恋する惑星の感想・評価・ネタバレ

3.7
147
38

1995年7月15日公開 香港

ciatrをフォロー:

感想・評価・ネタバレ

southpumpkinの感想・評価
ウォン・カーワイ3作目にして代表作。前作までの暴力性はなりを潜め、シンプルでいて複雑な恋愛映画です。失恋の末行きずりの女と恋をした警官と、失恋の末に片思いをされる警官の物語。
狂おしいまでにキュートな片思いはいつしか結構なストーカーになっています。警官がいない家に勝手に侵入し、部屋の中のものを少しずつ変えちゃいます。間違いなく現代でやったら即犯罪ですが、映画では彼女の純真さを描いているのであまり目くじらを立てる必要はありません。
バイオレンスな男臭さを描かせても巧いウォン・カーワイ監督。本作に登場する二人の男もまさにウォン・カーワイお得意のキャラクターという感じでした。女の前では最高にクールを気取る男が、一人の時はいつまでも過去の恋愛をグダグダとする。家宅侵入の女はこの二面性に所謂ギャップ萌えをしたということなのでしょう。男はクールぶるくらいの方がかっこいいということがよくわかります。勉強になるなあ。
音楽は抜群です。アジアんな雰囲気が評価されていますが、これは他の作品でも存分に味わえる。
chiakiii1204の感想・評価
音楽がいい
halu1211の感想・評価
記録用
T19797021Yの感想・評価
この映画は観た時、映像が斬新に感じて興奮したなあ
ririri511の感想・評価
短編映画2本立てのような内容。金城武のより2本目のトニー・レオンのが好き!
勝手に好きな人の家に侵入して掃除したり模様替えしたり客観的に見るとかなり痛いけどなぜか不思議と自分もウキウキしちゃってました(笑)
0ken0rukの感想・評価
暑くてうだる夏に観たい。
カメラワークぐらぐら。
hattinの感想・評価
2015.3.27
後半のフェイウォンとトニーレオンの話だけ

高校の時以来やから15年以上ぶりに見た
いやーホンマにこの映画は最高!
キュンキュンするねw
Toshiaki_Katoの感想・評価
夢のカリフォルニア
youcaconの感想・評価
初香港映画。短い恋愛の2本立て。
言葉の使い方が、すごく好きだった。
わあって盛り上がるわけではないし、はっきりと結論が出るわけではないんだけれども
そこがまたリアル。
deracine3301の感想・評価
ウォンカーウァイ監督の独特の感性と情緒をすごく感じられる作品であるが、同監督のマイブルーベリーナイツよりも難解に思える。すごく素敵な情緒的な部分が、欠点を補えるが、評価が難しいと感じるので保留。勉強してきます。
ayk61sxxxの感想・評価
shirokumadesの感想・評価
おしゃれ感満載で好きな人は好きなんだろうけど、自分が映画に求めてるものはなかった。主人公可愛いからいいのかもしれないけど、かなり恐怖だよね?
Masako_Yoshimiの感想・評価
音楽があたまに流れてくる。かわいい恋愛映画。
awp80656の感想・評価
好みが分かれるタイプの映画かもしれませんね。
私は今一つ共感しきれずでした。

前後2部作。

前半の彼は可愛い*
後半の彼女も可愛い*

後半の彼女はふと思ったがアメリっぽいな。
Moto_Ishidukaの感想・評価
2部構成、抜群の音楽センスとカーウェイの写す夜の街は相変わらずのオレンジ。こんな可愛くストーカーの描写があっていいのかってくらい、愛おしかった。警官223号、警官663号、共に引きずるタイプな男ってとこがまたくすぐったい。冷めたディーラーの女は色気とその冷淡なそぶりにうっとり。フェイはまるで初恋をした小学生のように、純粋で、可愛くて、素直で、すっとぼけた表情がまた心惹かれる。
カーウェイはいつもなんだけど、ナレーションで人物の感情を表現する。だから必要以上にセリフはない。でも、言葉を聞かずに映像と音楽だけあっても絶対に楽しめる、そしてドキドキする。そんな作品。
付き合う前の、相手を好きになるドキドキやワクワク、女の子はね、きっとここが一番好きだと思うの!
iii_betaの感想・評価
あーーーー
もう全っ然わからない。

邦画しか観ないわたしが金城武目当てに観たにもかかわらず、前編後編に分かれてて、知らん間にどっかいった…。
そして後半がこの作品のメインなのですね…。
男の謎の自問自答、よく言えば天真爛漫、悪く言えば馬鹿な女についていくのが疲れた…。

きっと邦画と邦画じゃないの、って切り分けてる自分の見方があかんのやろーなーと思いつつほんまにわからんかった。

カリフォルニアドリーミングだけが意味がわかって良かったです。
そのほか誰か解釈おしえてください…。
tmmyonの感想・評価
この映画を見て確信を得ました。「私はアジア映画が好きだ」と。
ウォン・カーワァイの撮る女性ってなんであんなに官能的で魅力的なんだろう。自由奔放でお茶目で、だけどどっか影のある感じ。本当にセクシーで大好き。
カメラワークも夢のなかみたいで、ふわふわしてて酔いそうで最高。
内容云々より、ずっとこの世界に浸っていたいと思わせてくれる不思議な映画。
あ、音楽も素晴らしかったのでサントラ買いました。
yaemuguraの感想・評価
エイプリルフールに振られたら、
私も冗談だって思っちゃう
それにしても白ブリーフが気になって仕方ない笑
2014/09/09
Yukie_Ozawaの感想・評価
難しい、何かよく分からない笑
イケメンであることは確か♡
Harumi_Terasakiの感想・評価
1997/4/28 アルパークシネマ2


wkw/tk/1996@7'55”hk.Net
1997/4/28 アルパークシネマ2
____RiN____の感想・評価
おしゃれストーカー映画!荒削りだけど映像と音楽に対する並々ならぬこだわりが見えて、その熱に圧倒されました。
パリと香港を混ぜたような、独特の雰囲気はもうとにかくおしゃれ。
正直ストーリー重視ではなく、映像の力の映画なんだけど、なるほど好みも別れるわけだ。わたしは好きでした、特に音楽が。
tategotoの感想・評価
今更ですが観てみた(笑)この監督さんは音楽の使い方が本当にうまいですね!いけてるトニー・レオンがブリーフ姿でキメ顔なのに時代を感じた…

2014.7月に鑑賞
monoral_stereoの感想・評価
雰囲気は良いけどそれ以外特にない。TSUTAYAのポップでオフビートって評されてたけどそれもなんか違うと思う。
utakatafishの感想・評価
何人かにオススメされて観た



「………?」って感じ

そういや前にもこんなことあったなと思って、考えてみるとああそうでした、『マイ・ブルーベリー・ナイツ』観たときと同んなじ感覚でした
調べてみるとどちらの作品もなんと同じ監督で、ある種の感動さえ覚えた
おしゃれなのはわかるけど、わたしには早すぎる、少し酔った
tiaremomoの感想・評価
陰気臭いし汚いしオシャレさもぜんぜんなくて、途中で気分悪くなってやめた。
Yamanaka__Akiraの感想・評価
おしゃれな香港映画。当時はまったく新しいパターンのおしゃれで面白い映画で感動しました。
pumiの感想・評価
フェイがとにかく可愛い。
全体的に流れる空気感がたまらなく好き。
toraの感想・評価
初公開が95年ですが、映像、音楽がスタイリッシュで。カメラワークも印象的でした。
どこか現実感のない不思議さを纏ったラブストーリー。この世界観にもっていかれました。
みようみようとして数年、やっと鑑賞できました!
Satoko_Suzukiの感想・評価
もう20年近く前の、アジア映画祭、的なものでみたような記憶。
全てが衝撃的でした。香港映画なのに洋楽バンバンかかるし(クランベリーズの「Dreams」はフェイ・ウォンがカバーしたものだったけど)、スタイル先行のカメラワーク、なんとも言えない色調(この辺りはクリストファー・ドイルの技)、起承転結があやふやなストーリー(群像劇なのかどうかも不明)、でもチャーミングなキャラクター達、粋な小道具、などなど。
でも一番ノックアウトされたのは、やっぱりトニー・レオンの白いブリーフでしょう。アレは、「サタデーナイト・フィーバー」で披露したジョントラの黒いビキニパンツと並ぶ、2大パンツ姿でしょうね(勝手に認定)
Ken_Changの感想・評価
香港を舞台に男女がすれ違いする話。

ウォン・カーワイを観てるとモテると思ってたあの頃。