マシンガン・プリーチャー

マシンガン・プリーチャー

作品情報

原題 MACHINE GUN PREACHER
日本劇場公開日 2012年2月4日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

Shinya_Agoの感想・評価
バトラー目当てでhuluで。

話もしっかりしていてキャスト陣も素晴らしい。ただちょっと長く感じてしまった。
どうしようもない悪っての描くのにそんな時間かけるかね。
hattinの感想・評価
2016.1.29 家
賛否両論あるでしょう
自分はキリストもイスラムも何とも思ってない
なのでこの映画に特別な肩入れをせずに見れた

サムのやり方は正しくは無いと思う
けどそれでも救われてる人間もいる
救われず、サムが奪った命ももちろんある
戦争の話で正義とか悪とかを語るには僕には無理

ただ、サムの筋の通し方は嫌いじゃない
そして嫁の強さには感服しました

事実は小説より奇なり

southpumpkinの感想・評価
生粋のワルが改心してスーダンに協会と孤児院を建てた実在の人物のお話。事実を元にしたお話にありがちなご都合主義臭さは確かにありますが、あまり気にならないほど強烈なメッセージに心を奪われます。映画というフィクションを通してでしか内戦の様子を窺い知ることができない我々に、主人公の牧師は熱く語りかけます。傍観は悪なのか、干渉は善なのか、微妙な塩梅がこの映画では描かれています。
ジェラルド・バトラーは好演ですねえ。感情の起伏が激しく、すぐ手を出してしまう男を演じるのうまいです。厳しい顔をすると「300」っぽく観えますけどね。
ciatrをフォロー: