2021年8月25日更新

Y!mobile(ワイモバイル)の評判は悪い?プランや料金など実際の口コミを徹底調査!

Y!mobile 評判 サムネ

Y!mobile(ワイモバイル)の評判ってどうなの?口コミからメリット・デメリットを解説

2014年からソフトバンクのサブブランドとして発表されたワイモバイル。今非常に注目されている格安SIMの1つです。回線が安定して月額が安いと聞くと惹かれますが、実際に使ってみた人の声が気になりますよね。 そこで今回はTwiiterや口コミサイトを徹底調査。すると以下のようなデメリットとメリットがあることがわかりました。

ワイモバイルのデメリット

  1. 基本料金が割高
  2. プランの選択肢が少ない
  3. 低速モードに手動で切り替えられない

ワイモバイルのメリット

  1. 通信速度が速い
  2. サポート体制が充実している
  3. 各種割引オプションやポイント還元がお得

こうした短所と長所をもとに、ワイモバイルのリアルユーザーの評判・口コミを紹介していきます! ※記事内の情報は2021年8月現在のものを参考にしています。実際の情報と異なる場合があるため注意してください。 ※記事中の金額は全て税込表記となっています。

話題の格安SIM・ワイモバイルとは?

ソフトバンクが運営する格安SIM

2015年に大手キャリアのソフトバンクモバイル株式会社に合併され、サブブランドとして通信サービスを提供しているワイモバイル。2020年度のサービス産業生産性協議会の「日本版顧客満足度指数」で、3年連続「スマホ満足度No.1」を獲得している大人気格安SIMです。 人気の理由の1つに、ソフトバンクの安定した通信回線を直接利用していることが挙げられます。ネット回線の集中する夕方~夜中にかけた時間帯でも、通信速度は十分満足できるとユーザーからの評価は高いです。

プランは3つのシンプルな選択肢!

ワイモバイルの料金プランは「S/M/L」と全部で3つあります。 高速通信データ3GBのシンプルSプランは月額2,178円(税込)、15GBのシンプルMプランは月額3,278円(税込)、そして25GBのシンプルLプランは月額4,158円(税込)です。 ワイモバイルはよくある1年目だけの格安プランというわけではなく、2年後も3年後もその先もずっと変わリません。「途中でいつの間にか高くなっていた」ということもありません。

Y!mobile「シンプルS/M/L」
プラン 通信容量 月額料金
(税込)
データ増量
オプション
シンプルS 3GB 2,178円 +1GB/550円
シンプルM 15GB 3,278円 +3GB/550円
シンプルL 25GB 4,158円 +3GB/550円

※表は横にスクロール可能
※この情報は8月24日時点のものです。

リアルユーザーの声!ワイモバイルの評判を口コミから調査

ここでは実際にワイモバイルを使用しているユーザーの口コミを、以下の3つの観点から紹介します。

ワイモバイルの口コミ

  • 料金とプランについて
  • 通信速度について
  • 端末について

【料金/プラン】に関する口コミ

悪い口コミ:料金が割高

ワイモバイルの料金に関しては「ちょっと高い」という評価の人が多いようでした。 従来の大手キャリアの料金プランに比べるとお得なワイモバイル。しかし大手キャリアから新たに打ち出された、20GBで3,000円前後のahamo・povo・LINEMOに比べると、15GB/3,278円のワイモバイルは割高に感じますよね。

良い口コミ:割引サービスを使える人はお得

ワイモバイル支持派の人を見ていくと、割引サービスを上手に利用していることが共通点として挙げられました。 ワイモバイルには、月額料金が他の格安SIMに比べてかなり安くなる割引キャンペーンが2つあります。 1つ目は、家族の誰か1人が指定の料金設定プランを契約すると、2人目以降の基本使用料がプランによって毎月550円または1,080円の割引となる「家族割」。親戚などの縛りはなく、別居でも問題ありません。最大9回線まで適用されるので、月々最大4,950円の割引が可能になります。 2つ目は指定の料金設定プランとSoftbank光またはSoftbank Airを同時に利用すると、プランによって毎月550円または1,080円の割引になる「おうち割 光セット(A)」。4人家族で利用した場合、月々最大4,320円の割引になるので、大変お得です。 ただしこの2つの割引は併用ができないので注意。自分はどちらを適用したらよりお得になるのか、しっかりと調べて選びましょう。

【通信速度】に関する評判・口コミ

通信速度が安定している

前述の通り、ワイモバイルの速度に関する口コミは全体的にかなり好評でした。 ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドのため、大手キャリアと同じ基地局を使用しています。 そのため通信速度は格安スマホの中でも上位の速さ。混雑しやすい昼や、夕方から深夜にかけても比較的繋がりやすいと評判です。 ciatr編集部が実施した格安SIM13社の速度調査においても、通信の安定面で13社中4位にランクインしており、評判の信ぴょう性が伺えますね。

通信速度の比較をもっと詳しく!

速度制限中も比較的使いやすい

通信制限時も「シンプルプランM/L」であれば1mbpsと比較的速い速度が出るため、大きな問題がないという声も多くみられました。 例えば格安SIM大手の「mineo(マイネオ)」は通信制限時0.2mbpsにまで下がってしまいます。比べてみるとワイモバイルの速さがよく分かります。

【端末】に関する評判・口コミ

ワイモバイルの端末に関しては「安い」という声がみられました。

これはワイモバイルが実施している割引によるもの。特に他社から乗り換えの場合は18,000円割引となります。これは他社と比べても驚きの割引です。 近年人気のOPPOやAQUOS sense4 basicなどが1万円以下で購入できます。大手キャリアから乗り換えるついでに機種変更も考えている人は、ワイモバイルがお得です。 その他、「種類は少ない」という声が多いものの、全体的には好意的な評価も多いようでした。 2021年8月時点で、ワイモバイルで取り扱いのある端末は以下となります。

Apple iPhone 12
iPhone 12mini
iPhone SE
iPhone 11
iPhone 7
iPhone 6s
Android Redmi 9T
Xperia10 Ⅲ
OPPO Reno 5A
Libero 5G
Android One S8
QUOS sense4 basic
OPPOReno3A
かんたんスマホ2
Xperia10Ⅱ
Android One S7
Android One S6
Libero S10
Xperia 8
HUAWEI P30 lite
Android One X5
Android One S5

iPhoneを中心に間違いない機種が揃ったラインナップと言えるでしょう。

\おすすめの機種を紹介/

ワイモバイルの悪い評判・デメリット

ここからは、その他のワイモバイルのイマイチな評判・デメリットを、以下の3つにまとめて紹介します。

ワイモバイルのデメリット

  1. プランの選択肢が少ない
  2. 低速モードの切り替えができない
  3. カウントフリーのオプションがない

デメリット①:プランの選択肢が少ない

2021年2月から新料金プラン「シンプルプランS/M/L」を提供しています。わかりやすいプランですが、3/15/25GBの3つのデータ容量からしか選べないことに物足りなさを感じる人が多いようです。 「もう少しプランの選択肢を増やしてほしい」という声が多数挙がっていました。スマホ利用者が増えている中、幅広い年代のユーザー層に寄り添った料金プランが提供されればいいのに……と、個人的にも惜しく感じるポイントです。 また他の大手キャリアや格安SIMが提供しているような「データ使い放題プラン」はありません。そのため使いすぎてしまった月は注意が必要です。高画質の動画の視聴やゲームのダウンロードなど、高速通信をよく利用する人にとっては大きなデメリットになります。

デメリット②:低速モードの切り替えができない

一部の格安SIMではデータ容量節約のため自ら「低速モード」に切り替えることができます。しかしワイモバイルには通信速度を切り替える設定がありません。 スマホを使えば使うほどデータ容量は減ってしまうので、抑えて使うことが難しいです。なるべくWi-Fi環境でネットや動画を楽しむなど、工夫が必要になるので面倒くさいという声も。

デメリット③:カウントフリーのオプションがない

カウントフリーとは、TwitterやYouTubeといった特定のアプリで使ったデータ容量は消費(カウント)されないというサービスです。つまりデータどれだけ使っても使い放題。 元々プラン内容に入っていたりオプションで後から付けれたりすることが多いのですが、残念ながらワイモバイルにはカウントフリーのサービスがありません。 しかし、街中に利用可能なWi-Fiスポットが多いため、カウントフリーがなくても特に問題ないという声も見られました。

カウントフリーオプションがある
格安SIMはこちら!

ワイモバイルの良い評判・メリット

次に、ワイモバイルの良い評判やメリットを以下の4つにまとめて紹介していきます。

ワイモバイルのメリット

  1. サポート体制が安心
  2. Yahoo!やPayPayで特典がもらえる
  3. ソフトバンクWi-Fiスポットが使える
  4. 通信制限時も速度が速い

メリット①:サポート体制が安心

全国に800以上もの独立型店舗を構えているため、直接お店へ行きやすいことはメリットです。契約時もスタッフの対応が丁寧で、わからない点は何度も教えてくれたという口コミも。初めて格安スマホに乗り換える人にとっては安心ですね。 さらにワイモバイルのサイトでは24時間利用できるチャットスペースがあるので、不明点をすぐに聞くことができます。LINEの公式アカウントでもサポートを受けることができますよ。

メリット②:Yahoo!やPayPayで特典がもらえる

ワイモバイルはYahoo!やPayPayの特典が多くもらえることで知られています。 ワイモバイルユーザーは「PayPayモール」や「Yahoo!ショッピング」におけるポイント還元率が通常に比べて最大10%近く高くなります。普段からPayPayを多く使う人は非常に多くの特典をゲットできますよ。

メリット③:ソフトバンクWi-Fiスポットが使える

ソフトバンクが提供する公衆無線LANサービスエリアである「ソフトバンクWi-Fiスポット」。ワイモバイルで契約をすれば、全ての「ソフトバンクWi-Fiスポット」を無料で利用できます。 場所は主要な駅や空港、飲食店、ホテル、公共施設など全国各地に広がっています。 ほかにも「BBモバイルポイント」のステッカーのあるエリアも無料でWi-Fiを利用できます。この2つのWi-Fiスポットを利用すれば、出先でもデータ使用量を大幅に抑えられますよ

メリット④:通信制限時も速度が速い

先ほども紹介した通り、ワイモバイルは通信制限がかかっても速度が速いことで有名です。 ワイモバイルは利用可能データ容量を超えてデータを使用してしまった際、シンプルプランMまたはLを契約していると最大1Mbpsの速度制限がかかります。 しかしこの1Mbpsという通信速度でネットで検索をしたりLINE受信をすることは十分なので、正直そこまで通信制限の苦痛を感じるレベルではないです。 中には動画も画質を下げれば問題なく視聴できるという口コミもあるので、月末のデータ容量を使い切ってしまった後もストレスなく使えますよ。

【結論】ワイモバイルがおすすめなのはこんな人!

格安sim y!mobile おすすめ

ここまでをまとめると、ワイモバイルは次のような人にオススメです。 ・格安SIMでも安定した通信がほしい人 ・割引サービスを利用できる人 「安定した通信回線は必須!」という人には、キャリアのサブブランドといった特殊な位置づけにあるワイモバイルはピッタリです。 基本的に格安SIMはキャリアの基地局を間借りしているため、通信速度が劣る点をデメリットとされてきましたが、ワイモバイルはソフトバンクの通信回線を直接使用しているので、キャリア並みの高速通信が可能になるのです。 またワイモバイルではさまざまな割引キャンペーンが実施されているので、今回紹介した「家族割」や「おうち割」を併用して契約すると、他格安SIMよりも月額料金が格段にお得になります。

ワイモバイルで実施中のキャンペーン紹介

上記で紹介したキャンペーン以外にも、ワイモバイルではお得なキャンペーンを実施中です。 ぜひ上手に併用して、月々の利用料を安くしましょう!

ワイモバイルのおすすめキャンペーン

  • 60歳以上 通話ずっと無料キャンペーン
  • 下取りプログラム

60歳以上 通話ずっと無料キャンペーン

■適用条件:シンプルS/M/L、スーパーだれとでも定額(S)へ加入かつ60歳以上 ■適用期間:2021年2月18日~ 「60歳以上 通話ずっと無料キャンペーン」は、60歳以上の場合、国内通話がかけ放題のシンプルS/M/Lの通話定額オプション「スーパーだれとでも定額(S)」の月額料が1,100円割引になるキャンペーンです。

下取りプログラム

■適用条件:シンプルS/M/Lへ加入 ■適用期間:2016年11月1日~ 下取りプログラムは、新規加入・MNP・機種変更・契約変更をされた人を対象に、それまで利用していた端末を下取りし、下取り対象機種に応じた特典が付与されるキャンペーンです。 iPhoneをはじめとした幅広い機種が下取り対象となっており、特典内容はPayPayボーナスと購入機種代金値引きのいずれかが選択できます。

さらに詳しい情報を
\公式サイトでチェック/

ワイモバイルは口コミや評判が上々!割引利用で非常にお得

今回の記事では、ワイモバイルを利用しているユーザーのリアルな声をもとにメリット・デメリットを紹介しました。 ワイモバイルはキャリア並みに安定した通信が欲しい人や、「家族割」「おうち割」といった各種割引サービスを契約プランと一緒に申し込みできる人にオススメです。 キャンペーンなどを上手く利用して、安定した通信回線を利用できる格安SIMのワイモバイルへ乗り換えしましょう!

ワイモバイルが合わなそうな人は
こちらの記事もチェック