王立宇宙軍?オネアミスの翼

王立宇宙軍?オネアミスの翼

1987年製作 日本 119分 1987年3月14日上映
rating 3.5 3.5
19 0

『王立宇宙軍?オネアミスの翼』とは

1987年にバンダイビジュアルのレーベルEMOTIONの設立15周年を記念して製作されたオリジナル長編アニメーション作品。本作の製作のために、後に『新世紀エヴァンゲリオン』などヒット作を数多く生み出すGAINAXが設立される。監督は当時弱冠24歳の山賀博之が務め、その他の制作陣も平均年齢24歳の若いスタッフで構成されていた。スタッフには後に『新世紀エヴァンゲリオン』の監督となる庵野秀明や、同作のキャラクターデザインを担当した貞本義行らが参加している。また音楽監督は、後にアカデミー賞を受賞することなる坂本龍一らが参加している。声の出演に森本レオなど有名俳優を起用したことも話題となった。

『王立宇宙軍?オネアミスの翼』のあらすじ

地球とよく似た異世界の王国オネアミスに、30年の歴史を誇るが落ちこぼれの集団と化していた王立宇宙軍があった。主人公のシロツグ・ラーダットはかつては水軍に入ることを夢見ていたが、成績不十分のため宇宙軍に属して以降そんな自堕落な集団にすっかり溶け込んでいた。そんな張り合いのない毎日に嫌気がさしていたある日、街に繰り出したシロツグ達は熱心に神の教えを説いている少女リイクニと出会う。リイクニはシロツグが宇宙に行くことだけを目的とし、戦わない軍隊である王立宇宙軍の所属だということを知るとその理念に感激する。そのリイクニの期待に応えるべく人類初の有人宇宙飛行計画へ志願し、宇宙を目指すことを決意するシロツグは、敵国からの刺客や思い通りに進まない、リイクニとのすれ違いなどを乗り越えつつ精神的に成長していくこととなる。

『王立宇宙軍?オネアミスの翼』のスタッフ・キャスト

『王立宇宙軍?オネアミスの翼』の感想・評価・ネタバレ

  • けんしろー
    けんしろー 2 2018年4月24日

    丁寧な描写。

  • mince

    とある惑星で世界は対立しそれぞれに精鋭の陸海空軍がある。そこに誰もが忘れかけた初の人工衛星計画に再び注目が集まり落ちこぼれ集団は奮起する「王立宇宙軍 オネアミスの翼」塚口4。昭和初期にスチームパンクをあわせたような世界。80年代のアニメータに原田知世は絶対不可侵の生き仏だった。2016年9月26日

  • Shun Chiba
    Shun Chiba 3 2015年3月14日

    男のロマン。派手さはないが、丁寧な描写で描かれるパラレルワールドの地球の生活。ある意味ラスト10分とその為の前フリの映画とも言える。

『王立宇宙軍?オネアミスの翼』に関連する作品