2021年5月19日更新

本当に楽天モバイルの速度は遅い?通信速度や速度制限時の速さを徹底解説!

楽天モバイル速度

料金の安さや「楽天回線エリアなら通信制限なし」など特徴的なサービスで注目を集める楽天モバイルですが、実際の通信速度はどうなのでしょうか。この記事では楽天モバイルの通信速度や通信制限時の速さについて解説していきます。

目次

遅い?楽天モバイルの速度徹底解説【通信速度・速度制限時の速さに注目】

吹き出し アイコン

楽天モバイルに乗り換えたいけど、速度が心配。

吹き出し アイコン

たしかに。いくらお得だからって速度は妥協したくないよね。この記事では楽天モバイルの速度について詳しく書いてあるみたいだよ。一緒に読んでみよう!

自社回線を利用した格安の料金プランや、1年間月額料金が無料などの特徴的なサービスで注目度の高い楽天モバイルですが、実際に使ってみて通信速度が遅かったら不安、など通信速度が気になる人も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、楽天モバイルの通信速度について解説していきます。

この記事でわかること

  • 楽天モバイルの通信速度
  • 速度が遅いと感じた時の対処法
  • 速度の測定方法
  • お得なキャンペーン

そもそも「速度」って何?単位をおさらい

通信速度、パソコン、フリー素材

楽天モバイルの通信速度について解説する前に、そもそも「速度」とは何なのか、単位について解説していきます。 一般的に通信速度を表すときには、「Mbps」(メガビーピーエス)という単位が使われます。これは1秒間に送受信可能なデータ量を表す単位のことで、数値が大きいほど通信速度が速くなるのです。 例えば「8Mbps」という数値は、1秒間に8Mbit(メガビット)の通信ができるということです。8bit = 1Byteなので「8Mbps」という通信速度では1MB分のデータを1秒程度で通信できる、ということになります。 ちなみに通信速度についてはおおよそ「10Mbps」以上であれば、快適に通信ができると考えて大丈夫です。

楽天モバイルには2つの速度がある

楽天モバイルでは、楽天モバイルが運用している「楽天回線」とau回線に接続して利用する「パートナー回線」の2種類の回線があります。 それぞれの回線で利用できるエリアや通信速度が変わってくるので、ここでは2つの回線についてどの程度の速度が出るのか解説していきます。

楽天回線エリアの速度

格安SIM 電波

楽天回線には「Band3」という周波数割り当てを受けており、最大で400Mbpsの通信速度が出ます。 ただしこれはあくまでも理論上の数値であり、実際の通信速度とは異なります。あくまでも通信速度の最大値が400Mbpsと考えてください。 ただ実際の通信速度で400Mbpsの通信速度を計測することはほとんどないものの、楽天回線エリアでは快適に通信ができると考えて問題ないでしょう。「パートナー回線」よりも利用できるエリアは限られますが、安定して高速通信が行えます。

パートナー回線エリアの速度

格安SIM シェア

パートナー回線の理論値は発表されていません。しかしauの回線を利用しているため、auと同じ最大1Gbpsの通信速度が出ると考えられます。 ただし、パートナー回線の通信速度は多くの場合楽天回線よりも遅くなります。その分楽天回線よりも利用できるエリアが広範囲にわたるので、東京や大阪などの都市部では楽天回線、地方での通信はパートナー回線で行うなど使い分けるといいでしょう。

楽天モバイルは他社と比べて速い?

格安SIM

楽天モバイルは比較的新しいサービスということもあり、他のキャリアと同じように快適な通信が行えるのかどうか、気になっている人も多いのではないでしょうか。 結論から言うと、楽天モバイルの通信速度は十分実用的と言えます。 auの回線網を利用するパートナー回線こそ一般的な格安SIMと同様に通信速度が遅くなってしまいますが、混雑時間帯を除けば快適な通信が行えます。 また楽天回線のエリアであれば大手キャリアと同様の通信速度で通信が行えるので、全体としては格安SIMよりも快適な通信が行えると考えて大丈夫です。

楽天モバイルの速度制限はいつ来るの?

楽天モバイルで速度制限が来るとどうなるのか、気になっている人も多いですよね。そこで、以下では速度制限について詳しく解説していきます。

パートナー回線エリアの通信量を使い切った時

格安SIM 条件

楽天モバイルではパートナー回線(au回線)を利用する時に速度制限がかかる場合があります。 速度の制限がかかる容量はパートナー回線エリアを国内なら5GB、海外であれば2GB使用した場合で、この容量を超えるとパートナー回線の利用に速度制限がかかる、という仕組みになっています。

【驚愕】楽天回線エリアなら通信制限がこない

格安SIM スマホ ソフトバンク

先程はパートナー回線の速度制限の条件を解説しましたが、楽天回線が速度制限される条件についても気になるかと思います。 しかし驚くことに楽天モバイルは楽天回線エリアであれば通信制限はかかりません。大手キャリアでも容量無制限の料金プランはありますが、楽天モバイルは月額3,000円代で容量無制限を実現しているので大きなアドバンテージがあります。

楽天モバイル、速度制限時の遅さはどれくらい?

先程もお話しした通り楽天モバイルではパートナー回線のエリアにおいて速度制限がかかってしまいます。 ただし、通信制限がかかった後の速度は約1Mbpsとかなり速いです。 この速度は通信量を消費するYoutubeの視聴においても480pの解像度であれば快適に視聴できるレベルの速度なので、SNSの利用やWeb閲覧、軽い動画視聴程度であれば問題なく利用できると考えて大丈夫でしょう。

楽天モバイルの速度制限が解除される時期

格安SIM 時期

楽天モバイルで1度制限された高速通信は、毎月1日の午前0時に解除されます。 新しい月が始まると同時に解除されるので、解除の目途が分かりやすくて便利ですね。

楽天モバイルで速度制限を受けないための対策法

楽天モバイルの速度制限は他のキャリアと比較しても快適に通信が行える速度になっていますが、そうはいっても速度制限は回避したいですよね。 そこで、以下では楽天モバイルで速度制限を受けないために簡単にできる対処法を紹介します。

アプリを開きっぱなしにしない

格安SIM

スマホを利用しているときは、現在利用しているアプリ以外はなるべく閉じるのがおすすめです。 アプリによっては開いているだけで常時通信容量を消費するアプリもありますし、バッテリーもアプリを開いているほど消費します。 さらにはたくさんのアプリを開いていることで端末に負荷がかかり、動作が遅くなることも。通信速度は出ているのにページの読み込みが遅い、などを感じた場合は、まず利用していないアプリを閉じるといいでしょう。

端末を最新のものに買い替える

スマホを使う人 格安SIM

現在利用している端末が何年も前の古い端末だと、それも通信速度に影響します。通信設備は日々新しいものに置き換わっているので古い端末だと新しい通信設備から発せられる電波を拾えないこともあるのです。 また端末が古い分動作が重く、通信速度に関係なくページの読み込みが遅くなってしまいます。現在使っている端末の動作がカクカクして使いずらい、もっと快適に利用したいといった場合は思い切って端末を買い換えてみるのもおすすめです。

設定で回線を固定する

格安SIM 比較 ソフトバンク

楽天モバイルでは自社(楽天)回線エリアにいるのにパートナー回線に繋がってしまうなど回線の切り替えが上手くいかないことがあります。 楽天回線エリアにいる場合は楽天回線を利用した方がもちろん通信容量を消費しませんし、より高速に通信も行えて便利です。 そこで楽天モバイルでは、通信回線を固定できる方法があります。しばらく楽天回線エリアから出ない場合は、設定で通信回線を楽天回線に固定してしまいましょう。

読みたい見出しをクリック

【番外編】回線の固定方法

【実測】楽天モバイルの速度を測る方法

ここまで楽天モバイルの通信速度について解説してきましたが、実は楽天モバイルの通信速度は自分で測定することもできます。 通信速度を測定するには測定アプリを利用します。 通信速度を測定すると、どのエリアでどの程度の速度が出るのか、今の通信速度だとページの読み込みにどれだけ時間がかかるのかなどが数値で確認することができます。 以下では測定の方法や数値の見方に付いて解説していきます。

speed testなどの測定アプリを使う

時間

楽天モバイルで現在どれくらいの速度が出ているのか測定するためには、専用のアプリを使う方法がおすすめです。 測定時、特に注目したいのがダウンロード速度・アップロード速度・Pingの3つの数値です。以下では3つの速度の特徴と見方についてまとめているので、気になる人は確認してみてください。 ・ダウンロード速度→データの読み込みにかかる速度を表す。Webサイトや動画の閲覧に影響。 ・アップロード速度→データの送信にかかる速度を表す。メッセージの送信やSNSへ投稿する速度に影響。 ・Ping→通信の遅延度合いを表す数値。数値が少ないほど遅延も少なくなる。

【番外編】使用回線の固定方法

格安SIM 手続き 面倒

前半部分で、楽天回線エリアでもパートナー回線に接続してしまうのを防ぐためには回線を設定で固定して利用した方が良いと説明しました。 ここでは使用回線の固定方法について解説していきます 1 まずは端末の設定画面を表示します。 2 その後、「モバイルデータ」や「SIMカード」などの記載がある項目をタップします。 3 「通信事業者」をタップ、優先するネットワークの自動選択をOffにし、「Rakuten 4G」を選択すれば回線の固定は完了です。

【最新】楽天モバイルのキャンペーン!

最後に、2021年4月現在楽天モバイルで行われているお得なキャンペーンについて解説していきます。

iPhone発売記念キャンペーン

格安SIM スマホ ソフトバンク

今まで楽天モバイルの弱点でもあったiPhoneですが、ついに楽天モバイルでiPhoneの取り扱いがスタートしました! まず紹介するiPhone発売記念キャンペーンは、「Rakuten UN-LIMIT VI」に新規、乗り換え、または楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)の料金プランから移行で申し込んだ後、申し込み日と同日に対象製品いずれかを購入することで15,000円相当の楽天ポイントがプレゼントされるキャンペーンです。 対象となる製品はiPhone 12 Pro Max・iPhone 12 Pro・iPhone 12・iPhone 12 mini・iPhone SE(第2世代)の5種類となっています。

【Rakuten UN-LIMIT VI】プラン料金3カ月無料キャンペーン

プラン料金3カ月無料キャンペーンは「Rakuten UN-LIMIT VI」に新規、乗り換え、または楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)の料金プランから移行で申し込むと、プラン料金が利用開始日から3カ月間無料になるキャンペーンです。 特別な条件は必要なく、「Rakuten UN-LIMIT VI」に申し込めば最初の3カ月間は料金が無料になるので、試しに楽天モバイルを利用してみたいという人にとっても嬉しいですね。

楽天モバイルの速度まとめ!通信速度や速度制限時の速さを知って後悔のない乗り換えをしよう

この記事では楽天モバイルの通信速度についてまとめました。楽天モバイルは新しいサービスなのでエリアや通信速度が不安に感じる人も多いかもしれません。 そんな人に朗報!この記事からもわかるように楽天モバイルはパートナー回線と楽天回線の両方が利用できるうえに、通信速度も優れているので安心して利用できます。 月額料金も非常に安く利用できるので、楽天回線エリア在住の人や1Mbpsの速度制限なら平気という人に楽天モバイルは非常におすすめです。