グランドピアノ 狙われた黒鍵

グランドピアノ 狙われた黒鍵

作品情報

原題 Grand Piano
日本劇場公開日 2014年3月8日
製作国 スペイン・アメリカ合作

新着感想・ネタバレ

southpumpkinの感想・評価
ピアニストがコンサート中に1音でも間違えたら死ぬ!というこのアイディアだけは一級品の映画でした。一種のシチュエーションスリラーとなっている展開はよいのですが、あまりに状況説明が丁寧。今の置かれている状況、悪役の狙い、などが全部ピアニストの耳に入った無線とのやりとりで語られるんですよね。もったいない。じわじわと言外で語る術はなかったのか。そのくせにピアニストの緊張感がイマイチ伝わってこないのも微妙でした。絶対間違えちゃダメ!という雰囲気をもっと情熱的に感じたかったです。
とは言え、実は僕クラシック音楽とりわけクラシックピアノが大好きなので、全編通して好きな曲が流れていて心地よく感じました。ただ音楽を聴くにしては主人公と悪役が会話しすぎなんだよなあ…。
ジョン・キューザックが黒幕で「お前出てくるんかーい!」ってのをオチに使っているのに日本版ジャケットに堂々と出演しているのがいけない。せめて隠れておいて欲しかった。
イライジャ・ウッドは出演作品のチョイスが面白い!ダニエル・ラドクリフも後を追ってどんどんマイナー作へ出演して欲しいですね。
yamaneko1125の感想・評価
内容には不足があるが、演技・展開には惹き付けられた。
ciatrをフォロー: