」や「旅行先や出張中にWi-Fiを利用したい」、「引っ越ししたばかりでまだWi-Fi環境がなくて困っている」といった経験はありませんか?短期間で今すぐにWi-Fiを利用したいときに、レンタルWi-Fiはとても便利。 そうはいっても「Wi-FiならフリーWi-Fiで十分だ」と考えている人もいるかもしれません。しかしフリーWi-Fiは、自分の端末情報を第三者に盗み取られてしまう恐れがあるなど、セキュリティー面で不安が残ります。 ビジネスでの利用などでは特に、安全面でも優秀なレンタルWi-Fiの利用を検討しましょう。

Wi-Fiレンタルがオススメなのはどうして?

フリー素材、メリット、グラフ

Wi-Fiレンタルがおすすめな理由は2つ。まず1つ目は「Wi-Fiをレンタルしてから利用するまでがとても簡単」という点。2つ目は「申し込んでからすぐにWi-Fiを利用できる」という点です。Wi-Fiをレンタルする場合、申し込んでから“最短で翌日に”Wi-Fiルーターが届き、すぐに利用することができます。 一方でWi-Fiをレンタルすることなく自分で契約する場合、契約条件が複雑。なかなかスピーディーに契約を完了させることはできません。またWi-Fiを自分で契約するとなると「2~3年はサービスを利用しなくてはいけない契約縛り」があったり、「契約期間中に契約解除をする場合は、高額な違約金がかかる」といった制限があることも。Wi-Fiの契約は、短期利用に不向きなのです。 よって「出張や旅行で一時的に安全にWi-Fiを利用したい人」や「引っ越しでWi-Fiの契約が完了するまでのつなぎとして、すぐに使えるWi-Fiを利用したい人」など、短期的にWi-Fiを利用したい人にはレンタルがおすすめです。

Wi-Fiをレンタルする2つのデメリット

フリー素材、デメリット、グラフ

Wi-Fiをレンタルするメリットを2つ挙げましたが、もちろんレンタルでWi-Fiを利用することにもデメリットはあります。まず「料金がやや高いこと」、次に「端末を紛失した際に料金が請求されること」です。では詳しく解説していきます。

料金がやや高い

フリー素材、お金

短期間の利用においては「契約縛り」や「違約金」がない分、「Wi-Fiレンタル」の方が「自分で契約する場合」よりお得です。しかし長期の利用となると、自分でWi-Fiを契約する方が、Wi-Fiレンタルよりもお得になってきます。 レンタルWi-Fiのサービス利用期間は、1週間や1ヶ月、長くても1年間程度の想定。よって1年以上など長期で利用したい場合、自分でWi-Fiを契約する方がお得と言えるでしょう。

端末を紛失した場合料金を請求される

レンタルWi-Fiはあくまでレンタルなので、利用後はモバイル機器を返却する必要があります。もし端末保証などに入っていない状態で、端末が故障または紛失した時は、修理費や端末料金は自己負担です。 例えそれが故意でなかったとしても、代金は請求されてしまいます。もしもの時に備えて、端末保障には入っておきましょう。

Wi-Fiレンタルの一般的な流れ

フリー素材、モバイルWi-Fi、Wifi

Wi-Fiをレンタルする際の応募から返却までの一般的な流れは以下のようになります。 1. 申し込み:Wi-Fiをレンタルしている会社のwebページから利用期間や端末を選択して申し込む。 2. Wi-Fi機器の受け取り:指定した住所に郵送されるWi-Fi機器を受け取る。自宅以外でもホテル、病院、コンビニでの受け取りが可能な場合もあります。 3. 設定後利用開始:パスワードなど必要な設定を完了後、すぐに利用することができます。 4. Wi-Fi機器一式を返却:返却日までにWi-Fi機器一式を郵送で返却。 申し込みから使用終了時までの流れは、かなりシンプルでわかりやすく設定されていますね。それでは以下からは、「実際にWi-Fiレンタルを申し込むまで、チェックするべき点」をおさらいしていきます。

実際にWi-Fiレンタルをするとき、チェックすべき点とは?

チェック 項目 フリー素材

利用期間

Wi-Fiをレンタルする時に、まずチェックするべき点は利用期間です。利用期間は基本的に端末受取日から返却日まで。 レンタルWi-Fiは短期間での利用を想定されたサービスのため、1年以上などの長期間の場合は料金が高額になってしまいます。まずは自分がどれくらいの期間Wi-Fiが必要になるのか確認しましょう。

速度制限

通信、世界、フリー素材

ほとんどのレンタルWi-Fiは、プランによって通信容量が決まっています。通信容量をオーバーしてしまうと速度制限がかかり、「インターネットがサクサク利用できなくなってしまう」なんてことも……。 また中には、「通信容量無制限」のレンタルWi-Fiもありますが、「3日間で400MB以上利用すると、速度制限になる」など、短期間に大量の通信量を利用した場合でも制限がかかってしまう場合があります。 Wi-Fiをレンタルする時には、利用可能な通信量をしっかりチェックし、「通信容量無制限」であっても制限がないか注意しましょう。

カスタマーサービス

カスタマーサービス、サービス、電話、フリー素材

カスタマーサービスが充実しているかどうかもチェック項目の1つ。 特に海外旅行の場合トラブルはつきもの。海外レンタルW-Fiの代理店の中には、24時間365日のカスタマーサービスを提供しているものも。機器の故障や盗難など、トラブルにあった時はすぐに対応してもらえる代理店を選びましょう。

Wi-Fiレンタルはどこからレンタルする?おすすめ3社を比較【国内版】

ここまでWi-Fiレンタルの基本的な情報をおさらいしてきましたが、ここからは実際にサービスを比較していきます! Wi-Fiレンタルをする際には、ざっくり言って「どの業者」を選ぶかがとても重要。 ここからはレンタル業者中で、特におすすめな3社「WiFiレンタルどっとこむ」「縛りなしWiFi」「Fon rental wifi」を紹介&比較していきます。

WiFiレンタルどっとこむ【1日〜の短期利用がおすすめ】

サービス名 料金 支払方法 配送までの時間
WiFiレンタル
どっとこむ
400円〜(1日)
3,600円〜(1ヶ月)
クレジット
カード
15:00までの申し込みで
当日発送


※価格は税抜価格です。

WiFiレンタルどっとこむでは「ポケットWiFiを、空港やコンビニでの受け取る」ことができます。また「15:00までに申し込むと当日発送」してくれるので、急なレンタルにも対応してくれるのが嬉しいところ。 レンタル期間は1日〜選択可能なので、短期間だけどレンタルWiFiが使いたい、という時におすすめなサービスです。 利用料金に関しては端末によって大きく異なってくるので、公式ページをチェックしてみましょう。

縛りなしWiFi【1ヶ月単位の長期利用におすすめ】

サービス名 料金 支払方法 配送までの時間
縛りなし
WiFi
月額3,300円
(縛りなし通常プラン)
クレジットカード
口座振替
14:00までの申し込みで
翌日発送


※価格は税抜価格です。

「縛りなしWiFi」では、「契約期間の縛りがない」ことをウリにした『縛りなしプラン/通常プラン』が人気。契約期間の縛りがないのでいつでも解約でき、様々なライフスタイルに合わせてWiFiをレンタルすることができます。 この『縛りなしプラン/通常プラン』は月額料金が3,300円と、WiFiレンタルサービスの中では、月単位のレンタル料金が最安値。「1ヶ月単位でレンタルする」場合におすすめのサービスです。

Fon rental wifi【短期利用でお得に使いたい人におすすめ】

サービス名 料金 支払方法 配送までの時間
Fon Rental
WiFi
624円〜(1日)
1,870円〜(月)
クレジットカード 14:00までの申し込みで
当日発送


※価格は税込価格です。

「Fon Rental wifi」は、契約期間の縛りがなく、違約金もかからないなど、気軽に利用できるWi-Fiレンタルサービスです。 特におすすめポイントなのが、「事務手数料・初期費用が0円」であること、そして「ポケットWi-Fiの返送料がかからない」こと。他サービスだと事務手数料で3,000円を設定していたり、返送料がかかったりすることが多い中、「Fon rental wifi」はこれらが一切かかりません。 トータル料金で考えるとコスパが非常に優秀な「Fon rental wifi」。短期利用などで手軽に利用したい人におすすめです。

モバイルWi-Fiでおすすめは?主要回線5社を比較!【国内版】

インターネット パソコン フリー素材

2020年8月現在、モバイルWi-Fiを提供する会社はdocomo、au、SoftBank、ワイモバイル、WiMAXの5社となっています。 これらの回線業者に関して、以下で詳しく比較していきましょう。

docomo 「Wi-Fi STATION HW-01L」

docomoのモバイルWi-Fiは主要5社の中で最も通信エリアが広く、通信速度も安定しています。しかしデータ容量無制限のプランがなく、月額料金も他社と比べてかなり高額です。 そのためdocomoのモバイルWi-Fiは、「データ容量はあまり使わず、地方での利用を考えている」という人におすすめ。おすすめ端末は「Wi-Fi STATION HW-01L」です。HW-01Lは通信速度に優れ、2020年8月現在は、通信速度はトップのモバイルWi-Fiルーターと言えます。

au 「Speed Wi-Fi NEXT W06」

スマホ インターネット フリー素材

auのモバイルWi-FiはWiMAXと同じでWiMAXの回線とauの回線を利用することができます。そのため通信エリアや通信速度はWiMAXと同じで十分な広さと速度があります。データ容量無制限のプランもあり。 月額料金は高いわけではありませんが、同じ回線であるWiMAXの方が安く利用できます。おすすめ端末は「Speed Wi-Fi NEXT W06」。W06は通信速度も速く、WiMAX回線とauのLTE 回線を利用することで高速通信も利用できます。

SoftBank 「Pocket WiFi 802ZT」

SoftBankは月のデータ容量に制限があるプランのみで、データ容量無制限のプランはありません。また3日で3GBの通信量を超えた場合、翌日の通信速度が低速(128kbps)になるという速度制限もあります。 通信エリアは比較的広めでつながりやすいです。おすすめの端末は「Pocket WiFi 802ZT」。通信速度も速く、充電も長持ちします。しかしSoftBankのモバイルWi-Fiサービス自体、データ容量無制限のプランがない、速度制限も厳しめ。また料金も安くないので、あまりおすすめできません。

Y!mobile/ワイモバイル 「Pocket WiFi 803ZT」

ワイモバイルには、データ容量が決まっているプランとデータ容量無制限のプランがあり。ただしデータ容量無制限のプランでも無制限で利用できるエリアには条件があり、3日で10GB以上の利用で翌日に速度制限(1Mbps)があります。 おすすめ端末は「Pocket WiFi 803ZT」です。803ZTは2020年8月現在、ワイモバイルのモバイルWi-Fiルーターの中で最新機種になります。通信速度は高速で充電も長持ちです。

WiMAX 「Speed Wi-Fi NEXT W06」

WiMAXの月額料金は主要5社の中で最安です。 データ容量は、月ごとに決まっているプランと無制限のプランが。データ容量無制限の場合でも、他の会社の無制限プランと同じで、3日で10GB以上の利用で速度制限(1Mbps)がかかります。 通信エリアはauの通信エリアと同じであり、他社に引けをとらないくらい広範囲で利用できます。おすすめ端末はauと同じで「Speed Wi-Fi NEXT W06」です。総合的に見てもかなりおすすめのモバイルWi-Fiです。 WiMAXは販売代理店「GMOとくとくBB」から購入することで、お得な価格で契約可能。WiMAXのモバイルWiFiを考えている場合は、「GMOとくとくBB」から契約しましょう。

GMOとくとくBBからの申し込みは以下のバナーから!/

国外旅行でwifiレンタルするには?4社を比較【海外版】

飛行機 海外 外国 フリー素材
サービス フォートラベル グローバルWi-Fi イモトのWiFi Wi-Ho!
対応国 200ヶ国以上 200ヶ国以上 200ヶ国以上 約100ヶ国
通信容量/日 250MB
〜1GB
300MB
~無制限
500MB
~無制限
300MB
~無制限
料金/日(ハワイ) 388円〜 970円〜 980円〜 750円〜
渡航中の
サポート
24時間
(電話・メール・
LINE・Skype)
24時間
(電話・メール・
LINE・Skype)
24時間
(メール)
24時間
(電話・メール)


※価格は旅行先によって異なるため、ここでは便宜上ハワイへのWi-Fiレンタル料金を引用しています。

ここからは海外でWi-Fiを利用したい人に向けて、Wi-Fiレンタル業者の主要4社を比較していきます。 その4社とは、表にある通り「フォートラベル」「グローバルWi-Fi」「イモトのWiFi」そして「Wi-Ho!」。これら4社の料金、速度制限、利用期間、サポート内容等をそれぞれ比較していきます。

フォートラベル GLOBAL WiFi

「フォートラベル GLOBAL WiFi」の料金は、他の海外レンタル会社のサービス料金と比べるとかなり安価。WiFiレンタルを安く済ませたい人は、フォートラベルがおすすめ。 渡航中Wi-Fi関連のトラブルに見舞われたとしても、電話やメールはもちろん、LINEやSkypeでのお問い合わせが可能。手厚いサポートの魅力の1つです。 ハワイへのWi-Fiレンタル料金は388円〜/日。レンタル料は地域ごとに異なるので、詳しくは公式サイトをチェックしましょう。

GLOBAL/グローバル WiFi

グローバルWiFiは、通信容量を使い切ってしまったとしても、渡航中にデータ容量を追加可能。また「電話、メール、LINE、Skype」でのサポートが受けられたり、レンタルWi-Fi機器の受取・返却場所がとても多いなど、手厚いサービスが魅力です。 料金はやや高めですが、手厚いサポートや補償サービスが充実しているグローバルWiFi。海外旅行を安心して楽しみたい人におすすめです。 また当サイトから申し込むと、Wi-Fi通信料が1,000円割引!契約を検討している人は、以下のバナーから情報をチェックしてみましょう!

イモトのWiFi

「イモトのWiFi」は、他の海外レンタルWi-Fiの料金と比べるとやや高めの料金設定。しかし旅行の30~60日前に申し込むと料金が安くなる「早期割」や、長期間の旅行で使える「長期割」を利用することで、安くレンタルすることができます。 Wi-Fiの他の会社と同様、通信容量を超えると速度制限や利用制限がかかることも。しかしグローバルWi-Fiと同じように、渡航中に通信容量のチャージが可能です。 海外旅行だけでなく、国内旅行にも利用できるイモトのWiFi。利用料金は利用条件ごとに異なるので、詳細は公式サイトからチェックしましょう!

Wi-Ho!

「Wi-Ho!」でWi-Fiをレンタルする時には、翻訳機やモバイルバッテリーなどをオプションで追加することができます。トラブル時のサポートとして、電話・メールでの24時間サポートがあるので、海外旅行でも安心して利用できそうです。 利用料金はそれほど安く設定されているわけではありませんが、キャンペーンや、長期割・早割を活用すればお得にレンタル可能。 料金は旅行先によって異なるので、詳細は公式サイトをチェックしてみましょう。

Wi-Fiレンタルを上手く使ってどこにいてもネット環境を快適に!

モバイル Wi-FI、wifi、スマホ、インターネット、フリー素材

Wi-Fiレンタルは国内旅行だけではなく、海外旅行、出張、帰省、引っ越したばかりなど様々な場面で利用できますが、Wi-Fiをレンタルするのはチェックするポイントが多く大変です。 しかしここまでこの記事を読んでくれた皆さんにとって、Wi-Fiレンタルはさほど難しいことではないかもしれませんね。今回の記事が少しでも皆さんの役に立てばと思います。快適なネット環境を思う存分楽しみましょう。