はだしのゲン2

はだしのゲン2

rating 2 2
2 0

『はだしのゲン2』とは

原作者・中沢啓治の自伝的戦争漫画『はだしのゲン』のアニメーション映画化第2弾となる作品。監督はアニメーターや演出家、監督としても活躍していた平田敏夫、脚本は『元祖天才バカボン』『ルパン三世 PartIII』などで脚本を務めた高屋敷英夫である。 主人公・中岡ゲンの声は、アニメーション映画化作品第1弾『はだしのゲン』と同じく宮崎一成が務める。 本作のストーリーは原作漫画の5~7巻にあたるが、オリジナルキャラクターが登場するなど、大幅な変更がされた。

『はだしのゲン2』のあらすじ

終戦から3年もの月日がたったが、まだまだ戦争の痕跡が残っている広島の地で主人公・中岡ゲンは、妹・中岡友子、亡くなった弟の中岡進次とそっくりな戦争孤児・近藤隆太、そして母・中岡君江と共に生活を送り続けていた。ゲンは国民学校の4年生になっていた。 少しずつではあるが復興していく広島。しかし、ゲンたちの母である君江は、原子爆弾の放射能によって、ひそかに体が蝕まれていき……。 終戦後も失われない親子の絆や友情、人を思いやる気持ち。様々な思いを抱きながら、ゲンたちは戦後の厳しい毎日も一生懸命に生きていく。

『はだしのゲン2』のスタッフ・キャスト

『はだしのゲン2』の感想・評価・ネタバレ

  • zyokyouzyu
    zyokyouzyu 0 2012年8月5日

    はだしのゲン2も観ました。アニメですが、原爆の怖さや戦後直後を生きる厳しさなどがしっかりと表現されています。

『はだしのゲン2』に関連する作品