『ジュラシック・ワールド』のあらすじ・キャストまとめ。今年の夏の大本命!

2017年8月4日更新

スティーヴン・スピルバーグ監督のジュラシック・パークシリーズの第4作目となる『ジュラシック・ワールド』が2015年8月に公開されます。今回はその気になる予告、あらすじ、キャスト、公開日などの情報をまとめてお伝えします。

ジュラシック・パーク最新作が『ジュラシック・ワールド』になって帰ってくる!

スティーヴン・スピルバーグ監督が1993年に公開した恐竜たちが大暴れをする『ジュラシック・パーク』は全世界で大ヒットし、その後「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」に続き「ジュラシック・パークIII」が公開されました。 そのジュラシック・パークシリーズの第4作となる『ジュラシック・ワールド』が2015年8月7日にいよいよ公開されます。

恐竜たちが大暴れ!『ジュラシック・ワールド』のあらすじ

舞台は1作目から22年後のイスラ・ヌブラル島。崩壊した「ジュラシック・パーク」がある、イスラ・ヌブラル島はジョン・ハモンドの所有地からマスラニ社の所有地となりました。 マスラニ社は島で遺伝子工学により、新種の恐竜を次々に造り、新たに恐竜のテーマパーク「ジュラシック・ワールド」と言うリゾート施設の様な施設を建設。「ジュラシック・ワールド」は多くの観光客が訪れる人気のテーマパークとなっていましたが、恐竜達が「ジュラシック・ワールド」の檻から逃げ出し……。 元海軍の軍人でヴェロキラプトルの行動を研究していたパークの管理人オーウェンは生存者達と島から脱出するべくあらゆる手を尽くします。

キャストとスタッフが豪華すぎる!

製作総指揮は第一作からシリーズを手がけるスティーヴン・スピルバーグ

1993年に『ジュラシック・パーク』を大ヒットさせ、同年のアカデミー賞では『シンドラーのリスト』で作品賞、監督賞を受賞するなど映画界の巨匠とも言える彼が温めてきた続編とだけあって今回の作品にはかなりの注目が集まっています。

抜擢されたのは新人コリン・トレボロウ監督

トレボロウ監督は、サンダンス映画祭やインディペンデント・スピリット賞で脚本賞を受賞した『彼女はパートタイムトラベラー』で一躍注目を集め、『ジュラシック・パーク』の第4弾の監督に抜擢されました。写真右。 新人監督ということでファンからは不安との声も聞こえますが、トレボロウ監督はジュラシック・パークシリーズの大ファンらしく、作風を崩さないようにすると確約したそうなので心配は無用かもしれません。

ラプトル飼育係オーウェン役はクリス・プラット

本作の主演を務めるのはマーベルの大ヒット映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』で大ブレークを果たしたクリス・プラットです。

パークの運営責任者クレア役を演じるのはブライス・ダラス・ハワード

ブライス・ダラス・ハワードは、シェイクスピアの戯曲『お気に召すまま』でゴールデングローブ賞主演女優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)にノミネートされています。『スパイダーマン3』や『ターミネーター4』など有名映画に出演しているハリウッド女優です。今回は「ジュラシック・ワールド」の運営責任者として登場します。

グレイの兄ザック役を演じるのはニック・ロビンソン

ニック・ロビンソンは、青春映画『Kings of Summer』(日本未公開)での演技が好評を博した現在19歳の若手俳優です。知名度はまだ低いですが、今後の活躍が期待されています。本作ではジュラシック・ワールドに訪れた兄弟の兄役を演じています。

ザックの弟役グレイを演じるのはタイ・シンプキンス

タイ・シンプキンスは、2005年にスティーヴン・スピルバーグの『宇宙戦争』で映画デビューを果たしてから『オール・ザ・キングスメン』、『リトル・チルドレン』、『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』、2010年には『スリーデイズ』に出演するなどすでにキャリアを積んでいる子役です。『ジュラシック・ワールド』ではザックの弟役として出演しています。

グレイとザックの母親にしてクレアの妹カレンを演じるジュディ・グリア

ジュディ・グリアは、1975年7月20日生まれのアメリカ女優です。シカゴの名門デポール大学の演劇科で演技を本格的に学び、卒業3日後に、コメディ映画『Kissing a Fool』でデビューを飾りました。『アダプテーション』、『エリザベスタウン』、『猿の惑星:新世紀』などに出演しています。2004年の映画『ヴィレッジ』では、本作でも姉妹になっているブライス・ダラス・ハワードの姉を演じています。

ジュラシック・ワールドCEOマスラニ役にはイルファーン・カーン

演技力が評価されており、2006年の『その名にちなんで』以降は国外での評価も高まったことからアメリカやイギリスの映画にも出演しているなど演技の幅を広げ続けている俳優です。イルファーン・カーンは「ジュラシック・ワールド」CEOマスラニ役として登場します。

オーウェンの友人バリー役にオマール・シー

KNOCK de Lorraine Levy sortira le 20/09 prochain en France. #NewMovie @marsfilms

Omar Syさん(@omarsyofficial)がシェアした投稿 -

『最強のふたり』『X-MEN: フューチャー&パスト』などでおなじみのオマール・シー。主人公オーウェンの友人であり、パークの従業員役で出演しています。

「ジュラシック・パーク」から「ジュラシック・ワールド」へ……

舞台となった島は1作目と同じ、イスラ・ヌブラル島という架空の島。しかし『ジュラシック・ワールド』のパークは『ジュラシック・パーク』と違い、年間10万人の観光客が訪れるリゾート地のようになっています。 島の中心の人造湖「ジュラシック・ワールド・ラグーン(イスラ・ヌブラル・ラグーン)」に面したビジターセンターを中心に島の最南端まで、パークが開拓されており、生物学的な要素の維持、サファリ、動物園とテーマパークの働きをしています。

進化したCGと恐竜がスゴすぎる

映画業界におけるCG映像の革命を何度も起こしてきたジュラシック・パークシリーズですが、最新作の映像はさらに凄い内容となっていると評判です。恐竜にかなりのCGが付け加えられ、細部にまで気を配ってあります。4DX、MX4Dでも上映されるので、そちらも楽しみですね。

世界中で大記録レベル並の大ヒット

全世界オープニング成績第1位

オープニング3日間 全世界興行収入成績(2015年6月14日現在) 1位 ジュラシック・ワールド(2015)5億1180万ドル 2位 ハリー・ポッターと死の秘宝パート2(2011)4億8320万ドル 3位 ワイルド・スピード SKY MISSION(2015)3億9760万ドル 4位 ハリー・ポッターと謎のプリンス(2009)3億9400万ドル 5位 アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン(2015)3億9250万ドル

全米オープニング成績も第1位

1位だった『アベンジャーズ』(2012)を僅差で破り第1位に!

北米のオープニング興収は約2億0880万ドルで、「アベンジャーズ」(2012年/約2億0700万ドル)を僅差で破り3年ぶりの記録更新。

出典: eiga.com

まさかのマーベル側から祝福

マーベル作品のプロデューサーを務めるケビン・ファイギ社長は、同社のコンセプトアートを手がけるアンディ・パーク氏によるイラストをTwitterに投稿した。「マーベル・スタジオは、新たなオープニング“キング”となった『ジュラシック・ワールド』をお祝いします」という文章の下に、ティラノザウルスにまたがったオーウェン・グレイディ(クリス・プラット)を、アベンジャーズが見上げる構図になっている。

出典: eiga.com

続編も決定済み

すでに続編の製作も決定しています。海外での公開日は2018年6月22日と発表されています。 現在詳細は何も明かされていませんが、クリス・プラットやブライス・ダラス・ハワードの出演が決まっているそう。またコリン・トレボロウ監督は、続投を否定していますが、脚本などで続編に携わる予定。

クリス・プラットの『ジュラシック・ワールド』続編出演が決定した。最近海外で公開が始まった同作に主演しているクリスが、ブライス・ダラス・ハワードと共にシリーズ続編へ出演することが明かされた。

出典: big-celeb.jp

コリン・トレボロウ監督のコメントはこちら。

「なんらかの形で関わるが、監督としてではない。『ジュラシック・パーク』は『スター・ウォーズ』のようなものだ。それぞれ違った監督が違った魅力を加えたほうがいい」

出典: eiga.com

夏休みは『ジュラシック・ワールド』へ!

『ジュラシック・ワールド』はアメリカで2015年6月12日公開予定で、日本では8月7日に公開される予定です。夏休み映画の大本命としてチェックしておきたいですね!