女と男の名誉

女と男の名誉

作品情報

原題 Prizzi's Honor
日本劇場公開日 1985年9月28日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

tophelosの感想・評価
2014/08/22 BS
ハマリ役とも言えるマフィア・ファミリーの一員であるジャック・ニコルソンと、美しきフリーの殺し屋キャスリン・ターナーが出会って恋に落ち…、と書くと、ロマンチック・コメディ的な要素が強い作品のように感じられるが、「名誉」というキーワードで描かれた、実はかなり骨太なブラック・コメディである。これをシリアスに描いたら、「ゴッドファーザー」張りのとんでも無く重苦しい作品になったと思われるが、より広く娯楽作としても楽しめる作品に仕上げたのは、さすが巨匠ジョン・ヒューストンといったところか。この物語、実は真の主人公はニコルソンでもターナーでも無いという事にラストで嫌でも気付かされるだろう。
goliath6969の感想・評価
ミスターアンドミセススミスのリメイク元ですね。なかなか見応えがありましたがラストにいまいち納得がいかず。
ciatrをフォロー: