2021年5月26日更新

UQモバイルの新料金プランは実際どう?既存プランとの違い・他社比較など徹底解説

サムネ

大手キャリア、auのサブブランドであるUQモバイルが新料金プランを発表しました!今回はプラン内容の詳細を徹底リサーチ、さらに従来の料金プランと比べてどのように変わったのかを紹介します。メリット・デメリット含めてわかりやすく解説していきますね!

目次

UQモバイルが新料金を発表!既存プランと何が変わったのか徹底解説

通信速度に定評があるUQモバイル。ついに新料金プランが発表されました! プランの種類は増えましたが、新料金プランに興味を持っている人の中には「実際どれくらいお得になったの?」「新しく何が変わったの?」など疑問を感じている人も多いでしょう。 そこで今回の記事では、UQモバイルを検討している人に向けて新料金プランの内容を徹底解説し、他社の格安SIMの料金プラン・サービスと比較紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね!

UQモバイルの料金プランのこれまでとこれからをおさらい

それでは、まずはUQモバイルのこれまでの料金プランと新料金プランについて解説します。

【新料金プラン】くりこしプラン

UQモバイル
プラン 通信容量 月額料金
(税込)
くりこしプラン
S
3GB 1,628円
くりこしプラン
M
15GB 2,728円
くりこしプラン
L
25GB 3,828円

※表は横にスクロール可能
※この情報は3月30日時点のものです。

まずは、新料金プラン「くりこしプラン」から解説していきます。普段からそこまでスマホを使用しない人はプランSを選んでも十分満足できるとの声がありました。 しかし、SNSやYouTubeなどをよく利用する場合は、通信ストレスなく使えるプランLがおすすめです。 新料金プランになったことで他社と比べても料金プランの安さが顕著となり、乗り換えを検討し始めている人も多いようです。

【既存プラン】データ高速プラン/データ無制限プラン

新料金プランの他に従来から提供されている「データ高速プラン」「データ無制限プラン」があります。データ高速プランは、月間データ容量3GBまでなら受信速度最大225Mbpsまで利用可能です。一方、データ無制限プランはデータ容量は使い放題ですが通信速度は500kbpsのプラン。 これらのプランは音声通話無しのため「サブとして持ちたい」「とにかくデータを気にせず使いたい」というユーザーから選ばれていましたが、残念ながら既に2021年3月31日で新規申し込みが終了しています。

【オプション】かけ放題サービス

電話 通話 格安SIMフリー 携帯

大地真央さんを中心に女優3人がシニア世代に変装したCMでお馴染みのシニア対象の「かけ放題サービス」をご存知でしょうか? 国内なら24時間いつかけても無料の「かけ放題サービス」はオプション料金1,870円(税込)発生しますが、60歳以上であればなんとたったの770円(税込)でかけ放題に! サービス利用中はずっと1,100(税込)円OFFになるので、期限を気にする心配も無し。両親や祖父母がメールやメッセージアプリをあまり利用しないなら、こちらの「かけ放題サービス」を紹介して家族内での電話を楽しんでみるのもいいですね!

UQモバイルの新料金プランは既存のプランと何が変わった?徹底解説

UQモバイルの新料金プランは既存のプランと比べてどのように変化したのか、徹底ガイドします!

①料金が圧倒的に下がった

フリー素材、お金、利益、通過、現金、コイン、経済、給与、貯蓄、節約

最も大きい変化は、月額料金が圧倒的に下がったことです。例えば旧プランの3GBは2,178円(税込)だったのに対して、新料金プランだと同じデータ容量で1,628円(税込)と500円近くお得になっていました。 ここまで目に見えて料金が下がっていると、ユーザーからの声を真摯に受け止めてより良い料金改革をしているUQモバイルに今後も更に期待できますよね。 ちなみに25GBのプランLの価格に関しては、格安SIMの中でも勢力を伸ばしている「楽天モバイル」の20GB超過後どれだけ使っても3,278円(税込)の新プランに対抗しているのかもしれません……。なんにせよ、今後ますます格安SIM会社の中で熾烈な料金プランの争いが繰り広げられる可能性も高そうですよね。

②プランの通信容量が変わった

格安SIMフリー素材 スマホ 携帯 スマートホン スマートフォン iphone android

旧プランではデータ容量3GBと10GBの2つのみでしたが、新料金プランになってからは3GB・15GB・25GBの3つから選べるようになりました。 選択肢が増えた理由にも、UQモバイルがユーザーの立場を考慮した心遣いがあるよう。 UQモバイルの担当者によると、3GBの次が15GBというように幅を利かせたのは、店舗で契約してもらう時にお客様に「このプランにする」と決めてもらうには選択肢が少なく、希望に添えていないのではないか、という疑念があったためだと言います。 現代のネット普及率に対応して容量の幅が広がったことは、私たちユーザーとしても選びやすくなったと感じますね。

③容量のくりこしができるように

格安SIM 時期

「くりこしプラン」でも旧プラン同様に、当月余ったデータ容量は次月に繰り越しできます。データ容量は、過去の繰り越し分→月間データ容量→追加購入データ容量の順番に消費されていきます。 気になる繰り越し上限は「くりこしプランS」の場合は最大3GB、「くりこしプランM」は最大15GB、そして「くりこしプランL」の場合は最大25GBとなります。 月末に使いきれなかったデータ容量を無駄にせず、翌月に使いまわせるので安心ですね。

④節約モード

スマホを使う人 格安SIM

UQモバイルには通信量を消費しない「節約モード」があります。「今月は少しデータ容量を使いすぎているから抑えたい」という場合には、通常時の高速モードから節約モード機能に切り替えることでデータ容量の消費を0にすることができます。 切り替えの方法はUQモバイルポータブルアプリから簡単に操作可能、その画面内で現在の使用可能データ容量を確認することも可能。なお節約モードでも最大300kbpsまで送受信対応なので、LINEやメール程度のアプリなら問題なく利用できます。 既存プランにも「節約モード」はありましたが、マイナーな機能のためあまり周知されていなかったよう。しかしとても便利な機能なのでぜひ活用してみてくださいね。

他社と比較したUQモバイル新料金プランの強みを解説

ここからは他社と比較したUQモバイル新料金プランの強みについて詳しく説明していきます。 次項からは、大手キャリアauのサブブランドとして同系列で似たように見える「povo」と、UQモバイルがライバル視していると言われている「楽天モバイル」と比較して紹介します。

UQモバイルを選ぶ理由【vsPOVO】

povo 格安SIM

UQモバイルと並んでauのサブブランドとして2021年3月に提供された格安SIM「povo」。プランはデータ容量20GB対応の月額料金2,728円(税込)があり格安SIMの中でも安い料金設定となります。しかしワンプランのため、20GBでは容量が足りないという人には向いていません。 また契約手続きやサポートがオンラインのみのため、店舗で契約したい人やスタッフと対面で手続きしたい人には、実店舗の多いUQモバイルがオススメです。 オンライン専用の「povo」に対して、シンプルかつ低価格というコンセプトのUQモバイル、契約から使用感に至るまで不安を感じたくないのであればUQモバイルを選ぶと良いでしょう。

UQモバイルを選ぶ理由【vs楽天モバイル】

楽天モバイルcavnaロゴ

2021年4月から新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」を発表し、多くのスマホユーザーから支持を浴びた「楽天モバイル」。ワンプランながら1GB以下まで月額料金無料という驚きの料金設定で、今注目を浴びている格安SIMの一つです。 しかし通信速度においては、自社回線エリアが限られているためエリア外での利用だと低速になってしまうという不満の声も。さらにお得なプランやオプションが豊富にみえますが、よくよく調べてみると制約が多かったり、オンライン上での契約を促されるという口コミも。 一方で、UQモバイルはシンプルかつお手頃な料金プランを展開していて、なおかつ店舗志向のため何か困ったらお店へ直接確認に行けるので安心して契約できそうです。

家族割がない=1人からでも気軽に利用できる

格安SIM

他社の格安SIMではよく見かける「家族割」がありません。 UQモバイルでは、「シンプル」かつ「お手軽」をウリにしているからこそ、あえて家族割を廃止して1人からでも気軽に利用できるというコンセプトにしています。 そのため一回線目から利用でき、基本の料金プラン自体を下げるという施策に打ち出すことで、ユーザー一人一人に対して満足のいくサービスを提供しているのです。

UQモバイルはこんな人におすすめ!

ここまでさまざまなメリットを挙げましたが、まとめるとUQモバイルは次のような人にオススメです。 ・幅広いGB数から選ぶことができる料金プラン希望! ・データ容量を無制限にするほどではなけれど、普段使って困らない程度には欲しい。 ・格安SIMに乗り換えたいけど、手続きが1人で勧められるか心配だから店舗でスタッフと一緒に進めたい……。 ・逆に、好きなタイミングで1人で気軽にオンラインから申し込みたい。 信速度に悩まされることなく、安定した通信回線を持つ格安SIMがいい! 筆者自身もUQモバイルを長年利用していますが特に不満点はなく新料金に切り替わったことで、スマホ料金を抑えて使えているな、という実感があります。

現在UQモバイルで開催中のキャンペーン

2021年5月現在、UQモバイルで開催中のキャンペーンを紹介します。

利用のスマホ下取りサービス

格安SIMフリー素材 通信 回線 ネット 

UQモバイルでは、機種に応じた下取り金額が還元されます。機種は他社ブランドでも対応可能なので安心。下取りの対応機種と金額は公式サイトから毎月公開されているので、手持ちのスマホがどれくらいの値段で売れるのか事前に確認することもできます。 下取り条件として、「くりこしプランS/M/L」への申し込みをすること、スマホ自体に破損・水濡れ等がないことなので注意しましょう。

auPAY生活応援企画

格安SIM au

ローソンとauがコラボした「auPay生活応援企画」では、ローソンで買い物をする際にauPayを利用すると200円(税込)ごとに6Pontaポイント(3%)が還元されます。実施店舗はローソンだけでなく、ナチュラルローソンやローソンストア100などでも対応しています。 さらにローソンアプリからauPayが利用できるようになったため、ローソンアプリ限定のクーポンや引換券もGETできちゃいます!普段からローソンをよく利用する人は、支払方法をauPayに変えておトク買い物しましょう。

UQモバイルの新料金プランは「ちょうどいい」1人で気軽に乗り換えたい人におすすめ

UQモバイルで発表された新料金プラン「くりこしプランS/M/L」について紹介しました。既存プランからも大きく値下げされ、データ容量の幅も広がっているので選択肢が増えてお得感満載! 他ではあまり見かけない15GB/25GBというプランは、痒い所に手が届くGOODなデータ容量でもあり、求めていたユーザーは多いはず。 他社と比べてもお得なサービスが豊富なので、格安SIMを検討中の場合はぜひUQモバイルを検討してみてくださいね。