ロッタちゃんはじめてのおつかい

ロッタちゃんはじめてのおつかい

作品情報

原題 Lotta Flyttar Helmifran
日本劇場公開日 2000年1月15日
製作国 スウェーデン

新着感想・ネタバレ

hole_ana0の感想・評価
小さな奇跡に愛されるロッタちゃん
物置のミニチュア感に心踊った
southpumpkinの感想・評価
ロッタちゃん、ああロッタちゃん、ロッタちゃん
最高に可愛いロッタちゃんが家族他暖かい人々に支えられるまるで絵本のようなお話。こちらが第1作なのを知らず、2作目から鑑賞したのですが何の問題もありませんでした。むしろ2作目に収録されていた自転車のエピソードのほうが先に来るのではないかと思われるロッタちゃんの発言(ベルイさんのおばあちゃんの自転車を指差して「これ私が前に乗ったやつだ!」というところ)もあり、15分くらいの短編集ということでいいのでしょうね。
この映画、友人が子どものころ見ていたというので鑑賞したのですが、今(現在23歳目前)鑑賞すると親目線になっているのですね。ちょっと嬉しくもあり、悲しくもあります。
Chihiro_Kanekoの感想・評価
セーターがチクチクするからハサミで切り刻んで家出する幼女の気持ちは、
アラサー独身にはわからないのでした。
北欧の買い物カゴ可愛い
ciatrをフォロー: