2022年10月7日更新

nosh(ナッシュ)の賞味期限を実際に注文して調査!解凍後はいつまでに食べればいい?

ナッシュは料理する時間がないときでも、手軽に栄養バランスに配慮された美味しい食事が楽しめる人気の宅配弁当サービスです。 今回はそんなナッシュの賞味期限について徹底調査してみました!メニュー別の賞味期限に加え、冷凍庫に入りきらないときの裏技も紹介していきます。

ナッシュの冷凍弁当は非常食保存できる?

ナッシュの冷凍弁当の賞味期限はメインプレートだと製造から6ヶ月から1年間ほどとなっています。まとめ買いしておけば、さまざまな場面で活躍してくれるでしょう。 ただし停電などで解凍されてしまった場合は、すぐに食べる必要があります。災害時の備えとしてではなく、料理ができないときのピンチヒッターとしてストックしておくのがおすすめです。

ナッシュ(nosh)の賞味期限は?

結論

  • メインプレート:製造から約6ヶ月から1年間
  • パン・デザート:商品によって異なる

公式サイトによると、メインプレートの賞味期限は製造から約6ヶ月~1年間となっていました。 これらの賞味期限は、製造からの期間です。製造日とお届け日にラグがある場合を想定して、長期保存するときはパッケージに書かれている賞味期限を確認しておきましょう。 パンやデザートは商品によって異なりますが、実際に頼んでみた「ロールケーキ」はお届け日から約11ヶ月先が賞味期限でした。

ナッシュ「ロールケーキ(プレーン)」賞味期限
2022年9月29日に届いた「ロールケーキ」

2022年9月29日に届いた「バターロールパン」も、賞味期限は翌年8月16日となっているため約11ヶ月先です。食べきれなくてすぐ賞味期限切れに……という心配はなさそうですね。

ナッシュ「バターロールパン」賞味期限
2022年9月29日に届いた「バターロールパン」

ナッシュ(nosh)の冷凍弁当を解凍した場合の賞味期限

ナッシュ「ハンバーグと温野菜のデミ」
「ハンバーグと温野菜のデミ」

ナッシュのパッケージに記載してある賞味期限は、一度も解凍することなく冷凍で保管した場合の日付です。 冷凍庫に入りきらず冷蔵保存したものや、食べるつもりで解凍したものは基本的に翌日中に食べきるようにしましょう。それ以上時間が経つと、冷蔵庫で保存していても食品が痛んでしまう可能性があるからです。 なおナッシュの公式サイトにも、解凍したパンは当日中に、スイーツは1日以内に食べきるようにと書いてあります。

ナッシュ(nosh)の冷凍弁当が食べきれない場合は配送スキップ

ナッシュ パッケージ6食

もし「これ以上は冷凍庫に収納できない・食べきれない」となってしまっても、スキップ機能を使えば必要ない週の配送をお休みすることが可能です。 お届けの4から5日前(※地域に応じて異なります)に申請すれば何度でもスキップできるので、焦らずストックを消費できますよ! また長期的に配送をストップしたい場合はプランの停止もできます。停止から1年間はマイページが残っているため、すぐに配送を再開できますし、nosh clubのランクも下がらないので安心です。

【初回限定2000円オフ】ナッシュを安く注文する方法

通常なら1食約600円~700円かかるナッシュの冷凍弁当ですが、なんと1食365円~399円で購入する方法があります。 利用方法は「初回限定2000円割引」を実施している特設サイトから注文するだけ!6・8・10食の中から好きなセットが選べ、お得にナッシュのお弁当を注文することができます。 なおこの割引を利用する場合は、noshを初めてご利用される方が特設サイトから初回登録をする必要があります。公式サイトからだと初回限定300円の割引しか受けられません。ぜひ以下の特設サイトから登録をして、お得にナッシュを注文してみてください。

ナッシュ(nosh)の冷凍弁当は賞味期限が長くて便利!

今回はナッシュの賞味期限や便利な保存方法について徹底解説しました。最大1年も賞味期限があるなら、気分に合わせて好きな料理を楽しめそうですね! また保存方法や配達方法を工夫すれば、冷凍庫のスペースが限られている人も気軽に利用できるということがわかりました。 初回限定の2000円割引を使って、ナッシュのまとめ買いに挑戦してみましょう!