わたしを離さないで

わたしを離さないで

作品情報

原題 NEVER LET ME GO
日本劇場公開日 2011年3月26日
製作国 イギリス、アメリカ

新着感想・ネタバレ

sogo_hiroakiの感想・評価
イシグロカズオさんの著書

この方は、日系(日本人)ですが、日本語が話せないみたいです(^^)

遣る瀬無い気持ちや辛い気持ちになる映画ですが、見方や考え方、捉え方を変えると怖い映画でもあります。

あまり説明がない映画で、見ている側が想像・妄想しながら見られる作品なので、そういう方にはオススメかも。

ラストの主人公の独白の部分の台詞は、王道の台詞で、この映画を製作したテーマ・メッセージをもう一声、他の似たような内容や類似する作品との違いを感じさせてほしいかったです。

しかし、「人」は「生きたい」と思う。
それが、「愛する人」がいる限り。
少しでも、永く。

アンニュイな気分になりますね。
traumereiiiの感想・評価
これを観る前に日本のドラマ版を見てしまっていたので、まるでダイジェスト状態になってしまいました。
けれどこれはこれで楽しめました。
キーラ・ナイトレイが本当に嫌な役だった。けれどあの映画だけではあの子がただワガママなだけ(実際そうなんだけど)にしか映らないので、やはりドラマはよく作られていたんですね。
loomisの感想・評価
逃れられない運命に逃げるわけでもなく、ただその中で生き方を模索していく若者たち。

綺麗にまとめられてるが、言葉足らず。原作の情緒のある面白みにも欠ける。

登場人物たちが管理されていること、閉鎖的な環境で人間扱いされていないクローンだということが映画では強調されていたように思う。(腕輪、無機質な集団管理、身体検査、ルースとトミーの手術)

原作での大きなテーマのひとつだった「残酷でもある真実をすべて知るべきか否か」ということにはあまり触れられていなかった。

映画ではあくまでも「クローンたちの話」であり、そこに自分にも通ずる普遍性を感じるのが難しい。原作は奇妙なSF世界でありながら、人間が描かれていた。現実味があった。

原作のトミーとキャシーが最後の提供前に別れるのが好きだったのに...。
ciatrをフォロー: