Michael Boardman/WENN.com

『ジュラシック・ワールド』女優ブライス・ダラス・ハワードの大人な魅力に迫る!

2017年11月10日更新

映画史に残る名作『ジュラシック・パーク』シリーズの最新作、『ジュラシック・ワールド』。今から世界中が上映を待ちわびる作品のヒロインの座に選ばれたのが神秘的な美貌にグラマラスなボディが眩しいブライス・ダラス・ハワードです。

芸能一家に生まれたブライス・ダラス・ハワード

Another from Lake Wakatipu--they had to drag me away from it when it was time to leave! Such a spectacular place. #BryceDoesNZ

Bryce Dallas Howardさん(@brycedhoward)がシェアした投稿 -

ブライス・ダラス・ハワードは1981年3月2日に、アメリカはカルフォルニア州ロサンゼルスに生まれました。 父は『ビューティフル・マインド』で有名な映画監督のロン・ハワード、母は女優のシェリル・ハワード、妹も女優のペイジ・ハワードと、映画一家で育ちました。叔父も俳優のクリント・ハワード、祖父も俳優のランス・ハワードであることから、映画一族といってもいいかもしれません。

14歳の時、父ロン・ハワードが監督する『アポロ13』で映画初出演を果たします。 高校時代は演劇キャンプに参加し、ニューヨーク大学でも演技の勉強をしました。舞台女優としてシェイクスピアやチェーホフの舞台に出演した彼女。 幼いころから女優を志し、本格的に演技の研鑽を積んできたことがわかります。

『ヴィレッジ』で注目度が一気にアップ

『シックス・センス』で知られるM・ナイト・シャマラン監督の映画『ヴィレッジ』で、閉鎖的な村の森の奥に住むお姫様のような透明感を持つ盲目の女性アイヴィー・ウォーカーを演じたことで、注目を集めました。 2004年に『ヴィレッジ』で初主演をつとめたブライス・ダラス・ハワードは、翌2005年ラース・フォン・トリアー監督の『マンダレイ』でも主演をつとめます。本作は『ドッグヴィル』に続く「アメリカ合衆国 - 機会の土地」三部作の二作目で、2005年のカンヌ国際映画祭コンペティションにノミネートされました。

『レディ・イン・ザ・ウォーター』のブライス・ダラス・ハワードがセクシーすぎる

2006年には、M・ナイト・シャマラン監督の映画『レディ・イン・ザ・ウォーター』にて神秘的な女性を演じ、大人っぽいセクシーさに少女性を秘めた美貌と称されました。 浮世離れした空気感を湛え、触れると壊れそうな危ういセクシーさを持つ彼女の存在はスクリーンを通して人々に広まることとなります。

妊娠中なのにスタントなしでアクションを演じた『スパイダーマン3』

自身の赤毛をブロンドに染め、気合いを入れて臨んだ『スパイダーマン3』。ヒロインであるメリー・ジェーンの恋敵、グウェン・ステイシー役を演じました。 中でも見どころは、彼女が体当たりで取り組んだクレーン事故のシーン。後から発覚したのですが、そのときなんと、妊娠中だったそう。 撮影終了時には妊娠5ヶ月を迎えていました。出産後も半年で仕事復帰するなど、仕事に対するストイックさが伺えます。

ブライス・ダラス・ハワードの交友関係

『スパイダーマン3』で共演したキルスティン・ダンストや、ナタリー・ポートマンやジェイク・ギレンホールらセレブと親しい関係にあるブライス・ダラス・ハワード。 特にナタリー・ポートマンとは演劇を学ぶサマースクールに一緒に参加し大変な練習をともに乗り越えた仲のようです。

ブライス・ダラス・ハワードの私生活

Hanging out with little Leonardo! Check out his shirt! Totally unplanned meeting--it was Dino Fate! ❤️#jurassicworld #BryceDoesNZ

Bryce Dallas Howardさん(@brycedhoward)がシェアした投稿 -

2006年には、ニューヨーク大学時代から約5年の交際を経て俳優のセス・ガベルと結婚しています。 2007年には長男を2012年に長女を出産しており、女優としても母親としても充実した生活を送っているようです。

2015年『ジュラシック・ワールド』ではヒロインを演じる

They're following me ?? #BryceDoesNZ

Bryce Dallas Howardさん(@brycedhoward)がシェアした投稿 -

人気シリーズ『ジュラシック・パーク』の四作目にあたる『ジュラシック・ワールド』ではヒロインを演じたブライス・ダラス・ハワード。 ヒロインのクレア・ディアリングは、インジェン社の科学者にしてパークの運用管理者。ジュディ・グリア演じるカレン・ミッチェルの妹、ニック・ロビンソン演じるザック・ミッチェルと、タイ・シンプキンス演じるグレイ・ミッチェルの叔母になります。 ふたりの甥、ザックとグレイがパークを訪れてくるも、クレアは仕事を優先し、甥たちをアシスタントに任せてしまいます。しかし、恐竜が逃亡したことにより、事態は急変。クレアはふたりの甥を探して、パーク中を駆け回ります。 ハイヒールを履いて走りまわるシーンが多いため、ブライス・ダラス・ハワードは、偶然スタッフの中にいた総合格闘技の元チャンピオンに、足首を痛めない走り方を教わったとのことです。 また、ジュディ・グリアとは、2004年の映画『ヴィレッジ』でも姉妹役で共演しており、今作でも息のあった姉妹に期待ができます。 2018年に公開が予定されている『ジュラシック・ワールド』続編にもクレア役で出演が決定しており、今後もブライス・ダラス・ハワードから目が離せなくなりそうです。

2016年はディズニー映画『ピートと秘密の友達』に出演!

and the journey begins... ???? #disneyspetesdragon #presstour

Bryce Dallas Howardさん(@brycedhoward)がシェアした投稿 -

少年ピートとエリオットと名付けたドラゴンとの交流を描いたファンタジーアドベンチャーで、1977年に制作されたディズニーの実写映画『ピートとドラゴン』を最新の映像技術で新たに描いた作品です。ブライス・ダラス・ハワードは少年ピートを見守る、自然を守るために働くパークレンジャーのグレースを演じます。

ブライス・ダラス・ハワード、ついに監督デビュー!

尚、ブライス・ダラス・ハワードが『世界にひとつだけのプレイブック』の著者としても知られているマシュー・クイックの小説、『Sorta Like a Rock Star』を原作とした映画で長編監督デビューをする事になりました! 父のロン・ハワードのように、監督業に踏み出して行く女優。彼女は以前、父が創立者である「キャノン:プロジェクト・イマジネーション」で制作されたいくつかの短編映画の監督をしていた事があります。 今後、女優としても監督としても活躍するブライス・ダラス・ハワードから目が離せません!