あの頃ペニーレインと

あの頃ペニーレインと

作品情報

原題 ALMOST FAMOUS
日本劇場公開日 2001年3月17日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

mataro_minceの感想・評価
商業ロックが台頭を始めた70年代のアメリカ。評論家を志した15才。売り出し中のロックバンドのツアーバスに歳を偽り公式記者として潜り込む「あの頃ペニー・レインと」塚口3。恋、薬、グルーピー、そしてウソに塗れたロックバンドの喧噪。純粋にロックに憧れたあの頃へ戻り最高最悪の旅に出よう。2016年11月7日実体験が元になっているためかとんでもないシーンでも実にリアルに感じられる。バンドは架空だがレナードスキナードをイメージしたのではと。少年の純真ゆえに憧れと現実の落差を知ってしまうシーンなどはウルウルするがロックバンドならではのエピソードなどおもしろい場面も満載。サウンドトラックはぜひ手に入れたい。
sogo_hiroakiの感想・評価
さっき、書いたのに、消えてやがる。
頑張って書くか。


70年代洋楽、ロック時代のお話でヒッピー後期。
監督自らの経験談を元にした作品もあって、リアリティ満載。
ロックもだんだん激しさを増し、この後、メタリカ、オジーオズボーン、ボンジョビなどが、世に出てくる前の時代のお話

人間くさくて、この作品は、DVDで手元に置いておきたいね


chaso1203の感想・評価
おしゃれ映画だなーおもしろかった。
ciatrをフォロー: