フォックスファイア 少女たちの告白

フォックスファイア 少女たちの告白

作品情報

原題 FOXFIRE: CONFESSIONS OF A GIRL GANG
製作国 フランス/カナダ

監督・スタッフ・キャスト

新着感想・ネタバレ

s_p_n_minacoの感想・評価
ウーマンリヴもまだ先の1950年代、女子の秘密結社による封建社会へのささやかな復讐は、幼く衝動的ではかない。『スタンド・バイ・ミー』と同じくカリスマ的リーダー、物語を書く子がいて、コミューンは典型的な末路を辿る。地味で垢抜けないルックスが生々しく、それぞれの人物描写も的確。でもこの映画はアメリカのもうひとつの原風景、ホーボーの魂みたいなものが息づいてるところが魅力なんだよな。60年代になって、まだ信じる者ともうマジックが消えてしまった者の対比がいい。時間が進むのを待てなかった女の子、進んでしまった女の子。サントラも渋いよ。
ciatrをフォロー: