トリプルタップ

トリプルタップ

作品情報

原題 槍王之王
日本劇場公開日 2013年1月12日
製作国 香港

新着感想・ネタバレ

changpianの感想・評価
 シネマート心斎橋で鑑賞。爾冬陞イー・トンシン監督。香港では2010年に上映されたものが、ようやく日本公開。原題は『槍王之王』。実はこれ、2000年の『ダブルタップ』(原題『鎗王』)の続編的映画(中身は殆ど関係はないようだが)。『ダブルタップ』の方は爾冬陞は原案と制作担当で、監督は羅志良、主演は張国栄レスリー・チャン。刑事役が方中信アレックス・フォン。一方『槍王之王』では、刑事役が呉彦祖ダニエル・ウー、容疑者役が古天楽ルイス・クー。方中信も、呉彦祖の先輩刑事として、『鎗王』と同じ役柄で登場する。
 さて、この手の映画は内容を書いてしまうとネタバレになってしまいそうで、書き方がむずかしい。後半からは犯人が明らかになり、刑事コロンボや古畑任三郎のような倒叙ものの様相を呈する。古天楽、輝かしい経歴、天才的な分析能力を持ちながら、三角関係や自身の尊厳に悩む役柄を見事に演じている。射撃の名手が登場する映画ながら、見どころはアクションよりも、古天楽をめぐる人間模様だろう。李冰冰、蔡卓妍シャーリーン・チョイもそれぞれ熱演。そういえば偶然だろうが蔡卓妍は『戲王之王』という映画にも出演していた。
ciatrをフォロー: