2021年6月3日更新

iPhoneSIMフリーの購入前に知っておきたい!デメリットや安く買う方法を徹底解説

iphone simフリー 

「iPhoneで格安SIMを使いたい!」そんな人はまずiPhoneのSIMフリー版をチェックしましょう。今回はiPhone SIMフリーの購入を検討している人に向けて、購入前に知っておきたいデメリットや、おトクな利用方法を紹介します!

目次

iPhoneのSIMフリー版を購入するメリット・デメリットや安く買う方法を紹介

iPhoneには、大手キャリアで購入する「キャリアモデル」と、契約先をキャリア・格安SIMどこからでも選べる「SIMフリー」の2種類があります。 スマホ料金を安く抑えたい人には断然SIMフリーがおすすめ!本記事ではiPhoneのSIMフリー版をお得に購入する方法や、メリット・デメリットを徹底解説します。

そもそもSIMフリースマホとは?

格安SIMフリー画像 返却

SIMフリーとは、購入元のキャリアの通信回線でしか使えない「キャリアモデル」のシステムが最初から解除されている状態、つまりいろいろなSIMカードを入れ替えることができる端末のことを指します。 逆にSIMフリーでないスマホは決められたキャリアのSIMしか使えないよう設定されています。 自分で好きな通信会社を選べるので、どこで契約するか迷っている場合はSIMフリー版を選ぶのがおすすめです。

SIMフリースマホを購入するメリット

SIMフリースマホを選ぶメリットは以下の2つが挙げられます。

iPhone SIMフリーを購入するメリット

  • 1:スマホ代を大幅に節約できる
  • 2:自分に合ったSIM選びができる

メリット1:格安SIMが利用できるため、スマホ代を節約できる

お金 格安SIMフリー素材 sim素材

一つ目のメリットは、何と言っても格安SIMを利用できるため、毎月のスマホ代をかなり抑えられることです。 格安SIMなら月々の通信費を2,000~6,000円ほど安く使うことができるので、大幅にスマホの使用料金を抑えることができます。

3大キャリアと楽天モバイルの料金比較
ブランド名 3GBまでの月額料金
ソフトバンク 5,665円
au 5,588円
ドコモ 5,588円
格安SIM
(BIGLOBEモバイル)
1,320円

※この情報は6月3日時点のものです。

メリット2:自分にあったSIMを見つけられる

大手キャリアで購入したスマホには、SIMロックがかかっているので、そのままでは違う回線のキャリアやMVNOサービスが利用できません。 利用するためには「SIMロック解除」という有料の手続きが必要になります。 しかしSIMフリーならSIMロック解除が不要なため、いろんなSIMを試すことができます。合わなかったら乗り換えることも簡単なので自分にぴったりの格安SIMを探すことが可能です。 2021年からは格安SIMを提供する多くの事業者が乗り換え手数料を無料にしているので、スマホの乗り換えがさらに手軽になったのも嬉しいですよね!

SIMフリースマホを購入するデメリット

SIMフリースマホを購入するデメリットには以下の2つが考えられます。

iPhone SIMフリーを購入するデメリット

  • 1:割引がないため端末代が高くつく
  • 2:iPhoneの性能を活かしきれない可能性も

デメリット1:割引がないため端末代は高くつく

格安SIMフリー画像 グラフ 料金 プラン

大手キャリアで購入するキャリアモデルとは異なり、端末に対して割引がない場合がほとんどです。そのため端末購入代金はキャリアよりも高くなります。 例えば新機種のiPhone12(64GB)をApp storeで直接購入する場合、94,380円(税込)ですが、auだと「かえトクプログラム」が適用され実質負担金は55,430円(税込)約40,000円もの差が! とは言え、その後格安SIMを使うことを考えると、1年経つころにはSIMフリースマホを購入した方が安くなることがほとんどです。

デメリット2:格安SIMの通信速度だと性能を生かしきれない可能性も

デザリング 格安SIMフリー素材

格安SIMは大手キャリアのような独自の通信回線を持っていません。そのためキャリアの回線を一部間借りして利用することになるので、ネット回線が混み合う夕方から深夜にかけての時間帯や地域によっては速度が低下する可能性があります。 せっかく高性能の最新iPhoneを購入しても通信が遅ければ意味がないので、その点ではキャリアモデルに軍配が上がるのは間違いないでしょう。

キャリアモデルを選ぶべきなのはこんな人

教える ポイント 格安SIMフリー素材

大手キャリアは自社独自の端末セット割引プログラムと安定した通信設備を持っているので、次のような人には「キャリアモデル」がオススメです。

キャリアモデルを選んだ方が良い人

  • 安定した通信速度が欲しい人
  • 端末代を安く抑えたい人

ただし、ワイモバイルやUQモバイルなど一部の格安SIMは大手キャリア並みの速度で利用できる上、前述のように初期費用としての端末代は高くなっても長期的に見るとおトクな可能性があります。

iPhone SIMフリーを安く買う方法!

sim素材 お金 料金 金額 価格

基本的にはメリットの多いSIMフリーiPhone。せっかくならなるべく安く購入したいですよね。 実はiPhone SIMフリーには、AmazonやAppStoreより安く購入する方法があります。それは、格安SIMとセットで購入すること。 例えばワイモバイルでは他社からの乗り換えの場合、iPhone12が110,880円(税込)→92,880円(税込)と18,000円も割引きされます! このような端末とセットで購入すると安くなるキャンペーンが期間限定ですが各社で実施されています。次の項目からはSIMフリーiPhoneをお得に購入できる格安SIMを紹介していくのでぜひチェックしてみてください。

iPhoneを使いたい人におすすめの格安SIM

ここからは格安SIMでiPhoneを購入したい人に向けて、3つのオススメのMVNOを紹介します。 お得にSIMフリーiPhoneが購入できる割引やキャンペーンもあわせて解説していきますよ。

1:Y!mobile(ワイモバイル)

格安sim y!mobile ワイモバイル

Y!mobile(ワイモバイル)はソフトバンクのグループ会社が運営する格安SIM。通信速度の速さで知られており、格安SIM市場でも高いシェアと人気を誇ります。 前項で少し説明しましたが、ワイモバイルでは他社からの乗り換えの場合、最新機種のiPhone12が18,000円も値引きされるキャンペーンを行っています。 iPhone11 Proと同性能を持ちながら手に収まるサイズ感で大人気の二代目iPhone SEは特に安くなっており、57,600円(税込)→36,000円(税込)と21,600円もの割引額で購入することが可能です。 オンラインストアからの申し込み限定で、事務手数料も無料と初期費用をかなり抑えられるのも嬉しいですよね。格安で最新機種を購入したい人にオススメです!

ワイモバイルがおすすめな人

  • 格安SIMでも安定した通信速度が欲しい人
  • 他社からの乗り換えを検討している人
さらに詳しい情報を
\公式サイトでチェック/

BIGLOBEモバイル

格安SIM BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルは「エンタメ特化型」の格安SIM。YouTubeやApple Musicなど特定のサービスの利用に消費した通信データが0GB扱いとなる、「エンタメフリーオプション」が人気です。 そんなBIGLOBEモバイルでは、スマホとセットで申し込むと以下の4つの特典が付いてきます。

特に嬉しいのが①のポイント還元と、②の月額料金の割引サービス。 ①ポイント還元はiPhone SEの購入時、20,000ポイント還元されるキャンペーン。ポイントはその後の月額料金の支払いに利用できます。実質、30,000円程で人気機種を購入できるのはかなりおトクです! ②プラン月額料金割引は、1年間プラン月額料金が40%オフの770円(3GBの場合)となる値下げキャンペーンです。大手キャリアに比べると約5,000円安くスマホを利用できます。

BIGLOBEモバイルがおすすめな人

  • 出先でYouTubeやApple Musicをよく使う人
  • iPhone SEの購入を検討している人
さらに詳しい情報を
\公式サイトでチェック/

楽天モバイル【2021年取り扱い開始!】

楽天モバイルcavnaロゴ

楽天モバイルはデータ使用量1GBまでなら基本料金0円という、斬新な料金プランで今話題の事業者。 2021年4月よりiPhoneをセットで申し込むと、15,000円相当分もの楽天ポイントが還元されるキャンペーンを行っています。 対象端末は最新機種のiPhone12シリーズと第2世代のiPhone SEの2つです。 還元されたポイントは楽天ポイントとして利用できるので楽天市場でショッピングを楽しんでもよし、楽天Payアプリと繋げて普段のコンビニやスーパーでの買い物に使ってもよし、と利用範囲は広くとても使いやすいです!

BIGLOBEモバイルがおすすめな人

  • 楽天市場を使う人
  • データ使用量が少ない人
さらに詳しい情報を
\公式サイトでチェック/

iPhone SIMフリーのデメリットも把握して納得のいく買い物を!

これからSIMフリー版iPhoneの購入を検討している人に向けて、メリット・デメリットを紹介しました。 毎月の通信費を抑えたい、申し込み先の携帯会社は自由に選びたいという人にはSIMフリーを選ぶことをオススメします。今回紹介したデメリットにも注意して、損をしないように購入しましょう!

iPhone以外のSIMフリースマホは
\この記事をチェック/