『ジュラシック・ワールド』子役の美少年はタイ・シンプキンス君!

2017年8月4日更新

超人気シリーズ『ジュラシック・パーク』シリーズ待望の最新作、『ジュラシック・ワールド』。そんな『ジュラシック・ワールド』で子役出演するタイ・シンプキンス君は長い俳優キャリアを持つ絶世の美少年です。

一体何者!? 絶世の美少年タイ・シンプキンス君!

Hope your Monday is style'n #thinkoptimistically

TY SIMPKINSさん(@darthsimpkins)がシェアした投稿 -

『<a href="http://ciatr.jp/topics/30097">ジュラシック・ワールド</a>』でグレイ・ミッチェル役を演じるタイ・シンプキンスは2001年8月6日にアメリカのニューヨークに生まれました。 綺麗なブロンドの髪に、ブルーアイ、真っ白な歯の愛くるしい美少年。整った顔立ちで、多くのファンを魅了するタイ・シンプキンスの俳優としてのキャリアスタートは、なんと生後三週間の時です。 アメリカで40年以上続いた人気テレビドラマ『ワン・ライフ・トゥ・リヴ』に出演しています。彼が生まれる前から出演が決まっていたというから驚きです。 TVに初出演を果たしてからは、スティーヴン・スピルバーグ監督の『宇宙戦争』で映画デビューを果たし、『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』での<a href="http://ciatr.jp/topics/1432">レオナルド・ディカプリオ</a>の子供役など、話題作に出演し続けています。 2013年には『<a href="http://ciatr.jp/topics/37580">アイアンマン</a>3』では、スーツが故障したトニー・スタークに協力する子役を演じ、注目を集めました。 14歳にして、芸歴14年。多数の俳優や監督とタッグをくみ、子役界の売れっ子と呼ばれています。

タイ・シンプキンスがホラーに挑戦『インシディアス』

低予算ながらもヒットした『SAW』の監督ジェームズ・ワンと『パラノーマル・アクティビティ』のスタッフで作り上げた究極のホラー。2011年に『インシディアス』、2013年に続編の『インシディアス-第2章-』が公開されています。

3人の子供を連れて引っ越してきた家族に起こるおかしな現象、目に見えない“何か”に感じるとてつもない恐怖。タイ・シンプキンスくんが演じるのは、その家の小学生の息子ダルトン。梯子から落ちてしまい、こん睡状態になります。

『インシディアス-第2章-』は、こん睡状態のシンプキンスくんを救うというストーリーですので、重要な役どころとして出演しているのがわかりますね。

2015年8月5日公開の『ジュラシック・ワールド』

ジュラシック・パーク』シリーズの第4弾となるこの作品は、コリン・トレボロウが監督と脚本を務め、スティーブン・スピルバーグが制作総指揮をとっています。

第1作目から22年後の世界を描いた作品です。

新たな恐竜を遺伝子工学で作ることで新テーマパーク「ジュラシック・ワールド」が作られ大人気となっているものの、秘密裏に作られていた新種の肉食恐竜が、檻を飛び出して、またまたパーク内からの脱出を試みるというストーリー。

パークの研究者を務める叔母を持ち、夏休みに親元を離れ彼女のもとに遊びに行く兄弟がこの騒動に巻き込まれていく様子を迫力たっぷりに描いています。

今回、この兄弟の弟・グレイ少年を演じることになったタイ・シンプキンスくん。好奇心旺盛でエネルギーに溢れた演技が見どころです。

今後も活躍が期待できるタイ・シンプキンス

ラッセル・クロウとライアン・ゴズリングという超有名俳優二人がW主演を果たす映画『The Nice Guys(原題)』。

タイ・シンプキンスはBobby役で出演します。

今作は、二人の私立探偵が、女の子の失踪事件とそれとは一見無関係のように見えるポルノスターの自殺を調査し陰謀を解き明かすといったストーリーです。

アメリカのみならずイタリア、シンガポール、ブラジルなど大陸をまたがって上映が決まっているので、日本での公開も期待できますね!