2021年10月15日更新

ドラマ『セミオトコ』の動画を配信中のサブスクはここ!1話から最終回まで

セミオトコ

ドラマ『セミオトコ』の動画を配信中のサブスクを紹介!

ドラマ『セミオトコ』の作品概要

原題セミオトコ
放送年2019年
ジャンルヒューマンドラマ
話数全8話
制作国日本
言語日本語

『セミオトコ』のあらすじ

物語の主人公は、アパート・うつせみ荘の前にあるクヌギの木の下で生まれ育ったセミ。彼はある日、うつせみ荘に住む女性・大川由香から命を救われるという経験をしました。そして彼女に恩返しするため、イケメンな人間の姿を手に入れます。 その後、由香から「セミオ」という名をもらった彼は、7日間という限られた時間を彼女とともに過ごすことに。その日々は、彼にとっても、彼の周りの人間にとっても、かけがえのないものになっていって――。

登場人物とキャストを紹介

セミオトコ(セミオ)役/山田涼介

人間に変身したセミ・セミオトコ(セミオ)を演じたのは、ジャニーズのアイドルグループ・Hey! Say! JUMPのメンバーである山田涼介です。 彼はアイドルとしてだけでなく、俳優として数多くの映画やドラマに出演してきました。おもな代表作には、ドラマ『左目探偵EYE』(2009-10年)、映画『暗殺教室』(2005年、2006年)などがあります。

大川由香役/木南晴夏

セミオの命の恩人で名付け親でもある大川由香を演じたのは、女優の木南晴夏です。彼女はドラマ『桜咲くまで』(2004年)で女優デビューして以来、幅広い作品に出演してきました。 おもな代表作は、映画『20世紀少年』(2008-09年)、ドラマ『せいせいするほど、愛してる』(2016年)などです。

熊田美奈子役/今田美桜

うつせみ荘の住人でデザイナー志望の熊田美奈子を演じたのは、女優の今田美桜です。スカウトがきっかけでデビューした彼女は、ドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』(2018年)で注目を集め、一躍大人気女優になりました。 そのほかの代表作としては、ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(2019年)、映画『東京リベンジャーズ』(2021年)などが挙げられます。

『セミオトコ』の見どころ

見どころ①:山田涼介演じるセミオが魅力的

本作最大の見どころといえばやはり、セミオを演じた山田涼介の存在。人間としての1日1日を大切に生きる、ピュアで可愛らしいセミオの姿を見事に演じ切りました。あの大きな瞳と無邪気な笑顔の虜になってしまったという人も多いのではないでしょうか。 セミオが作中で何度も口にする「なんて素晴らしい世界なんだ!」というセリフには、何気ない日常が実はかけがえのないものであるということを改めて思い知らされます。セミオの生き方をお手本にすれば、人生がもっと楽しくなるかもしれませんね。

見どころ②:切ないラブストーリーに涙

「セミが人間になり、人間の女性と恋に落ちる」というぶっ飛んだ設定や、コメディ色の強さに目が行きがちの本作ですが、もちろん切ないラブストーリーとしての側面もあります。 7日間という短い期間でお互いを知り、距離を縮め、そして愛し合うようになっていく2人の姿には、思わず胸が締め付けられること間違いなしです。特にラストの展開は涙なしには観られません。気軽に楽しめると同時に感動要素もある、1度で2度美味しい作品です!

動画配信サービスでドラマ『セミオトコ』を無料視聴しよう!