『エベレスト3D』のあらすじ・キャスト・公開日【エベレストで起こった実話。豪華キャストが集結】

2017年7月6日更新

ジェイソン・クラークやジェイク・ギレンホール、キーラ・ナイトレイなど実力派俳優らが集結した映画『エベレスト3D』の公開が2015年11月6日に控えています。壮大なエベレストを舞台に緊張感あふれる実話をもとに描かれた『エベレスト3D』のあらすじとキャストをご紹介します。

エベレスト登山を3Dで体感!

世界最高峰エベレストで1996年に実際に起こった出来事が映画化。ハリウッドが誇る実力派豪華キャストが集結しました。美しく雄大でありながらも自然の脅威が襲い掛かるエベレストで必死に生き抜こうとする登山家たちの姿が臨場感たっぷりに描かれます。2015年11月6日の公開を前にあらすじとキャストをご紹介します。

『エベレスト3D』あらすじ

ヒマラヤ山脈に位置する世界最高峰エベレストの登頂ツアー。世界中の登山家たちを魅了し続けているその山にベテランの登山家たちが挑みます。見事登頂を成功させますが、道具の不備や参加者の体調不良などが重なり、下山が大幅にずれ込むことに・・・。さらにそんな中、参加者たちを猛烈な嵐が襲います。

そして死の領域と呼ばれるデス・ゾーンでは仲間たちが離れ離れになってしまいます。自然の猛威が襲い続ける中、彼らは生き残って無事生還することはできるのでしょうか。

『エベレスト3D』キャスト

ジェイソン・クラーク

ジェイソン・クラークはオーストラリア出身の俳優で、多くのテレビドラマ・映画に出演してきたベテラン俳優です。

2013年『華麗なるギャツビー』や2014年『猿の惑星: 新世紀』、2015年にはトム・ハーディ主演の『チャイルド44 森に消えた子供たち』や、ジョン・コナー役として『ターミネーター:新起動/ジェニシス』にも出演し、大作での活躍が相次ぐ注目の俳優です。

ジョシュ・ブローリン

映画『グーニーズ』で主人公のお兄さん役を演じ映画デビューを果たしたジョシュ・ブローリン。代表作はコーエン兄弟監督の『ノーカントリー』やLGBTを題材とした『ミルク』など。『プラネット・テラー in グラインドハウス』や『アメリカン・ギャングスター』に出演した際には、高い評価も受けている実力派俳優です。

近年ではカルト的な人気を誇る『シン・シティ』の続編である『シン・シティ 復讐の女神』や、PTA監督の新作『インヒアレント・ヴァイス』等の話題作に多く出演しています。

ジョン・ホークス

2011年『ウィンターズ・ボーン』に出演した際、アカデミー助演男優賞はじめ数多くの賞にノミネートや受賞をした経歴をもちます。最近ではサンダンス映画祭で絶賛された『セッションズ』や、伝記映画『リンカーン』などに出演しています。

ロビン・ライト

代表作は『フォレスト・ガンプ/一期一会』や『アンブレイカブル』など。最近では『50歳の恋愛白書』に出演し、ロビン・ライトの若き日をブレイク・ライブリーが演じたことでも注目をあつめました。

エミリー・ワトソン

映画デビュー作『奇跡の海』でアカデミー主演女優賞にノミネートしたほか数多くの賞を受賞し注目を集めました。その後も『ゴスフォード・パーク』や『戦火の馬』『パンチドランク・ラブ』など多くの話題作に出演。最近では『博士と彼女のセオリー』にベリル・ワイルド役として出演しました。

キーラ・ナイトレイ

パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズや『プライドと偏見』『つぐない』などが代表作、『はじまりのうた』では美しいボーカルを披露したキーラ・ナイトレイも出演しています。

サム・ワーシントン

『アバター』の主人公を演じたことで有名なサム・ワーシントン。ジェームズ・ボンドの最終候補のひとりとして挙げられ話題を呼びました。最近では2015年公開の映画『ハイネケン誘拐の代償』でアンソニー・ホプキンスと共演を果たしています。

ジェイク・ギレンホール

ナタリー・ポートマンキルスティン・ダンストリース・ウィザースプーンにテイラー・スウィフトなど数多くの有名セレブらと交際してきたことでも知られているジェイク・ギレンホール

『ブロークバック・マウンテン』や『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』に出演し、主演した『ナイトクローラー』は高い評価を得ました。

エリザベス・デビッキ

リメイク版『華麗なるギャツビー』への出演で注目を集めたエリザベス・デビッキ。パリ生まれのオーストラリア女優で、5作目の長編映画出演となる気鋭の若手女優です。

2015年公開のガイ・リッチー監督の新作映画『コードネーム U.N.C.L.E.』においてメインキャストを務めていることでも話題になっています。

マイケル・ケリー

マイケル・ケリーは『マン・オブ・スティール』など大作映画の端役から、『ドーン・オブ・ザ・デッド』『フェア・ゲーム』『クロニクル』等では主要キャストまで、海外ドラマ・映画共に多く出演しているベテラン俳優です。

また、NETFLIXオリジナルドラマの『ハウス・オブ・カード 野望の階段』では、切れ者のダグを演じています。

『エベレスト 3D』に日本人が出演

実在の人物である難波康子を演じたのは女優の森尚子です。ロンドン在住の彼女はロンドンで舞台・ドラマなど幅広く活躍しています。

難波康子はエベレスト登頂で七大陸最高峰制覇となるベテラン登山家です。登山にも慣れた彼女にもエベレストは牙をむいたのでした。

『エベレスト3D』のモデルになった事件とは?

1953年に初登頂されて以来世界中の登山家たちを魅了し続けてきたエベレスト。しかし標高8848メートルの山頂では風速は時速320㎞以上、気温は零下26度、気圧は地上の1/3という最も生きるのが困難な場所でもあります。

そんな場所で1996年に実際に起こった悲劇「エべレスト大量遭難」は、史上最悪の遭難事故の一つと言われています。およそ8名の登山家が死亡し、その中には日本人実業家である女性も含まれており、日本でも大々的に報道されました。

そんな実話をもとに制作された『エベレスト3D』では、ブリザードと酸欠に苦しみながら生還を目指し奮闘する登山家たちを圧倒的な迫力の3Dで描かれています。映画『エベレスト3D』の日本公開は2015年11月6日を予定しています。