エルム街の悪夢3 惨劇の館

エルム街の悪夢3 惨劇の館

作品情報

原題 A Nightmare on Elm Street 3: Dreem Warriors
製作年 1987年
日本劇場公開日 1988年1月9日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

Pit7775Pitの感想・評価
ナンシーが出てきたことにより面白さが増したが夢の中で何でも出来ることや様々な所で出てくるフレディがもはやネタになってました。
1231netabareの感想・評価
DVD

゛もっと殺す。゛

悲惨な前作とはうってかわり、悪夢を主体とした作品に戻って参りました。
本作の舞台は精神病棟です。ターゲットは第一作目の主人公ナンシーとエルム街最後の子供達です。どうやら、一作目のラストシーンは案の定夢であったようで、ナンシーと父親以外は皆殺しだったみたいですね。

舞台が精神病棟であるので、子供達が夢の中の殺人鬼についていくら訴えても妄想で片付けられてしまい、挙げ句鎮静剤で強制的に眠らされてしまうという、なんとも歯痒い展開です。精神病棟のホラー映画あるあるです。

また、本作から本格的にフレディの殺人がバラエティーに富んできたように思います。なかでも、手足の神経を引きずり出されて、操り人形のようにされるのがかなり痛そう。この死に方だけは勘弁してほしい。
Hiromi_Nakashimaの感想・評価
レンタル
フレディがやっぱりパワーupしている。
ciatrをフォロー: