ピープルvsジョージ・ルーカス

ピープルvsジョージ・ルーカス

作品情報

原題 THE PEOPLE VS. GEORGE LUCAS
日本劇場公開日 2012年3月10日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

Daichi_Yamadaの感想・評価
抱腹絶倒のドキュメンタリー!SW-ep4は僕らの世代には確かに最重要な映画ではあるが、さすがは本場!ここまでとは!天才ジョージ・ルーカスが可哀そうになって、大笑いで見てたら、最後はちゃんと「愛」で締めくくってます。
s_p_n_minacoの感想・評価
タイトルバックのアニメがツボ。ルーカスのあの前髪がイラッっとくるわー。ファンの言うことがいちいちもっともなんで(例え話が絶妙!)、『スターウォーズ』シリーズをまともに観たことないのにわかるわかる、と頷いてしまう。ファンが新作や特別編のダメさを語るほど、ちゃんと観てないのにオリジナルの良さがわかる気がする。みんな話が巧いし、コッポラには説得力あるなあ。世界共通のアイコンであるルーカス、屈折しながらも愛に殉じるファン心理、普遍的な人間模様がそこにある。幻のXmasスペシャルが観たいよ。
tophelosの感想・評価
2012/04/04 シネマート心斎橋
熱狂的なSWオタク達が、旧三部作(EP4〜6)をデジタル技術で手直しした「特別編」と新三部作(EP1〜3)を受け入れられず、創造者であるジョージ・ルーカスに怒り心頭な様を描いたドキュメンタリ。結局最大の問題点はルーカスが「特別編」制作以降、オリジナル版の旧三部作を門外不出(ネガを処分したという恐ろしい話も!)にしてしまった事にあると思う。昨今複数バージョンの存在は珍しくもないが、オリジナル版が観られないのはやはり寂しい。ちなみにマイベストSWはやっぱり「帝国の逆襲」。公開当時、朝劇場に入って立て続けに三回連続で観たw(当時は入れ替え制じゃなかったのだ)

※追記
現在は単品バラ売りDVDのEP4〜6には「劇場初公開版」(つまりオリジナル版)が収録されてるようです。仕方ない、また買うかw
ciatrをフォロー: